> How to Use > パーティション管理 > 「windows.old」フォルダを削除する方法

「windows.old」フォルダを削除する方法

2016-08-09 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
「Windows.old」フォルダはWindows 10ディスクの容量肥大を起す大きいな原因と言われています。しかし、「Windows.old」の意味がよく分からない一般のユーザーたちにとっては、一気に削除するのは心配で、削除しようとしても削除できない可能性もあります。ここで、「Windows.old」の役目と削除する方法を皆さんに紹介します。

「Windows.old」って、削除していい?

古いバージョンからWindows 10にアップデートしたり、或いはWindows 10を再インストールしたりする度に、インストールプロセスが必ず「Windows.old」というフォルダを作成します。「Windows.old」って一体何でしょうか?それを削除しても大丈夫でしょうか?

実は、「Windows.old」というのが、ユーザープロファイル、設定、個人ファイルを含める古いWindowsインストールのコピーとは言えます。万が一の時、或いは前の設定に戻したい時に対応するため、作成されたわけです。しかしながら、何ギガの容量も占めますし、本気で前の状態に戻したいなら、やはりちゃんとバックアップしておくのはましですから、「Windows.old」を削除しようとする人はかなり多いです。最低限15GBの空き容量を解放できるのは確かに魅力的で、Windows 10にアップデート後システムが正常に働いている以上、「Windows.old」を削除しても別に問題はありません。次は、「Windows.old」フォルダを削除する二つの方法を皆さんにご紹介します。

注意:もし今後は前のシステムに戻す必要がありましたら、「Windows.old」フォルダを外付けデバイスに移行すること、或いは前のシステムをバックアップしておくことをお薦めします。

Windows 10ディスククリーンアップで「Windows.old」フォルダを削除する

普通なら、「Windows.old」はシステムファイルと認識されますので、直接に削除しようとすると、システムに止められる可能性が高いです。Windows 10が備えるクリーンアップツールを利用すれば、削除するのは可能となります。

1.「スタート」にて「ディスククリーンアップ」と検索します。

2.「ディスククリーンアップ」を運行して、メインのシステムドライブを選択します。

3.「システムファイルのクリーンアップ」を選択します。

4.削除したいファイルの種類を指定します。

5.「OK」をクリックします。

EaseUSパーティションソフトで「Windows.old」フォルダを削除する

ここで皆さんにお薦めしたいのは、クリーンアップツールが搭載される無料ソフトEaseUS Partition Master freeです。下記の操作ガイドを参考して、ディスクをクリーンアップしましょう。

1.ソフトを運行し、上の「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、下図のようなメニューが出ます。

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリック

2.「ジャンクファイルクリーン」を選んで、ディスクでのジャンクファイルを検索してから消します。

ジャンクファイルを削除

3.ディスクでの大容量ファイルを削除したいなら、「大容量ファイルクリーンアップ」をクリックして、クリーンの選択操作ができます。

大容量ファイルクリーンアップ

4.「ディスク最適化」を選んで、ディスクずつ最適化することができます。

ディスク最適化

「Windows.old」フォルダを削除しても、まだシステムディスク容量が足りないと気がする方は、ソフトを利用してシステムドライブを拡張することもできます。

EaseUSが選ばれる理由