> How to Use > バックアップと復元 > Exchange 2003/2007/2010/2013のバックアップと復元

Exchange 2003/2007/2010/2013のバックアップと復元

2015-12-23 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
Exchangeの定期的なバックアップは非常に重要です。多くのプロフェッショナルはディザスタリカバリに備えて、Exchange Serverのバックアップ計画を立てています。Exchange Server用バックアップソフト - EaseUS Todo Backup Advanced Serverは、ビジネス用Exchangeのバックアップと復元ソフトです。

Exchangeの定期的なバックアップは非常に重要です。多くのプロフェッショナルはディザスタリカバリに備えて、Exchange Serverのバックアップ計画を立てています。

Exchange Server用バックアップソフト - EaseUS Todo Backup Advanced Serverは、ビジネス用Exchangeのバックアップと復元ソフトです。下記機能を提供しています。

  • Microsoft Exchange 2003、Exchange 2007、Exchange 2010、Exchange 2013のバックアップをサポート
  • Windows Server 2012/2003/2008 32ビット版と64ビット版をサポート
  • ホットバックアップ - Exchange作業を中断せずにExchangeのバックアップを実行
  • 完全バックアップ - Exchange Serverのすべてのデータをバックアップ
  • 増分バックアップ - 最新のバックアップ以降に変更された部分のみをバックアップ
  • 差分バックアップ - 最新の完全バックアップ以降に変更された部分のみをバックアップ
  • スケジュールバックアップ - 毎日、毎週、毎月或いはイベント時にMicrosoft Exchangeのバックアップを実行
  • 多彩な記憶装置をサポート - ExchangeをFTPサーバー、テープ、ハードディスク、ネットワーク、NAS、外付けHDDまでバックアップ可能
  • 記憶領域を節約するために、Exchangeバックアップファイルを圧縮して保存する
  • パスワードを設定してアーカイブを保護する
  • Eメールでバックアップ結果を通知
  • MS Exchangeバックアップの復元をサポート
  • SQL Server 2008/2005/2000のバックアップと復元をサポート

より多くの機能はこちらです。

EaseUS Todo Backup Advanced ServerでExchangeデータをバックアップ

1.EaseUS Todo Backupを実行して、「Exchange のバックアップ」を選択します。

2.バックアップしたストレージグループメールボックスを選択します。

ストレージグループやメールボックスを選択する

3.Exchange Serverバックアップのプラン名説明を入力します。

4.ターゲットでバックアップファイルの保存先を選択します。

5.「スケジュール」をクリックして、毎日、毎週、毎月或いはイベント時にバックアップを実行するバックアッププランを設定します。

バックアッププランを設定する

6.「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワード、Eメール通知などを設定することができます。

「バックアップオプション」を設定する

7.「イメージの保存設定」をクリックして、バックアップイメージファイルの保存期限と保存する最新イメージ数を設定することができます。

「イメージの保存設定」

8.設定が完了したら、「実行」をクリックします。スケジュールを指定して実行する場合を除き、すぐにバックアップが開始します。

EaseUS Todo Backup Advanced ServerでExchangeデータを復元

1.Exchangeのバックアップタスクを選んで「復元」をクリックします。

2.Exchangeの履歴から復元するイメージを選択します。

3.復元の内容を確認してから「実行」をクリックします。元のグループの位置に自動的にストレージグループが作成されます。

EaseUS Todo BackupのAdvanced Server版とTechnician版のみはExchange 2003/2007/2010/2013のバックアップと復元をサポートします。より詳しい情報はシリーズ製品の機能比較ページをご参照ください。

EaseUSが選ばれる理由