> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10アップデートの時エラーコード0x80240fffを処理する方法

Windows 10アップデートの時エラーコード0x80240fffを処理する方法

2016-05-30 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
エラーコード0x80240fffのため、windows 10のアップデートができなくなる場合に対応できる処理法を、このページで紹介いたします。

Windows環境でのエラーコードが色々なんですが、最近よく見かけたのはエラーコード0x80240fffです。そのエラーコードのせいで、windows 10がアップデートできなくなるかもしれません。どう対応すればよいのでしょうか。下記の内容は、多少お役に立てると思います。

0x80240fffエラーが発生する場合

windows 10無償アップデートの締め切りまであとわずかの時間です。windows 10を利用しているユーザーもだんだん増えていきます。エラーコード0x80240fffが、大体以下の場合で発生しまいます。

「windows 10を最新バージョンにアップデートしようとしたんですが、エラーコード0x80240fffが出てしまって、新しいアップデートをサーチするのも無理なのが現状です。」

「パソコンでwindows 10×64のクリーンインストールを行ったんで、何のリアクションもないようですが」

「とりあえずwin 10のアップデートが失敗しまいました...」

ヒント:windows 10をアップデートする前に、システムと大事なデータをバックアップする

windows 10システムをアップデートする前に、システムやデータをバックアップしておけば、エラーが発生しても、いつでも元の状態に戻れます。ここは、フリーなバックアップソフトEaseUS Todo Backup Freeを皆さんに薦めます。システム&データバックアップなど強力な機能を簡易で行えます。次は、ソフトでシステムをバックアップする方法を紹介します。

ただ2ステップでシステムバックアップを済ませます。

まずは、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップをクリック

次は保存先を指定し、システムバックアップを実行します。

システムをチェック、バックアップ実行

マイクロソリューションでエラー0x80240fffを修復する

マイクロと他のパソコン達人からもらったソリューションもまとめて整理しました。下記の内容をご覧ください。

ソリューション1 windowsトラブルシューターでエラーを修復する

パソコンがネットに接続しているか、そしてwindowsアップデートサービスが正常に運行しているかと確認してから、次の操作を始めましょう。

1. Windows + Xを押してコントロールパネルを選択します。
2. サーチ欄でトラブルシューターと入力してサーチし、トラブルシューティングをクリックします。
3. システム&セキュリティで、windowsアップデートエラーの修復をします。

ソリューション2 Background Intelligent Transfer Servicesをリスタートすることでエラー0x80240fffを修復する

1. Windows + Rを押して、services.mscと検索します。
2. Background Intelligent Transfer Service (BITS)を運行します。
3. Background Intelligent Transfer Service (BITS)を右クリックし、プロパティを選択します。
4. 全般スタートアップの種類自動(遅延開始)と設置してるかどうかを確認します。でなければ、自動(遅延開始)に設置します。
5. サービスステータスにてサービスが運行しているかを確認して、運行していなかったら、スタートをクリックします。

解決法をいっぱい紹介しましたが、いかがでしょうか。皆さんのお役に立てられるなら幸いと思います。

EaseUSが選ばれる理由