> How to Use > バックアップと復元 > オフサイトバックアップについて

オフサイトバックアップについて

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月07日に更新

概要:

オフサイトバックアップソリューションについて聞いたことがありますか?この記事では、オフサイトバックアッとは何か、オンサイトのバックアップを作成するにはどうすればいいのかを説明します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

データのバックアップが非常に重要になる現在、最適なバックアップツールが必要です。その上、オフサイトバックアップが作成されると、火災、洪水、強盗などの事件からのデータ保護のためになります。

オフサイトバックアップとは

オフサイトバックアップは、データをリモートサーバーにバックアップしたり、オフサイトに移動できるメディアにシステムをバックアップしたりすることを指します。つまり、データを元の場所から別の場所に保存してバックアップすることです。

オフサイトバックアップ

リモートバックアップの必要性

オフサイトバックアップを作成することには、多くの利点があります。例えば:

自然災害からの保護–自然災害が発生する場合、リモートの場所でデータを保存することによって、データ損失を避けられます。重要なデータある場合は、必ずオフサイトバックアップを作成してください。

論理障害の回避–RAIDに依存するシステムまたはネットワーク化されたシステムの場合、突然に障害が発生する可能性があります。たとえば、論理障害が発生した場合、システム上のバックアップも損傷を受けます。オフサイトのバックアップがあれば、そのような事態を回避するのに役立ちます。 

簡単なセットアップ操作–オフサイトバックアップのセットアップはかなり簡単です。広範な知識も複雑な手順も必要ありません。 

コスト最適化–オフサイトバックアップソリューションは、ストレージ割り当てとパフォーマンスの最適化を計画するのに非常に効果的です。プライマリドライバにバックアップを保存する必要がないため、コストパフォーマンスが高くなります。 

データ漏洩対策–データ漏洩を防ぐために、オフサイトのバックアップを作成して、バックアップをマルウェアからアクセスされないように暗号化します。

関連記事:2020年の人気なクローンソフト3選

リモートバックアップはどのように機能するのか?

リモートバックアップは、データを暗号化、圧縮してから、リモートサーバーに送るすることで機能します。リモートサーバー上のデータは、ローカルドライブに保存しなくても、簡単にアクセスできます。

リモートバックアップはどのように機能するのか

ほとんどのオフサイトバックアップソリューションでは、ファイル共有、アカウント管理、バックアップの復元、複数のデータベースなどの機能にアクセスできます。さらに、Webまたはデスクトップアプリケーションも提供されています。

3つの最高のオフサイトバックアップソリューション

さて、オフサイトバックアップソリューションの本質と重要性を理解したので、いくつかの重要なオフサイトバックアップソリューションをチェックするのに十分な価値があるかもしれません。

EaseUS Todo Backup

1 TBのクラウドストレージを提供するEaseUS Todo Backupを利用すれば、ファイルバックアップの面で、最高のユーザーエクスペリエンスが得られるのでしょう。また、システムファイルのクローン作成、アップグレード、および移行をかなり簡単に行うための優れたオプションにもなります。 

クラウドバックアップソリューションとして、ハードドライブ、外部デバイス、FTPサーバー、ネットワーク共有、NAS、CD/DVD、OneDrive、Googleドライブ、Dropboxなどの任意のデバイスにバックアップできます。

EaseUS TodoBackupのその他の機能:

  • すべてのコンテンツを自動的にバックアップします。 
  • すべての重要なファイルをクラウドに保存します。
  • 完全/増分/差分バックアップなど、さまざまなバックアップ動作モードがサポートされます。
  • ファイルをより安全に保つために、バックアップファイルを暗号化します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

IDrive

IDriveは、その多機能サービスで知られています。オンラインバックアップ、クラウドストレージ、ファイル同期、その他のいくつかの機能にアクセスできます。また、複数のオペレーティングシステムをサポートしています。

IDrive

このサービスは最大5GBの無料バックアップストレージを提供します。必要に応じて追加のストレージを購入することもできます。その簡単なリモートバックアップとハイブリッドバックアップソリューションは非常に人気があります。

Backblaze

Backblazeは、個人用バックアップとビジネス用バックアップの両方が利用できます。使いやすくて、上限なしのオンラインバックアップをサポートしています。

Backblaze

それで、任意のサイズのファイルをバックアップできるようになります。無制限のバージョン管理は、ファイルの古いバージョンを保持するのに役立ちます。しかし、1つのアカウントで複数のコンピューターを登録できません。

まとめ 

すべてが計画通りに進むとは限りません。HDDのクラッシュ、ハードウェア障害、さらにはデータ侵害などの面からデータ損失を避けるには、オフサイトのバックアップを作成することは最良のソリューションとなります。

ソリューションの選択に迷ったら、様々なニーズに対応できるEaseUS Todo Backupを試してみましょう。必ず最高のユーザーエクスペリエンスが得られます!

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。