> How to Use > ディスクコピー > Windows11をM.2 SSDにインストールする方法【完全解説】

Windows11をM.2 SSDにインストールする方法【完全解説】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年06月02日に更新

概要:

M.2 SSDは極めて高速化したストレージドライブとして、パソコンのWindowsOSをそこにインストールことでパフォーマンスを大幅に向上させます。本文では、去年に頒布したばかりの最新のWindows11をM.2 SSDにインストールする方法を紹介します。

 

Microsoftの最新OSであるWindows 11は、高性能なSSDでその起動速度とスムーズさを完璧に発揮することができます。ゲーム、コンピュータ・プログラミング、オーディオ・ビデオ編集、エンジニアリング図面の作成など、Windows 11とM.2 SSDのコラボレーションは、あなたの仕事とエンターテインメント・ライフをより快適で幸せなものにします!

それに、M.2 SSDは最先端なSSDとして、高度な機能により、SATA SSDに比べ、およそ三倍以上速いです。

M.2 SSDは極めて高速化したストレージドライブとして、パソコンのWindowsOSをそこにインストールことでパフォーマンスを大幅に向上させます。

幸福感と生産性を高めるために、Windows 11をM.2 SSDにインストールすることをお勧めします。

本文では、去年に頒布したばかりの最新のWindows11をM.2 SSDにインストールする方法を紹介します。

M.2 SSDにWindows 11をインストールする方法

M.2 SSDをパソコンに取り付ける方法【マニュアル動画】

OSのインストール作業を始める前に、まずは下にあるマニュアル動画に従い、M.2 SSDをパソコンに取り付けましょう。

パソコンにM.2 SSDを取り付けた後、M.2 SSDが「PC」で正常に表示されるはずです。

Windows11をそこに入れ込む前に、M.2 SSDディスクをフォーマット(初期化)してください。もし正常に表示されない場合は、下記の記事を参考してください。

関連記事:検出または認識されないNVME SSDを修復する方法

Windows11を再インストールせずにM.2 SSDにクローンする

適用ケース:Windows11をインストール済み、起動ドライブを購入したM.2 SSDに変更するのみ
必須のツール:お使いのパソコンのマザーボードに対応するM.2 SSD

ハードディスクをより高速で小型、かつ耐久性に優れたM.2 SSDに交換するとなったとき、現在インストールされているWindows 11をそこに移行することは少し難しいと思われます。それは、Windowsのシステムファイルには、ファイル上でコピー&ペーストの方法で済ませていけませんからだ。Windowsはシステム保護の制限により、手動でコピーを行うことを許可されていません。

そこで、ワンクリックでHDDから他のSSDにクローンする無料ソフトEaseUS Disk Copyがおすすめです。

EaseUS Disk Copy- 信頼性の高いディスククローンソフト

  • ディスククローンモードとパーティションクローンモードがあり、クローニングのシナリオを自由に選択できる
  • ワンクリックでWindows 11/10/8.1/8/7を古いPC/ハードディスクから新しいPC/ハードディスクに移行する
  • クローン元とクローン先の両方はあらゆる種類のディスクをサポートする
  • OSやプログラムを再インストールすることなく、ハードディスクのアップグレードやWindowsオペレーティングシステムの移行に役立つ

操作手順


ステップ1.EaseUS Disk CopyをPCにダウンロード、インストールし、実行します。「ディスクモード]をクリックし、コピーまたはクローンするソースディスクを選択します。「次へ]をクリックして続行します。

HDDからSSDにアップグレード1

注:ソースディスクをセクタ単位でコピーまたはクローンする場合、コピー先ディスクは少なくともソースディスクと同じサイズかそれ以上のサイズである必要があります。

ステップ2. コピー先ディスクを選択し、[次へ]をクリックして続行します。コピー先ディスクのデータを消去するように要求されたら、[OK] をクリックして確認します。

HDDからSSDにアップグレード2

ステップ3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

HDDからSSDにアップグレード3

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

 

関連記事:OSを含むHDDをSSDに完全にクローンする

USBを使ってWindows11をM.2 SSDにインストールする

適用ケース:初めてWindows11をインストールする方、またはそれを初期化にしたい方
必須のツール:USBドライブ、公式サイトからダウンロードしたWindows11ファイル、WinPEツール

M.2 SSD に Windows 11 を手動でインストールし、M.2 SSD から Windows 11 を起動する手順は、以下のとおりです。

1. 開始する前に、お使いのコンピュータが Windows 11 の最小システム要件を満たしていることを確認します。また、少なくとも4GBの空き容量のある未使用のUSBドライブが必要です。

最小システム要件の確認:Windows 11の互換性確認

2. Windows 11 のインストールファイルを Microsoft 社の Web サイトからダウンロードします。インストールするWindows 11のエディションと、アーキテクチャ(32ビットまたは64ビット)を選択してください。

3. USBドライブをコンピュータに接続し、Windows 11のISOファイルをドライブにコピーします。

4. USBドライブを外し、コンピュータを再起動します。起動中に、BIOSまたはUEFI設定に入り、M.2 SSDがプライマリブートデバイスとして設定されていることを確認します。変更を保存して、BIOSを終了します。

Microsoftのダウンロードページに行き、Windows 11インストールアシスタントまたはWindows 11インストールメディアを作成する手動方法がWeb上で人気です。

Windows 11インストールアシスタントは、現在使用しているデバイスにWindows 11をインストールするためのオプションで、Windows 11インストールメディアは、新規または中古のPCにWindows 11の再インストールやクリーンインストールを行うために使用するものです。

もし面倒な操作を抜きにしてワンクリックでWindows 11を自動的にインストールしたいなら、EaseUS OS2Goを使うことをお勧めします。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順

ステップ1:上にあるボータンでEaseUS OS2Goをダウンロードします。

ステップ2:USBをパソコンに接続して「WinTogoクリエイター」を選択します。

USBを使ってWindows11をM.2 SSDにインストールする-1

ステップ3:インストールしたいWindows11のバージョンを選択した後、作成プロセスが自動的に始まります。

USBを使ってWindows11をM.2 SSDにインストールする-2

ステップ4:インストールしたいWindows11のバージョンを選択した後、作成プロセスが自動的に始まります。

ステップ5:コンピューターを再起動します。起動中に、BIOSまたはUEFI設定に入り、M.2 SSDがプライマリブートデバイスとして設定されていることを確認します。変更を保存して、BIOSを終了します。

bios設定でのブート設定

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>