> How to Use > バックアップと復元 > RAIDアレイをクローンする簡単な方法

RAIDアレイをクローンする簡単な方法

2015-06-16 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
ディスクを交換するために、パソコンユーザ、特にWindows ServerユーザがRAIDアレイをクローンする必要があります。つまり、データを別の場所に移動し、ハードウェアRAIDを再構築してから、データをリカバリしなければなりません。それはかなり時間がかかります。それで、今回はRAIDアレイをクローンする簡単かつ安全な方法を紹介します。

ディスクを交換するために、パソコンユーザ、特にWindows ServerユーザがRAIDアレイをクローンする必要があります。例えば、ハードウェアRAIDのパーティション領域が不足になる場合、一部のユーザがより大きなハードディスクでハードウェアRAIDを再構築することにします。つまり、データを別の場所に移動し、ハードウェアRAIDを再構築してから、データをリカバリしなければなりません。それはかなり時間がかかります。

それで、今回はRAIDアレイをクローンする簡単かつ安全な方法を紹介します。

簡単な方法でRAIDアレイをクローン

EaseUS Todo Backupは、ファイルバイファイルまたはセクターバイセクターでRAIDアレイをクローンできるWindowsアプリケーションソフトです。RAIDクローンのみならず、Todo Backupはすべてのファイルを含めたRAIDディスク全体を一つのイメージファイルでバックアップできます。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、「クローン」をクリックします。

2.ソースディスクを選択します。RAIDアレイはWindowsとEaseUS Todo Backupに物理的HDDとして認識されます。

2.ソースディスクを選択する

3.ターゲットディスクを選択します。この前、大きなHDDで新しいRAIDアレイを構築しなければなりません。詳しい手順は、ディスククローンのガイドに従ってください。

3.ターゲットディスクを選択する

一般的に、すべてのソフトがWindows環境でRAIDアレイをサポートしていますが、ほとんどのソフトがブータブルディスクをサポートしていません。そのため、ブータブルディスクでリストアやクローンを実行する場合、これらのソフトは役に立ちません。EaseUS Todo BackupはWinPEブータブルディスクをサポートして、Windowsに入らなくてもRAIDアレイのバックアップとリカバリを簡単に実行できます。

EaseUSが選ばれる理由