> How to Use > バックアップと復元 > EaseUS Todo BackupのExchange Serverバックアップと復元機能

EaseUS Todo BackupのExchange Serverバックアップと復元機能

2015-12-23 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
Exchangeサーバーとは、Microsoft Exchangeがインストールされた物理/仮想サーバーのことです。これはマイクロソフト社のサーバー向け製品で、電子メール、カレンダー、連絡先、タスク管理、モバイルやウェブ経由のアクセスのサポート、データストレージのサポートなどを行うものです。EaseUS Todo Backupでは、ストレージグループと個別のメールフォルダーをバックアップします。

EaseUS Todo BackupのExchange Serverバックアップ機能

Exchangeサーバーとは、Microsoft Exchangeがインストールされた物理/仮想サーバーのことです。これはマイクロソフト社のサーバー向け製品で、電子メール、カレンダー、連絡先、タスク管理、モバイルやウェブ経由のアクセスのサポート、データストレージのサポートなどを行うものです。EaseUS Todo Backupでは、ストレージグループと個別のメールフォルダーをバックアップします。

EaseUS Todo BackupのAdvanced Server版Technician版のみはExchange 2003/2007/2010/2013のバックアップと復元に対応しています。Excange Serverの完全バックアップのほか、差分バックアップ、増分バックアップ、自動バックアップまたはサーバー作業を中断しないホットバックアップ機能も提供しています。

Exchange Serverのバックアップ

作業開始前に Exchange サーバーがマウントされていることをご確認ください。確認後、下記手順を参照しながらExcange Serverのバックアップのバックアップを実行してください。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、「Exchange のバックアップ」を選択します。

2.バックアップのソースを選択してください。Exchangeのバックアップには「ストレージグループモード」、「メールボックスモード」の2種類の方法があります。

バックアップのソースを選択する

3.タスク/プラン名説明を入力してください。

4.バックアップの保存先を選びます。ローカルディスク、ネットワークフォルダー、テープドライブから選択できます。下の階層に展開するには下向き矢印をクリックしてください。

5.「スケジュール」をクリックして、毎日、毎週、毎月或いはイベント時にバックアップを実行するバックアップ計画を設定します。

「スケジュール」

6.「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードを設定することができます。

「バックアップオプション」

7.「イメージの保存設定」をクリックして、バックアップイメージファイルの保存時間や保存するファイル数を設定することができます。

「イメージの保存設定」

8.設定が完了したら、「実行」をクリックしてください。スケジュールを指定して実行する場合を除き、すぐにバックアップが開始します。

Exchange Serverバックアップの復元

1.Exchangeのバックアッププランを選んで「復元」をクリックします。

2.Exchangeの履歴から復元するイメージを選択します。

3.復元するグループ/メールボックスを指定します。複数のストレージグループから単独のストレージグループを選択して復元するというように、部分的な復元を行うことも可能です。

4.復元の内容を確認してから「実行」をクリックします。 元のグループの位置に自動的にストレージグループが作成されます。

注:メールボックスを復元しても、既存のメールは上書きされません。

EaseUSが選ばれる理由