> How to Use > バックアップと復元 > データ損失なしでWindows 10ビルド14371/14372にアップデートする方法

データ損失なしでWindows 10ビルド14371/14372にアップデートする方法

2016-06-25 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
Windows 10新ビルド14371/14372にアップデートする時、エラーが発生してデータ損失になることがあります。どうすればそのような状況を避けられるでしょうか。このページではデータ損失なしでWindows 10ビルド14371/14372にアップデートする方法を皆さんに紹介します。

Windows 10新しいビルド14371/14372がリリースした以来、アップデートによるデータ損失のケースが増えています。前のビルド14367の更新もそうなんですが、データの損失が実に煩わしい問題となったんです。どうすれば、データ損失なしでWindows 10ビルド14371/14372にアップデートできるでしょうか。今日は、その方法を皆さんに紹介します。

Win 10新ビルド14371/14372にアップデート

下記はWindows更新をチェックする方法です。ビルド14371/14372が利用可能かをまず確認してください:

「設定」「アップデート&セキュリティ」「アップデート確認」「今すぐアップデート」

ビルド14371/14372が検出されなかった場合、アップデートアクセスを閉じたか、それともパソコンが正確にネットに接続していなかったかをチェックしてください。

Win 10新ビルド14371/14372アップデートする時のエラーを避ける方法

Win 10新ビルド14371/14372アップデートする時のエラーを避ける方法に関しては、下記の策がお役に立てると思います。

アップデートする前に大事なデータをバックアップする

アップデート後のデータ損失を避けるため、事前に大事なデータをバックアップしておくのは一番穏当な仕方です。ここで、専門的なバックアップソフトEaseUS Todo Backup Homeを皆さんにお薦めします。簡単な操作でありながらバックアップスピードも速くて実に優秀なバックアップソフトです。皆さんも一度試してはいかがでしょうか。

ソフトのメインウィンドウ

もしアップデートの時不具合が出て、うまくアップデートできなかったら、下記の解決策を試してください。

WinPEブータブルディスクでパソコンを起動する

ブータブルディスク作成ツールが搭載されるEaseUS Todo Backupを使ってWinPEディスクを作成し、そこでパソコンを起動するのも問題を解決できます。

1.パソコンをリブート→EaseUS Todo Backupからウィンドウズを起動→EaseUS WinPE bootable diskからブート。

2.Windows 10アップデートを再実行。

ウィンドウズトラブルシューターでエラーを修復

1.サーチバーで「troubleshooting」と検索し、「システム&セキュリティ」にてWindowsアップデート問題修復を選択します。

2.「Advanced」にて「Apply repairs automatically」をチェックします。

3.「Run as administrator」をクリックして、 「次へ 」

トラブルシューターが自動的にエラーを修復します。修復が終わると、パソコンを再起動し、ビルド14371/14372にアップデートしてみてください。

EaseUSが選ばれる理由