> How to Use > 記憶媒体復旧 > 1TB HDDと256GB SSD、どちらがいい?

1TB HDDと256GB SSD、どちらがいい?

Yiko

Yiko |カテゴリ:記憶媒体復旧| 2022年06月09日に更新

主な内容:

概要:

1TBのHDDは256GBのSSDより優れているのでしょうか?それとも1TBハードディスクより256GBのSSDの方が良いのでしょうか?本文ではその違いについて詳しく説明します。

EaseUS Data Recovery Wizard

HDDからやSDDに換装するにはパソコンやノートパソコンだけではありません。ゲーム機やタブレットでも、SSDのような外部記憶装置に対応できます。

ですから、1TBのHDDと256GBのSSDの比較をするときに、ノートパソコンやPCだけから論じることはできません。他のデバイスに対応できるかを考える必要もあります。さて、この2つのストレージには、それぞれ長所と短所があります。

1TB HDDと256GB SSDの比較

この記事では、これらのストレージデバイスの両方について詳しく見ていきます。さらに、256GBのSSDと1TBのHDDの比較も簡単に行います。

HDDのメリットとデメリットとは?

HDDとは、ファイルやデータを保存するためのデバイスです。HDDの容量は1TB未満から8TB以上に至るまであります。ノートパソコンやPCに搭載されていることが多いです。次は、HDDのメリットとデメリットについて説明します。

外付けHDD

HDDのメリット

ここでは、HDDの最も優れたところを紹介します。

①コスパが高い

HDDは、市販されているストレージの中で最も手頃な価格の選択肢の1つです。500GBのHDDを15,000前後で手に入れることができ、予算が少ないユーザにとって優れた選択肢となっています。さらに、HDDは写真、ビデオ、その他のファイルを保存するための十分な容量を提供します。手頃な価格のストレージをお探しなら、ぜHDDをおすすめします。

②SSDより寿命が長い

SSDがHDDよりも優れていると思うユーザが多くいます。しかし、これは必ずしも正しいとは言えません。HDDの優れたところもたくさんあります。例えば、実は、SDより寿命が長いことです。 一般的にHDDの寿命の目安は平均3年~4年程度と言われています。

HDDの平均容量は約500GBですが、SSDの平均容量は約250GBしかありません。つまり、HDDはSSDの2倍のデータを保存することができるのです。

HDDのデメリット

一方、HDDにはデメリットもあります。そこで、HDDのデメリットをいくつか探ってみましょう。

①読み書きの速度がそれほど高速ではない

HDDは、回転する円盤を使ってデータを保存するため、SSDほど高速ではありません。つまり、HDDは遅延が発生し、パソコンの動作が遅くなるのです。そのため、速度を求めるのであれば、HDDは向いていません。

②熱に弱い 

HDDは、SSDに比べて発熱量が多くなります。このため、スモール・フォーム・ファクターのケースや密に詰め込まれたシステムでは、熱の増加がスロットルやパフォーマンスの低下につながる可能性があり、問題となることがあります。

さらに、データセンター環境でHDDベースのストレージアレイを使用する場合、余分な熱は冷却の問題を引き起こし、エネルギーコストを増加させる可能性があります。

③衝撃に弱い

HDDのもう一つのデメリットは、ぶつけたり叩いたりすることでダメージを受けやすいことです。そのため、HDDのパフォーマンスを最大限に発揮させたい場合は、細心の注意を払って使用する必要があります。

SSDのメリット・デメリットとは

次はSSDメリット・デメリットについて説明します。

ssdドライブ

SSDのメリット

①読み書きの速度とパフォーマンスの向上

SSDは、特にデータ転送速度とパフォーマンスにおいて、HDDとくらべて圧倒的に優秀です。このため、1ミリ秒を争うような高性能コンピューティング・アプリケーションに最適です。

②消費電力が小さい

これは特にノートパソコンに有効で、従来のHDDからSSDに切り替えた場合、バッテリー駆動時間を大幅に延ばすことができます。デスクトップ・ユーザーの場合、消費電力の削減はそれほど顕著ではありませんが、特に複数のドライブをインストールしている場合は、時間の経過とともに消費電力が増加します。また、サーバーの場合、SSDの低消費電力は、かなりの省エネにつながります。

SSDのデメリット

SSDのデメリットも知っておく必要があります。

①高価

SSDは、通常のハードディスクドライブよりも高価であることが多いです。また、それらの多くの可動部分を持っていません。予算がないかまたは多くのデータを格納する必要がある場合は、通常のHDDは、より良いオプションであるかもしれません。

②容量が少ない

HDDと比べて、容量がすくないという点はSSDの弱みです。SSDの容量が少ないなら、容量不足の問題を引き起こしやいです。パソコンに写真や動画をたくさん保存する場合は、HDDをおすすめします。ですから、SSDを購入する前に、ご自身のニーズに応じて、ドライブを選択してください。

250GB SSDと1TB HDD、どちらを選ぶか?

今回ご紹介したメリットとデメリットを考慮すれば、迷うことはないでしょう。いずれにせよ、私たちの選択は以下のとおりです。

1TB HDDのメリットは、1TBのストレージスペースがあることだけです。高速化は望めず、落とせば破損する可能性があり、フルに引き伸ばすと少し熱を持ちます。もし大量のデータファイルを保存したいのであれば、1TB HDDを購入するのは正しい選択肢になるでしょう。

HDDとSSDの比較

SSD/HDDが故障した場合のデータ復旧の実行方法

データ損失は、ほぼすべてのストレージデバイスで発生する可能性があります。データ損失のドラブルが見舞われたら、専門的なデータ復元ソフトウェアにまかせてください。EaseUS Data Recovery Wizardは、失われた写真、ビデオ、ドキュメント、電子メールなどを数クリックで復元することができます。SSDであろうとHDDであろうと、このファイル復元プログラムを使えば、あらゆるタイプの紛失ファイルを復元することができます。

ステップ1.ソフトのインタフェースで外付けHDDのドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。

 ハードディスク 復旧1

ステップ2.スキャンはすぐ開始されます。まず、削除されたファイルを検索し、選択したドライブを全体的にスキャンします。

 ハードディスク 復旧2

ステップ3.スキャン結果の中で復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。

ハードディスク 復旧3

まとめ

本記事では、HDDとSSDのメリットとデメリットについてそれぞれを説明しました。ご自身のニーズに応じて、適切なドライブを選択してください。また、どちらのストレージデバイスを使用する場合でも、EaseUSのデータ復元ツールのダウンロードを忘れないでください。万が一、データが失われた場合でもEaseUSデータ復元ソフトがあれば安心です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ