> How to Use > バックアップと復元 > SSDとHDDの寿命、どっちが長持ちする?その違いとは?

SSDとHDDの寿命、どっちが長持ちする?その違いとは?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年06月29日に更新

概要:

パソコンを買い替えようとするとき、SSDとHDDのどちらを選べるのかを迷う方がいると思います。SSDとHDDは何が違うの?SSDとHDDはどちらが長持ちするのか?このページでは、主にSSDとHDDの寿命について取り上げています。ぜひご覧ください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

パソコンでもノートパソコンでも、必要なデータを保存するためには、何らかのストレージデバイスが必要です。現在では、さまざまな種類のストレージ・デバイスがあり、保存目的に応じて選択することができます。

例えば、HDDまたはハードディスクドライブは、大多数が選ぶ最も一般的なストレージオプションです。これは、信頼性が高く、安価なストレージメディアとして考えられています。

パフォーマンス志向のユーザーには、SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)もあります。これらのストレージデバイスは、より良い読み取りおよび書き込み速度を提供しますが、標準的なHDDよりも少しコストがかかります。さて、この2つの記憶媒体のうち、どちらが長持ちするのでしょうか?

HDDとSSD、どっちが長持ち、使用寿命が長い?

ハードディスクには、大きく分けてSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とHDD(ハード・ディスク・ドライブ)の2種類があります。どちらも長所と短所がありますが、どちらか一方があなたのニーズに合っている場合もあります。

関連記事:【選び方】SATA vs SSD どちらを選ぶべきでしょうか?完全解説!

SSDとHDDの違いとは?

この部分を読んで、SSDとHDDの違いを学びましょう。

HDDとは

HDDは、最初に開発されたハードディスクで、現在でも最も一般的なハードディスクです。回転する円盤にデータを保存し、読み書きヘッドでアクセスする仕組みになっています。安価で大容量のデータを保存できる反面、SSDに比べると速度が遅く、発熱も大きい。

SSDとは

SSDは、回転ディスクの代わりにフラッシュ・メモリーを使用するため、より高速で、より低温で動作することができます。しかし、コストが高く、HDDほど多くのデータを保存することができません。

HDD VS SSD

関連記事:HDDとSSD簡単に併用する方法二選

HDDよりSSDの方が優れている点

  • SSDはHDDより高速
  • SSDはHDDより消費電力が少ない

SSDよりHDDのメリット

  • HDDはSSDより安価
  • HDDはSSDよりもストレージ容量が多い

では、どれが自分に合っているのでしょうか?それは本当にあなたのニーズと予算に依存します。高速で大容量のストレージが必要な場合は、HDDを。高速で消費電力の少ないコンピュータが欲しいなら、SSDを選べばよいでしょう。

一方、予算が限られている場合は、HDDを選ぶとよいでしょう。SSDは、その価格からすると、それほど悪いものではありません。しかし、読み込みと書き込みの速度はそれほど速くはありません。

SSDとHDD寿命の比較:どっちが長持ち?

答えは:SSDの寿命は、HDDに比べて格段に長い。

関連記事:Windows11をM.2 SSDにインストールする方法

HDDの寿命が3~5年程度であるのに対し、SSDは10年以上持つこともあります。これは、SSDには可動部品がないのに対し、HDDには回転するディスクがあり、時間の経過とともに摩耗して物理損害をもたらす可能性があるためです。

さらに、SSDはHDDのようにデフラグを行う必要がないため、これも寿命を延ばすことにつながっています。ですから、長く使えるコンピューター・ストレージをお探しなら、SSDが最適なのです。

M.2 SSD

おまけ:ディスクにあるデータをHDDからSSDに丸ごとクローンする方法

ここで、一番人気のクローンソフトーEaseUS Todo Backupをおススメします。国内一番有名なクローン定番ソフトとして、クローン機能が特に強くて成功率が高いのです。

このソフトを使ってHDDをSSDにクローンすれば、システムディスクであってもクローン後に問題なく起動できます。HDD上のデータはもちろん、OSのクローンも一緒にSSDに移行可能となります!また、このソフトはPS4のSSD換装においても役に立ちます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup FreeでHDDをSSDにクローンする手順:

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。(クローン先がSSDなので、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のSSDのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。