> How to Use > パーティション管理コンテンツハブ >GPTディスクとは何?

GPTディスクとは何?

Pちゃん | カテゴリ: パーティション管理コンテンツハブ | 2022年12月07日に更新

概要:

GPTディスクって初耳?GPTディスクとは何か、何のために使われるか、そしてどうやってGPTディスクを設定するかを知りたいですか?さらに、WindowsコンピュータのGPTディスクドライブエラーを修正する方法を知りたいなら、ぜひ、この記事をお見逃しなく!GPTディスクのすべてを皆さんに紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

コンピュータのディスクパーティションを管理するとき、ディスクの種類をGPTかMBRに設定する必要があります。しかし、GPTとは何ですか、MBRとは何ですか?GPTとMBRの2つのディスクを比較するとき、SSDにはどちらが良いのでしょうか?この記事では、Windowsアップデート/インストールのために、GPTディスクを設定し、パーティションスタイルをMBRに、またはMBRをGPTに変更する方法、エラーを修正する方法を紹介します。

1.GPTとは何ですか?

GPT(GUID Partition Table) は、ハードディスクドライブ上のパーティションテーブルの配置に関する標準規格である。従来のMBRパーティションが、テーブルのパラメータから、1セクタ512Byteで定義した場合、最大2TiB迄の領域までしか管理できないのに対し、GPTでは、最大8ZiB迄の領域を定義、管理できる。(出典ウイキペディア

ウイキペディアによると、GPTディスクは物理ディスク - HDD/SSDのパーティションテーブルとして定義されます。GPTパーティションは、GPTパーティションスタイルでローカルハードディスクや外付けディスクに作成されたプライマリまたは論理パーティション/ボリュームとみなされます。GPTディスクは、巨大なデータストレージの他に、Windowsオペレーティングシステム、アプリケーション、ゲームなどのインストールにも有効です。

2. GPTのスキーム、特徴

続いて、GPTディスクの構成要素を紹介します。GPTのディスク構造、特徴、制限を学びましょう。

GPTのレイアウト

GPTディスクは、プライマリパーティションテーブル、データパーティション、バックアップパーティションテーブルで構成されています。

  • プライマリーパーティションテーブル。 保護用のMBR、GPTヘッダー、パーティションテーブルが含まれており、オペレーティングシステムが情報をロードし、既存のパーティションデータにアクセスするのに役立ちます。
  • 通常のデータパーティション。 GPTディスクがデータや個人ファイルを保存する物理的な場所です。
  • Backup Partition Table(バックアップパーティションテーブル)。 GPTディスクがGPTヘッダーとパーティションテーブルのバックアップ情報を保持する領域です。GPTディスクをプライマリパーティションテーブルの紛失や破損のエラーから効果的に保護することができます。

ここでは、GPTディスクの構造をよりよく理解するために、簡略化した構造図を作りました。

GPTディスクの構造

GPTディスクの詳細を知る前に、MBRとGPTディスクの違いを知りたい方もいらっしゃるかと思います。これは、次のパートで説明することです。

GPTの特長と長所

GPTとMBRは2種類のディスクパーティションスタイルで、Windowsコンピュータがデータの保存、プログラムのインストール、オペレーティングシステムのインストール/アップグレードのために、ハードディスクドライブまたはソリッドステートドライブを定義するのに役立ちます。また、GPTディスクタイプはMBRにはないユニークな機能を備えています。

GUIDパーティションテーブルの特徴。

  • 巨大なディスクストレージをサポートします。3 TB - 8 EB。
  • WindowsとmacOSの両方での動作に対応。
  • MBRの制限を突破:プライマリパーティション4個、シンプルボリューム2TB未満。
  • CRC値で破損を検知し、破損したデータを自動で回収することでデータを保護します。

MBRとGPTの違い

では、MBRとGPTにはどのような違いがあるのでしょうか。ここでは、MBRとGPTの基本的な情報をまとめた比較表をご紹介します。

  GPT MBR
構造
GPTディスク構造
MBRディスク構造
パーティション番号
  • Windowsで128パーティション
  • 他のプラットフォームでは無制限パーティション
  • 3つのプライマリーパーティション
  • 拡張パーティション1つ
最大ボリュームサイズとディスク容量
  • 最大パーティションサイズ:256TB
  • 最大ディスク容量:18 EB
  • 最大パーティションサイズ:2TB
  • 最大ディスク容量:2TB以下
ブートモード UEFI Legacy
対応OS
  • Windows 11/10/8.1/7/XP/Vista(32ビット版および64ビット版)
  • Windows Server 2022/2019/2016/2012/2008(32bitおよび64bit)、Server 2003 SP1(32bit)。
  • macOS
  • Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP
  • Windows Server 2019/2016/2012/2008/2003

MBRとGPT、どちらのディスクパーティションスタイルがあなたのドライブに適しているのでしょうか?

  • GPTは、3TB以上の大容量ドライブに最大128個のパーティションを作成することができます。
  • そして、MBRは古いバージョンのWindowsシステムにとって、2TBあるいはそれ以下のディスクドライブにファイルを保存するのに適しています。
related articles

MBRとGPTの違い、それぞれの特徴、確認方法、相互変換方法

MBR と GPTは皆さんがよく利用するパーティション形式です。本記事は、MBR と GPTの違い、それぞれの特徴、又は確認方法を紹介する上、MBR と GPTの相互変換方法を皆さんに紹介したいと思います。

Migrate Windows 10 from HDD to SSD

3.GPTの使い方

では、現在パソコンに入っているディスクがGPTなのかMBRなのか、どうすればわかるのでしょうか?WindowsコンピュータでGPTを利用するにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、WindowsでGPTディスクを設定し、うまく活用するための完全なガイドを紹介します。

  1. #1.Windowsのディスクパーティションスタイルを確認する方法 - GPT or MBR
  2. #2.MBRとGPT、SSDにはどちらを選ぶべき?
  3. #3.Windows 11/10でMBRとGPTを交換する方法
  4. #4.GPTパーティション(UEFI有効)にWindows 11をインストールする方法

#1.Windowsでディスクパーティションスタイルを確認する方法 - GPT or MBR

WindowsがGPTかMBRか判断する

では、なぜWindowsパソコンに搭載されているHDDやSSDのディスクパーティションスタイルを知ることが重要なのでしょうか。ハードディスクのディスクパーティションテーブルを知ることで、以下のような問題はより早く解決できます。

  • 新しいディスクが移行元のOSドライブと同じディスクタイプを共有していないため、OSをHDD/SSDに移行することができない。
  • OS搭載のクローンSSDは、ディスクの種類とブートモードに互換性がないため、起動しません。
  • 6TBのディスクに2TB以上のパーティションを作成することはできません。
  • 1つのハードディスクに4つ以上のプライマリーパーティションを作成することはできません。

以下の手順でディスクの管理を開くだけで、WindowsパソコンでディスクがGPTかMBRかを見分けることができます。

ステップ1. Windowsのアイコンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。

ステップ2. パーティションスタイルを確認したいディスクを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ3.「ボリュームタブ」に移動し、「パーティションのスタイル」の横にあるディスクの種類を表示します。マスターブートレコード(MBR)またはGUIDパーティションテーブル(GPT)。

パーティションのスタイルを確認

 

#2.SSDのディスクにMBRとGPTのどちらを選べばいいのか?

SSDのGPTまたはMBRのイメージ図

SATA SSD、M.2 SSD、NVMe SSDなど、新しいSSDを購入したら、Windowsパソコンで利用するために、必ずSSDの初期化が必要です。SSDディスクのパーティションスタイルは、MBRとGPTのどちらを選択すればよいですか?それは異なります。MBRとGPTは、異なるオペレーティングシステムと異なる用途のために設計された2種類のディスクパーティションテーブルです。

MBRとGPT、どちらのディスクタイプがSSDに適しているかご存知ですか?ここでは、SSD、MBR、GPTのどのディスクタイプを設定するのが良いのか、一般的な提案を一覧表にまとめました。

シチュエーション MBR GPT
ディスクストレージは2TB以下 ×
ディスクストレージは2TB以上 ×
Windows 11のOSディスクにSSDを設定 ×
SSDをOSドライブとして設定(Windows 8以降)
SSDをOSドライブとして設定(Windows 7以前) ×
シーブートモードに対応 ×
UEFIブートモードに対応 ×

概要

  • SSDをデータストレージとして設定する場合、2TB以上のディスクはGPTとして設定します。しかし、SSDが2TB以下の場合は、MBRの方が適しています。
  • SSDをOSドライブに設定するには、 Windows 11の場合はGPTに設定し、Windows 10/8.1/8はMBRとGPTのどちらでもOKです。また、Windows 7以前のOSについては、SSDをMBRに設定してください。

ディスクのパーティションテーブルをMBRとGPTで切り替えることはできますか?データを失いたくないのですが、どうすればいいですか?下記のガイドをチェックしてください。データを失うことなく、MBRとGPTの間でディスクを変換する安全なガイドを紹介します。

#3.Windows 11/10でMBRとGPTを交換する方法

MBRからGPTへの変換

どのような場合にMBRをGPTに、またはGPTをMBRに変換する必要があるのでしょうか?以下の表をご覧になれば、HDD/SSDをどのディスクタイプに変換する必要があるかがわかります。

MBRをGPTに GPTをMBRに
  • Windows 11のインストールまたはアップデートのためのディスクを準備
  • MBRの2TBファイルシステム制限を破り、3TB以上のドライブでディスクストレージをフル活用
  • UEFIブートモードで使用するディスクの種類を設定
  • プライマリーパーティションを4つ以上作成
  • ディスク容量は2TB以下
  • コンピュータはLegacy BIOSブートモードにのみ対応
  • OSはWindows 7/Vista

では、データを失うことなくディスクをMBRやGPTに変換する方法はないのでしょうか?信頼性の高いパーティションマ管理ソフト - EaseUS Partition Master をお勧めします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. EaseUS Partition Master を実行します。ディスクコンバーターで「MBRをGPTに変換」を選択し、「次」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクに変換1

ステップ2. 変換したいディスクを選択し、「変換」をクリックします。

MBRディスクからGPTディスクに変換2

ステップ3. 「変換」ボタンをクリックすると、ディスクはMBRからGPTに変換し始まります。

MBRディスクからGPTディスクに変換3

ステップ4. 変換に成功しました!

MBRディスクからGPTディスクに変換4

#4.GPTパーティション(UEFI有効)にWindows 11をインストールする方法

GPTディスクのUEFIブートモード

GPT パーティションに Windows 11 をインストールできますか?もちろんできます。下記のチュートリアルガイドに従っていれば、 GPT パーティションに Windows をインストールし、Windows の UEFI ブートモードを正常に設定することができます。

まず、GPTディスクにWindows 11をインストールする

ステップ1. Windows 11/Windows 10のインストールメディアをダウンロードする。

ステップ2. 8GBまたはそれ以上の空のUSBをPCに接続し、インストールメディアをダブルクリックし、インストールメディアをUSBドライブに書き込むを選択します。

ステップ3. PCをbiosに再起動し、USBのインストールメディアから起動するように設定します。

ステップ4.GPTディスクにWindowsのインストールを開始するには、ここのガイドラインに従ってください。

  • 言語、時刻と通貨の形式、キーボードまたは入力方法を設定し、「次へ」をクリックします。
  • 今すぐインストールをクリックすると、次のステップに進みます。

今すぐインストール

  • プロテクトキーを持っていない」をクリックし、インストールするWindowsのエディションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

エディションを選択

  • ライセンス契約に同意し、「次へ」をクリックします。
  • そして「Windowsのみインストール」をクリックします。
  • Windowsをインストールする対象ドライブとしてGPTディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

インストールが完了するのを待ち、無事に最新のWindows 11に起動させます。

そして、GPTディスクでWindows 11のUEFIブートモードを有効化する

ハードドライブやSSDでGPTパーティションシステムを使いたい場合、Windows 11ではUEFIファームウェアが必要です。ここの手順に従ってください、自分でBIOSでGPTのUEFIブートモードを有効にすることができます。

  • PCを再起動し、F2/F12/EscまたはDelキーを押して、BIOSに入ります。
  • ブートメニューで、UEFI/BIOSブートモードを選択し、「UEFI」を選択します。
  • 変更を保存してBIOSを終了し、PCを再起動します。

GPTパーティションシステム用のUEFIを有効にする

この後、GPTディスクからUEFIモードで動作するWindows 11コンピュータを正常に起動することができます。

4.GPTディスクのエラーと解決方法

GPTディスクの使用中に、いくつかの問題が発生し、それを修正する方法がわからないとユーザーからの報告があります。ここでは、よく聞かれる問題とその解決方法を皆さんに紹介します。

エラー1:このディスクにWindowsをインストールすることはできません

エラーメッセージ1:このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。。

エラーメッセージ 2: このディスクに Windows をインストールすることはできません。選択されたディスクのパーティションテーブルはMBRです。EFIシステムでは、WindowsはGPTディスクにのみインストールすることができます。

解決方法

  1. BIOSでUEFIを有効にする。
  2. EaseUS Partition Masterを使って、MBRをGPTに変換する。

エラー2:GPT保護パーティションにアクセスできない、フォーマットできない、削除できない、管理できない

ディスクパーティションにGPT保護パーティションが表示されると、このような問題が起こるかもしれません。

  • パーティションにアクセスできず、ファイルを開くことができない。
  • 新しいパーティションを作成することも、サイズを変更することもできない。
  • ファイルを削除することができな。。
  • パーティションの削除、ドライブのフォーマットなどができない。

エラーを修正するには、下記の方法をお試しください。

1. 信頼性の高いデータ復旧ソフトでGPT保護パーティションからデータを復元する

2. DiskpartのコマンドラインでGPTディスクをクリアする

その後、EaseUS Partition Master または Diskpart を適用して、ディスクの種類をGPTからMBRに変更することができます。その後、ディスクを再パーティションし、その上に新しいパーティションを作成します。

related articles

GPT保護パーティションにアクセスする方法

この記事では、GPT保護パーティションとは何か、この問題の原因、Windows 10/8/7/XPなどでデータを保持してGPT保護パーティションを削除する方法について説明します。

GPT保護パーティションにアクセスする方法

結論

この記事では、、GPTディスクの定義、MBRとGPTの比較、SSDに最適のディスクタイプを紹介しました。また、Windowsコンピュータのデータを失うことなく、MBRとGPTの間でディスクを変換する簡単なソリューションも紹介しました。

GPTについてよくある質問

GPTディスクはMBRより新しいディスクタイプで、現在ほとんどの新しいWindowsコンピュータ、ハードディスク、SSDで広く使用されています。GPTパーティションスタイルについて他の質問がある場合、ここで答えを見つけることができます。

1.データを失うことなくGPTパーティションスタイルを削除するにはどうすればいいですか?

GPTパーティションスタイルを削除したい理由は様々ですが、この要求に対する解決策は同じです。データを失うことなくディスクからGPTパーティションスタイルを削除するには、2つのオプションがあります。

オプション1:EaseUS Partition Masterを使用してGPTをMBRに変換する。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

オプション2:CMDでGPTディスクのデータをバックアップし、ディスクをMBRに変換する。

  • list disk
  • select disk *(*はGPTディスクの番号に置き換えてください。)
  • clean
  • convert MBR

GPTをMBRに変換

2.「不正なGPTパーティション、無効な署名 」というエラーが表示された

このエラーは、TestDiskコマンドを実行して、未割り当てのGPTディスクから失われたデータを復元するときに表示されることがあります。基本的な原因は、GPTパーティションが破損しているか、パーティションテーブルが無効であることです。

このエラーを修復するには、信頼性の高いMBR再構築機能を持つパーティション管理ソフト - EaseUS Partition Masterを直接適用して、GPTディスクの無効なパーティションエラーを成功に修正することが可能です。

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!