> How to Use > バックアップと復元 > OSを再インストールせずにHDDをSSDにクローンする方法

OSを再インストールせずにHDDをSSDにクローンする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Pちゃん | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年08月08日に更新

概要:

本文は、HDDをSSDにクローンすることに役立つソフトウェアを紹介します。EaseUS TodoバックアップソフトウェアはHDDにあるすべてのもの(システム、データ、アプリなどを含む)をSSDにクローンすることができます。システムを再インストールことなしで簡単にクローン!

 

大切なファイルをバックアップするのは日常生活に欠かせないことです。貴重な情報のデータを失うと、非常に悔しいでしょう。データをバックアップすることはデータ紛失を防ぐための一番の良い方法です。現在、Windows11もリリースされたので、Windows11のシステムに合う、さらに安全性の高いデータバックアップソフトが望まれてます。ここでは、EaseUS Todoバックアップソフトウェアをお勧めします。理由は下記の通りです。

  • ディスク/パーティション/OSをクローンできるWindows11のデータをHDD/SDDに移行できる
  • Windows11のデータを別のPCに移行できる
  • ディスク/パーティション/ファイル/OS/メールをバックアップと復旧できる
  • Windows11のデータとプログラムをUSBドライブに移行できる

皆さんが知っているように、SSD(ソリッドステートドライブ)は、速度、信頼性、耐久性など、多くの面でHDD(ハードディスクドライブ)より優れた性能を発揮します。そのため、現在非常に多くのユーザーが、より適切なデータストレージまたはシステムインストールオプションとしてそれを使ってます。そのたくさんの利点と安い価格により、SSDの人気がますます高まっています。

HDDとSSD

なぜHDDよりSSDを選ぶ?

HDDをアップグレードしようとする時、HDDの使用目的に応じて、データをより大きいHDDに移行するか、新しいSSDに移るかとこの2つの選択肢があります。

もしHDDをただデータストレージとして使ってたなら、より大きいHDDに移ることは、データの保存には非常に役立ちます。もしHDDをシステムディスクとして使ってたなら、システムを再インストールせずにデータをSSDに移るのをお勧めします。それはコンピューターの性能を向上させることができます。

SSDの写真

SSDのいいところ

構造的に言えば、SSDは可動部分のないストレージで、HDDは機械部品を内蔵した磁気ストレージです。それにより、SSDのサイズと容量はHDDより小さいです。しかし、SSDの利点と比べたら、容量上の欠陥は無視できるほど小さいと思われます。

  • 読み取りと書き込みの高速
  • パフォーマンス/性能がいい
  • 信頼性と耐久性が高い
  • 省エネで騒音が少ない

Tip:SSDの長所と短所を考えると、やはりSSDをコンピューターのシステムディスクとして使うのが最適な使い方です。

関連記事:

1TB HDDと256GB SSD、どちらがいい?

SSDとHDDの寿命、どっちが長持ちする?その違いとは?

データをSSDに移ることのメリット

SSDをコンピューターのシステムディスクとして使う場合:

  • より速くPCを起動したり、アプリを開いたり、ファイルにアクセスしたりすることができる
  • データがより安全に保存される
  • よりの少ない電気代で心地よい環境で仕事できる

上記の情報に基づいて、HDDをSSDにクローンすることは賢明な選択です。どうしたらHDDをSSDにクローンできるかという質問が来ると思いますが、私が知っている限り、現在、PCを使って自分でHDDをSSDにクローンすること方法がありません。しかし、市販のソフトウェアを使えば、簡単にHDDをSSDにクローンできます。

HDDをSDDにクローンする方法

準備段階

EaseUS Todo Backup というソフトウェアを使えば、簡単にHDDをSSDにクローンできます。クローン作業をする前に、プロセスを円滑に進めるため、いくつかの準備をしておきましょう。

①SSDにファイルがある場合、クローン作業をする前にファイルをバックアップしてください(EaseUS Todo Backupが役立ちます)。HDDをSDDにクローンすると、ターゲットデバイス上のすべてのデータが消去されます。

②SSDの容量がHDDの使用スペースを超えているかを確認ください。超えた場合、クローン後、うまく起動できないやデータの損失などの問題が起こるかもしれません。

③ターゲットデバイスのパーティションスタイルとリソースディスクのスタイルが一致しているかどうかを確認してください。一致してない場合、MBRからGPTに、またはその逆に変換する必要があります。

パーティションスタイルを確認する方法:

ステップ1.HDD/SSDをPCと接続します。

ステップ2.WindowsキーXキーを同時に押すと、メニューが表示されます。そして「コンピューターの管理」をクリックします。

ステップ3.「ディスクの管理」で、ディスクを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

ステップ4.「ボリューム」で「パーティションのスタイル」を確認できます。

関連記事:完全解説|MBR と GPTの違い、それぞれの特徴、確認方法、相互変換方法など

操作手順

すべての準備を整えたら、EaseUS Todo Backupを利用して、HDDをSSDにクローンしましょう:

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。(クローン先がSSDなので、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のSSDのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

EaseUS Todo Backupにはシステムクローンオプションがあり、Windowsを別のディスクにクローンすることができます。もしHDDの利用スペースがSSDの合計スペースよりも大きい場合(そのようなことがよくあります)、OSだけをSSDにクローンすることがおすすめです。 SSDの合計スペースがHDDの使用スペースより大きい限り、起動の問題なしにOSのクローンを済ませます。HDDに残る他のパーティションについては、手動でファイルを別のHDDにクローンするか、EaseUS Todo Backupのパーティションクローン機能を利用して作業するのもできます。

ディスクのクローン作成後によくある質問

ここでは、よく寄せられる質問とその解決策をいくつかを紹介します。

ディスクブートに問題が発生した?

ディスクブートの問題の原因はさまざまですが、その中にある3つの状況を紹介します。

①EaseUS Todo Backupの「クローン」機能を使用して、クローンを作成するディスクまたはパーティションを手動で選択できます。しかし、手動で選択してWindowsオペレーティングシステムをHDDからSSDにクローンしようとする時、Cドライブのみを選択できます。システムパーティションとブートパーティションは異なるパーティションである場合、ブートの問題を引き起こすかもしれません。

その場合、サポートチーム([email protected])に連絡してリモートアシスタンスを受けることができます。エンジニアはブートの問題を解決するためのシステムパーティションを作成して、問題を解決します。

②HDDをSSDにクローンしようとする時、HDDをコンピュータに接続し、ソースディスクをUSBドライブにするでしょう。そのような場合は、複製されたSSDでBCD(「Boot Configuration Data」はWindowsシステムパーティションを起動することに役立ちます)を編集する必要があります。BCDを編集する方法に関する詳細なガイドについては、マイクロソフトの公式ドキュメントを参照してください。

③ディスクのクローン作成後のディスクブートの問題のもう1つの原因は、必要なドライバがないことです。さいわい、Windows の組み込みコマンド ライン ツールである DSIM (展開イメージのサービスと管理) を使用して、ドライバを追加できます。また、マイクロソフトの公式ドキュメントを参照してサポートを受けることもできます。

EaseUS Todo Backupを使用してHDDをSSDにクローンした後に処理できない状況がある場合は、サポートチーム([email protected])にお問い合わせください。

アクティベーションが要求された?

システムディスクにインストールされているソフトウェアは、HDDをSSDにクローンした後にアクティベーションを要求することがあります。ここでは、ソフトウェアのプロデューサーに連絡する必要があります。彼らはあなたがソフトウェアを再活性化するのを助けるでしょう。

SSDの位置がずれてる?

ディスクのクローン作成後にSSDの位置がずれることが起こるかもしれません。ずれる問題はSSDのパフォーマンスを低下させます。したがって、SSDがずれることがわかった場合は、無料で EaseUS Partition Masterの4Kアライメント機能を使用して、SSD上のセクタをアライメントできます。あるいは、次の順に従って、自分でチェックすることもできます。

ステップ1.WindowsキーとRキーを同時に押し、「msinfo32」を入力て、エンターキーを押します。

ステップ2.コンポーネント > 記憶域> ディスク

ステップ3.「パーティション開始オフセット」を確認してください。もし値が 4096 で割り切れない場合、SSD の位置がずれているということです。

最後

OSを再インストールしなくてもHDDをSSDにクローンするのは難しいことではありません。ガイドラインに従えば、問題が起こらないはずです。もしEaseUS Todo Backupを使用した後何かの問題が発生した場合は、ご遠慮なくサポートチーム([email protected])にお問い合わせください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。