> How to Use > バックアップと復元 > セーフモードでファイルをバックアップする方法

セーフモードでファイルをバックアップする方法

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年10月20日に更新

概要:

Windowsを起動できなくなると、Windows OSを再インストールする前に、大切なデータを守るため、セーフモードでファイルをバックアップしておくことをおすすめします。本ページのチュートリアルに従って、パソコンが起動できなくなった時は、セーフモードに入ってファイルをバックアップしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ
 

セーフモードでファイルをバックアップすることは可能ですか?

Windows 10/8/7が正常に起動できる場合は、システムの回復で紛失データを取り戻せ、さらにシステムエラーをも修復できます。しかし、もしパソコンが何らかの原因で起動できなくなったら、パソコン内の大切なデータはどうなるのでしょうか?OSを再インストールする前に、セーフモードで大切なデータをバックアップすることは可能でしょうか。

多くのプログラムがセーフモードでは起動できないようですが、バックアップしなければ、OSの再インストールする際に、データが消えてしまうかもしれませんので、何としても先にそれらのデータをバックアップしたいですよね。

コマンドプロンプトを用いてセーフモードでファイルをバックアップする

1. パソコンを起動して、Windowsのロゴが表示されるまで、F8キーを繰り返し押します。

2. 詳細ブートオプションが表示されたら、セーフモードとコマンドプロンプトを選択します。
セーフモードとコマンドプロンプト
3. コマンドプロンプトでコマンドラインを入力することで、ファイルをバックアップすることが可能です。

例えば:Cドライブに保存しているすべてのデータをFドライブにバックアップする場合は
Wbadmin start backup -backuptarget:F: -include:C:
システムドライブ及びすべてのボリュームを完全にバックアップしたい場合は、
Wbadmin start backup -backuptarget:F: -include:C: -allcritical を入力します。

セーフモードにもアクセスできない時に、でファイルをバックアップする方法

最も人気のあるバックアップソフトEaseUS Todo Backupを使ってブータブルディスクを作成すると、パソコンが起動できなくても、OSがなくても、HDDからファイルをバックアップすることが可能です。
まずは、下記のダウンロードボタンから、ソフトをダウンロードしパソコンにインストールしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

1.ブータブルディスクを作成する。

(EaseUS Todo Backupで起動ディスク(ブートディスク)を簡単に作成する方法の詳細はリンクページでご確認ください!)

2.ブータブルデバイスをパソコンに挿入して、そこからパソコンを起動する。(biosで起動ディスクをブータブルデバイスに変更
3.ブータブルデバイスが正常に起動すると、ソフトの画面が自動的に表示されるので、ファイルバックアップを選択し、大切なデータをバックアップすることが可能です。

EaseUS Todo Backupでファイルをバックアップ

4.ターゲットディスク選択することでファイルバックアップのイメージファイルを保存する。
5.「実行」をクリックしてファイルのバックアッププロセスを開始する。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。