> How to Use > バックアップと復元 > おすすめ-2024年の人気なクローンソフト3選(日本語対応)

おすすめ-2024年の人気なクローンソフト3選(日本語対応)

さわこ
更新者:さわこ 2024/01/04
   
Tioka
執筆者:Tioka
   

概要:

この記事では、使いやすい人気なクローンソフトを比較し、それぞれの機能と製品間の相違点を皆さんに紹介します。本文を読んで、適切なクローンソフトを選択しましょう。

 

クローンについて

ディスククローンとは、ソースディスクのすべてのデータをターゲットディスクに丸ごと複製することにより、ソースディスクと全く同じディスクを作成することを指します。

Windows 10のバージョンアップに伴い、システムが壊れて起動できなくなった、SSDの低価格化をうけ、HDDをSSDに換装したいなどのシチュエーションに対して、一番いい対処法は、やはりクローンを作成することです。HDD/OSのクローンは、パソコンの動作が重くなっている時、起動できなくなっている時、SSDを換装したい時などに役に立ちます。

適切なクローンソフトを選択

どのクローンソフトを選択するかも重要なポイントです。適切なクローンソフトは、クローン作成時間を大幅に短縮できるだけでなく、データを強く守れます。しかし、市販のクローンソフトはたくさんあるので、クローンソフトを選択する時に、どれを使えばいいのか迷うかもしれません。それでは、どのような基準でクローンソフトを判断すればよいのでしょうか。下記では、2020年度おすすめのソフトを比較しながらご紹介します。

おすすめ-2023年の人気なクローンソフト3選(日本語対応)

それでは、2023年度版「筆者がおすすめの人気なクローンソフト3選」を紹介します。この3つのクローンソフトとも日本語対応可能で、比較的に初心者でも使いやすいものを集めました。それでは、これら3つのソフト比較表を参考にして、適切な1つを選択してクローン作成してみましょう。

製品名

EaseUS Disk Copy Acronis True Image 2020

Renee Becca

価格

3,795円(年額)

5,480円から(年額) 7,950円(永久ライセンス)

対応OS

Windows 11/100/8.1/8/7/Vista/XP Windows 10/8.1/8/7/XP
macOS
iOS/Android
Windows 10/8.1/8/7/XP
クローン機能

1.HDD/SSDなどのハードディスクのクローン

2.システムクローン

3.起動ドライブクローン

4.ブータブルドライブの作成

1.システムクローンと復元

2.クローンファイルの暗号化

3.起動ディスクを作成可能

1.HDDクローンと復元

2.OS移行

カスタマーサービス

メール/オンラインチャット メールのみ メールのみ
ファイルサイズ 92.9MB 800MB 29MB

では、上記の3つのソフトの比較から、それぞれの違いを少し理解できたと思いますが、依然としてソフトの選択に迷っている方には、少し補足のアドバイスをお伝えします。

クローンソフトそれぞれのメリット・デメリット完全解説

1.EaseUS Disk Copy

EaseUS Disk Copy は日本で圧倒的な人気を持っているクローンソフトです。

メリット:インターフェースが直感的で簡単に操作できます。専門的な知識がなくても、誰でも簡単に使用することができます。ハードディスク全体または特定のパーティションを別のディスクに完全にコピーすることができます。大量のデータを高速かつ効率的に複製します。さらに、セクター単位のクローン作成ができ、ファイルシステムに問題があるか、壊れたディスクからデータを取得することが可能となります。:不良セクターが存在しても、データを正確にクローンまたは復元します。

デメリット:有料です。税込で2,629円から。

関連記事:SSD換装:OSを含むHDDをSSDに完全にクローンする

2. Acronis True Image 2020

メリット:

Acronis True Image 2020は3つソフトの中で、対応OSが一番豊富になり、各機種からデータをクラウドにアップロードしてバックアップするので役に立ちます。また、macOSに完璧に互換するので、macOSでシステムイメージファイルを作成してバックアップをしたい場合、Acronis True Imageが最適!

デメリット:

Acronis True Image 2020は、歴史が長いバックアップソフト、信頼性が高いが、値段は安いとは言えません。そして、インストールファイルの容量はなんと800MBもあるので、ダウンロードすることにもインストールすることにも時間がかかります。また、ソフトの容量は非常に大きいので、ソフトの実行中なら、CPUとディスクの使用率も高い!

3. Renee Becca

メリット:ハードドライブ全体または特定のパーティションのバックアップを作成できます。また、差分バックアップと増分バックアップの機能もあります。オペレーティングシステムを新しいハードドライブやSSDに移行することができます。

デメリット:時折、カスタマーサポートの対応が不十分との報告があります。一部の高度な機能はプレミアム版でのみ利用可能で、無料版では利用できません。

EaseUS Disk Copyでクローンを実行する詳細ガイド

それでは、EaseUS Disk CopyでHDDなどのハードディスクをクローンする手順を紹介します。クローンを完成させるのに必要な操作は、たったの4ステップなので超簡単!

ステップ1.ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択します。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。

ご注意:

①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。

②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3.ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。そしてディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

ディスクを調整

ステップ4.ディスククローンのプロセスが始まります。

クローン開始

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>