> How to Use > バックアップと復元 > Windows でOneDriveが同期できない原因と対処法 - EaseUS

Windows でOneDriveが同期できない原因と対処法 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年01月07日に更新

概要:

OneDriveエラーが同期できない問題に遭ったら、ご心配なく!。本記事では、WindowsでOneDriveが同期しないエラーを発生する原因と具体的な解決策を紹介します。パソコンでonedriveの状態を確認し、正しい修正方法に従ってOneDriveのファイル同期を再開させましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

OneDriveは個人や企業に向けのクラウドストレージサービスを提供するアプリケーションです。世界中で人気のあるアプリケーションです。最近、利用者も増えています。

OneDriveが提供する便利なストレージサービスを楽しむ一方で、多くのユーザーは多くの問題にも遭遇しています。その一つが、Windows  PCでOneDriveが同期できないという問題です。同じ悩みを抱える場合、本記事で紹介している対策法に従って、WindowsベースのPCでOneDrive が同期できないエラーを解決しましょう。

OneDriveが同期できないエラー

OneDriveが同期できない原因

デバイスとクラウド間のファイルの同期ができないエラーを引き起こす原因がたくさんあります。ここでは、OneDrive がファイルが同期できないよく見られる一原因を説明します。

  • OneDriveの同期エラー 
  • OneDriveのアイコンに赤い「X」印がつきOneDriveの変更の処理中
  • OneDriveの一時停止
  • OneDriveアカウントがいっぱいになる
  • OneDriveアカウントがロック・凍結 
  • OneDriveにサインインできない

など…

では、今すぐOneDriveが同期できないエラーを修正する方法を身につけましょう。

「8選」Windows 10/8/7でOneDriveが同期されない場合の対処法

この部分では、OneDrive が正しく動作し、ファイルにアクセスして同期できるようにするための対策法をいくつかご紹介します。また、最初にクイックフィックスを試すことを忘れないでください。上記の修正を試した後、OneDrive がファイルの同期で再び動作するようになったら、ここで停止します。何も機能しない場合は、以下のチュートリアル ガイドに従って移動し、役立つようにしてください。

対策法1. 同期フォルダからファイルを移動する

操作手順

ステップ1.OneDriveのアイコンをクリックし、「ヘルプと設定」「設定」を選択します。

ステップ2. 「同期を一時停止...」をクリックし、「2時間」を選択します。

ステップ3. 同期フォルダからファイルを選択し、別のフォルダ(C:\ユーザー\)に移動します。

ステップ4. 「ヘルプと設定」「同期を再開...」を選択します。

同期処理が完了したら、ファイルを元の場所に再度移動します。

対策法 2. ファイル名とファイルタイプ確認する

対象ファイルがファイルサイズやファイル名の制約を超えると、OneDriveが動作しないので、注意しましょう。そのため、同期するファイルに以下のようなことが含まれていないか確認してください。

  • ファイルのサイズが既に20GBを超えていること
  • ファイル名を含むパス全体の長さは400文字を超えていること
  • ファイル名に<, >, :, ", |, ?, *, /, \のような不正な文字や記号が含まれていること

では、このエラーを修正するにはどうすればよいのでしょうか?以下はその手順です。

操作手順

ステップ1.同期するファイルをzipで圧縮して、サイズを小さくします。

ステップ2. ファイル名を短くするか、トップレベルのフォルダーに近いサブフォルダーに保存します。

ステップ3. ファイル名を変更して不正な文字を削除し、通常のファイル拡張子に設定します。

対策法3. 必要なコンポーネントをオフにする 

#1. Office アップロードをオフにする

ステップ1.OneDriveのアイコンをクリックし、「ヘルプと設定」「設定」を選択します。

ステップ2. 「Office」タブを開き、「Officeアプリケーション」を使用して、「Officeアプリケーションを使用して、開いているOfficeファイルを同期する」オプションをオフにします。

ステップ3.「 OK」をクリックして確定します。

#2. プロキシ設定を一時的にオフにする 

Microsoft Edgeの場合

ステップ1.Windowsのアイコンをクリックし、「設定」を選択します。

ステップ2. 「ネットワークとインターネット」「プロキシ」をクリックします。

ステップ3. プロキシ自動設定の項目で、「設定を自動的に検出する」「セットアップスクリプトを使用する」をその反対側にスライドさせます。オンからオフ、またはオフからオンに切り替えます。

ステップ4.プロキシの手動設定で、「プロキシサーバーを使用する」を反対側にスライドさせます。「プロキシサーバーを使用する」をオン→オフ、またはオフ→オンにします。

Internet Explorer 11/10/9/8/7の場合

IEの場合、「ツール」> 「インターネットオプション」 > 「接続」> 「LANの設定」> 「LANにプロキシサーバーを使用する 」のチェックを外すかクリアします> 「適用」して「OK」してください。

#3. アンチウイルスまたはファイアウォールを一時的にオフにする

操作手順

ステップ1.Windowsのスタートアイコンを右クリック > 「設定」 > 「更新とセキュリティ」をクリックします。

ステップ2. 「セキュリティの更新」「Windows Defenderセキュリティセンターを開く」を選択します。

ステップ3. 「ウイルスと脅威の保護」「ファイアウォールとネットワークの保護」を選択し、無効またはオフにします。

対処法4. OneDriveをリセットする

Windows + Rキーを押しながら、「ファイル名を指定して実行」ダイアログに次のパスを入力し、Enterキーを押します。

%localappdata%MicrosoftOneDrive.exe /reset 

「Windowsが見つかりません...」というメッセージが表示されたら、代わりに次のパスを実行ダイアログに入力してください。C:\Program Files (x86)\Microsoft OneDrive\onedrive.exe /reset
この方法でうまくいかない場合は、Officeを再インストールまたはアップデートすることで、OneDriveが同期できないエラーを修正することができます。

OneDrive 同期 vs OneDrive バックアップ、どっちがいい?

OneDriveはいつでもどこでもファイルを共有・編集できるクラウドストレージサービスです。ファイルを同期する機能が備える以外に、OneDriveはローカルコンピュータのファイルバックアップ用の端末としても機能します。

では、OneDrive 同期機能とOneDrive バックアップ機能は何が違うのでしょうか?どちらが良いのでしょうか?どのような画面でファイル同期を使用し、どのような画面でファイルバックアップを使用するのでしょうか?下の表を見るとわかりま。

同期機能

長所    

  • デバイスとクラウド間ででファイルやフォルダを即座に同期する
  • ローカルのハードディスクの空き容量を増やすことができる
  • ファイルを共有する可能
  • Officeアプリケーションとリアルタイムでコラボレーションする可能

 短所    

  • ファイルの同期にはOneDriveの大きな容量が必要で、アカウントはすぐに一杯になってしまう
  • PC上のOneDriveフォルダ内のファイルやフォルダを削除すると、オンラインでも削除される
  • OneDriveは、OneDriveフォルダー内に保存されたファイルのみ同期する
  • OneDriveは、ドキュメント、ピクチャー、デスクトップのフォルダーを同期することはできない

バックアップ機能

長所    

  • ローカルのハードディスクの空き容量を確保する
  • ドキュメント、ダウンロード、デスクトップなど、パソコン上のあらゆるファイル、OSも含めてOneDriveにバックアップできる
  • ローカルディスク上のファイルを削除しても、バックアップファイルが削除されません
  • 専門なバックアップソフトを使って、バックアップファルのサイズはファイル同期よりも小さい
  • ファイル同期よりも安全

短所    

  • ファイル同期より遅い

同期ではなくOneDriveにファイルをバックアップする方法ー信頼できるツールを紹介

OneDriveにファイルをバックアップする場合、2つの選択肢があります。

  1. 1. 手動でファイルを1つずつOneDriveにアップロードすること
  2. 2. すべてのファイルを一度にOneDriveにバックアップすること

手動でバックアップ作業を行う場合は、Microsoftに従ってOneDriveにファイルをアップロードして保存してください。しかし、オールインワンのバックアップツールを使いたい場合、EaseUSTodo Backupというデータバックアップソフトが役に立ちます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

これソフトを使うことで、PCのドライブ上のあらゆるデータをOneDriveにバックアップすることができます。そのビジネス版を使うことで、お使いデバイスのOSをOneDriveにバックアップすることもできます。

それでは、操作手順にしたがって、パソコンのデータをOneDriveにバックアップしましょう。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 


 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。