> How to Use > バックアップと復元 > ローカルバックアップとクラウドバックアップ、どちらがよい?

ローカルバックアップとクラウドバックアップ、どちらがよい?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月16日に更新

概要:

本文では、ローカルバックアップとクラウドバックアップについて完全に皆さんに解説します。自分のデータをバックアップして保護するには、いつものようにローカルでバックアップを実行するか、それともクラウドを活用して実行しますか?本文でローカルバックアップとクラウドバックアップの比較を読んでいただいたら、どちらが自分に適切なバックアップ方法なのかということを知るようになると思います。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

ローカルバックアップ?クラウドバックアップ?

近年、クラウドバックアップがますます人気になります。それでは、バックアップを実行してデータを保護したい場合は、いつものようにローカルバックアップを選択するか、それともクラウドを活用してバックアップするのかということは、すでに議論になりました。もし、ローカルバックアップとクラウドバックアップのどちらかを選択することに迷っている場合、本文は役に立つと思います。本文では、ローカルバックアップ及びクラウドバックアップ両方のメリットとデメリットを詳しく分析を読んだ上、どちらかが自分にとって適切なバックアップ方法なのかを決めてください。

今までに最も便利なクラウドバックアップを選択する場合、データの二重保護を実施するために、ローカルバックアップも一緒に実行するのはさらに良いのです。EaseUS Todo Backupという人気なバックアップソフトは、ローカルバックアップとクラウドバックアップにも対応しているので、どちらのバックアップを実行する場合でも非常に優れたツールです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

クラウドバックアップとは?

それでは、クラウドバックアップとは何ですか?ここで、まずクラウドバックアップのことについて皆さんに紹介します。クラウドバックアップとは、データをクラウドサーバーにオンラインでバックアップすることです。たとえば、Googleドライブ、OneDrive、Dropboxなどは、クラウドストレージサービスとして、クラウドバックアップを実行すると、パソコンに保存しているデータをこれらクラウドストレージサービスにバックアップすることができます。

クラウドバックアップ

つまり、クラウドバックアップは、データをクラウドサービスにアップロードするプロセスですので、いつでもどこでもそのサーバーにアクセスして、データを取得したり、利用したりすることができます。ほとんどのクラウドストレージサービスは、最大5GBのストレージを無料で利用できます。バックアップしたいデータは、5GBを超える場合、もっと大きなストレージをサブスクリプションで購入する必要があります。クラウドストレージの料金は通常手頃な価格です。

クラウドバックアップのメリットとデメリット

クラウドバックアップが自分にとって適切なのかを確認するために、クラウドバックアップのメリットとデメリットを詳しく知っておく必要があります。

クラウドバックアップのメリット:

  • 快適

クラウドバックアップは、非常に便利なバックアップ方法です。クラウドストレージサービスのアカウントがあれば、データを簡単にアップロードしてバックアップできます。また、多くのクラウドストレージサービスには、データの同期機能が付いています。この同期機能をオンにすると、事前に定義された場所のデータを自動的にバックアップすることができます。

  • いつでも、どこでもアクセス可能

クラウドバックアップを実行する場合、いつでもどこでもクラウドストレージサービスにログインして、バックアップのファイルにアクセスすることができます。これは、クラウドバックアップの最大のメリットです。クラウドバックアップに比較すると、ローカルバックアップは、そのバックアップファイルは、常にパソコンのハードディスク・外付けHDDに保存されていますので、クラウドバックアップと同じようにいつでも取得することができません。 

  • 経済的:わずかなお金で大きなストレージを購入可能

クラウドバックアップは、ローカルバックアップよりもはるかに安いのです。クラウドバックアップを実行するには、新しいハードドライブやSSDを購入する必要はありません。しかも、大体のクラウドストレージサービスは、一定額の無料ストレージを提供してくれます。バックアップしたいデータは、無料のストレージ以内の場合、無料で利用することができますが、それ以上のデータをバックアップしたい場合、適切なストレージプランを選択して、わずかな金額を支払う必要があります。 

  • セキュリティ:災害やサイバー攻撃から離れる

クラウドサーバーは通常、データをバックアップするための安全な方法です。パブリックのクラウドサーバーはあまり安全ではないと考える人もいるかもしれません。しかし、クラウドストレージサービスを提供している企業は、すべてトップの企業になっているので、サイバー攻撃やその他の脅威を予防する能力もトップレベルですので、心配になる必要がありません。 

  • スケーラビリティ:いつでもストレージスペースをアップグレード

クラウドサーバーは非常に柔軟性があります。ストレージスペースはいつでもアップグレードできます。ローカルバックアップと異なり、データを保存するために新しい外付けハードドライブを購入し続ける必要はありません。バックアップするデータ量が大きくなると、プランをカスタマイズしたり、アップグレードしたりすることが簡単に実行されます。

クラウドバックアップのデメリット

  • 保存時間に制限あり

契約を注意深く熟読し、サブスクリプションをキャンセルする場合、バックアップのデータをダウンロードできる時間を確認してください。多くの場合、契約が終了する時点にデータのダウンロードが無効になりますので、サブスクリプションをキャンセルする前に、バックアップデータを事前にダウンロードする必要があります。

  • ダウンロードには長い時間が必要

クラウドから完全バックアップをダウンロードするには、多くの時間がかかります。データの合計サイズによって、すべてのデータをコンピューターに戻すには数日かかる場合もあります。 

また、サーバーのダウンタイムやインターネットの中断が原因で、クラウドサービスがデータをすぐに同期しない場合があります。何らかの原因によってOneDriveが同期していないなどの問題も発生する可能性があります。

ローカルバックアップとは?

 ローカルバックアップとは、ローカルデバイスを使用してバックアップを作成することを指します。バックアップの作成には、フラッシュドライブ、ハードディスク、CD、外付けHDD、SSDなどのデバイスが使用されます。これはデータを保存するための非常に伝統的な方法ですが、メリットとデメリットもあります。 

ローカルバックアップ

ローカルバックアップのメリット

  • ドライブを自分で管理可能

ローカルバックアップの最大のメリットは、ドライブを自分で管理することで、データをサードパーティのサーバーに公開する必要がありません。この方法でデータはより安全になります。 

  • バックアップデバイスの選択が豊富

HDD、USBフラッシュドライブ、メモリカード、ハードディスクなど、さまざまなデバイスから自分のバックアップの保存デバイスを選択できます。自分のバックアップのニーズに応じて、適切なデバイスを購入できます。 

ローカルバックアップのデメリット

  • 物理的な災害 

ストレージデバイスは物理的な災害に対して脆弱です。また、よくデバイスをよく保持しないと、発火したり、錆びたりする可能性もあります。万が一の場合、デバイスが盗まれたりする可能性もあります。これらはすべて、ローカルバックアップにおける潜在的なリスクです。 

  • 不適切な使用、または長期間の使用によるデバイスの破損

ローカルデバイスが破損する可能性があります。時間が経つと古くなり、正常に動作しなくなることがあります。 

  • ウイルスに感染しやすい

ストレージデバイスは、ウイルスやマルウェアに感染しやすいのです。デバイスがウィルスに感染すると、デバイスが利用できなくなり、データもなくなる可能性があります。

  • スケーラブルできない

現在利用中のデバイスの容量が足りなくなり、より多くのストレージが必要な場合は、新しいデバイスを購入する必要があります。アップグレードできません。 

クラウドバックアップとローカルバックアップ?どちらが良いですか?

クラウドバックアップとローカルバックアップ、どちらがよいのですか?この部分では、この2つのバックアップオプションにも正直に評価します。ほとんどの場合、両方のバックアップも必要になります。特に企業に対して、両方のバックアップをも実行すると、データのセキュリティを最大限に保護することができます。個人ユーザーの場合、写真、動画などのファイルのみをバックアップしたい場合、クラウドバックアップは十分です。ただし、バックアップしたいデータの量は大きな場合、大容量HDD・SSDを購入する必要がありますし、自分の個人データをパブリックサーバーにアップロードすることに抵抗がある場合、ローカルのバックアップディスクを購入してローカルバックアップを実行することがおすすめです。

EaseUS製ワンストップのバックアップソリューション

上記の内容を読んで、どちらかのバックアップ方法を使用するかを決めたことができましたか?どちらのバックアップを利用しても、EaseUS Todo Backupというワンストップのバックアップソリューションが完全に役に立ちます。これは、バックアップを作成するための最速のソリューションです。 

主なバックアップ機能

  • スマートバックアップ-30分ごとに、変更を加えた場合にバックアップを自動的に実行できます。この優れた機能を使用すると、データが失われることを心配する必要はありません。バックアップが自動的に作成され、手動で何度もバックアップを作成するストレスから解放されます。
  • クラウドバックアップ-バックアップファイルを作成して、それを自動的にクラウドストレージにアップロードする機能です。クラウドバックアップにはリモートアクセスできます。これは、クラウドバックアップを持つことの最大の利点です。外付けディスクをどこにでも持ち運ぶ必要はありません。クリックするだけで、世界中のどこからでもデータにアクセスできます。 
  • ローカルバックアップ機能-データのセキュリティを保護するために、データのバックアップを作成して、ストレージデバイスに保存することができます。外付けHDDからネットワーク/NASドライブまで、さまざまなデバイスを幅広くサポートします。
  • その他のバックアップオプション-多数のバックアップオプションを提供します。このツールを使用して、システムやファイルをバックアップしたり、ディスククローンを作成したりすることも非常に簡単です。 

#その他の便利な機能#

  • 完全/差分/増分バックアップ
  • ディスククローン/パーティションクローン
  • Outlookの電子メールのバックアップと回復
  • システムクローン
  • ユニバーサルリストア
  • バックアップの集中管理
  • イメージングバックアップ

これは、データを安全にバックアップするための優れたツールです。このツールでデータをバックアップするのは費用が発生しません。無料バージョンでは、すべてのバックアップ機能を利用することができます。また、ビジネスバージョンを購入すると、追加のツールも提供されます。EaseUS Todo Backupツールのユーザーインターフェースは非常にわかりやすいので、これを使用してファイルをバックアップする方法がわからない場合はほとんどありません。それでは、下記の操作手順を参照して、簡単にクラウドバックアップ、またはローカルバックアップを実行しましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ご案内:この操作ガイドは、クラウドバックアップの操作手順になります。ローカルバックアップを実行したい場合は、ステップ4のところで、バックアップの保存先となるローカルのディスクデバイスを選択してください。

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、左側のメニューで「バックアップの追加」をクリックします。

バックアップの追加

ステップ2.バックアップしたい内容を選択します。パソコン全体をバックアップするには、ここで「ディスク」を選択します。

ディスクを選択

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクを選択します。

バックアップしたいディスクを選択

ステップ4.バックアップ先のをクラウドドライブに指定するには、「ローカルドライブ」を選択して、「クラウドデバイス」→「クラウドストレージを追加」の順にクリックします。

バックアップ先をクラウドドライブに指定

ステップ5.ここで「追加するクラウドドライブを選択」ダイアログボックスが表示されます。ここでGoogleドライブ、Dropbox、OneDriveに連携することができます。

オンラインストレージサービスに連携する

ステップ6.バックアップを開始するには、最後に「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップを開始

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。