> How to Use > バックアップと復元 > 対処法:Windows Updateのエラー 0x80070002が発生します

対処法:Windows Updateのエラー 0x80070002が発生します

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年10月20日に更新

概要:

windows 10 バージョン 1803など の機能更新プログラムをインストールすると、エラー 0x80070002がよく発生します。この記事では、エラー 0x80070003が発生する原因及びその対処法を皆さんにご紹介します。この記事で掲載されているステップに従って容易にWindowsの機能更新プログラムをインストールする後に発生したエラー 0x80070002を解決することができます。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ
 

windows 10の更新プログラムをインストールする時のエラー 0x80070002

最近、windows 10 バージョン 1803がリリースされましたが、windows 10の機能更新プログラムをインストールすると、エラー 0x80070002がよく発生します。

エラー 0x80070002のエラーメッセージは、このコンピューターで利用できる新しい更新プログラムを確認中にエラーが発生しました。エラーコード:0x80070002 Windows Updateで不明なエラーが発生しました。」です。きっと多くのWindowsユーザがこのエラー 0x80070002に遭遇したことがあるでしょう。

もしもあたなもWindows 10の機能更新プログラムをインストールした際に、上記のエラー 0x80070002が発生してアップデートに失敗してしまったなら、下記の対処法が必ず役に立ちます。

0x80070002エラー

 Windows Update エラー 0x80070002が発生する原因

マイクロソフトの日本公式サイトによりますと、0x80070002または0x80070003 Windows Update エラーが発生する原因は、更新プログラムがダウンロードされ、正常に抽出しているのですが、いくつかの Windows 更新プログラムでのファイルが存在しないためです。
つまり、Windows Updateに必要なファイル若しくはフォルダが見つからない、若しくは読み込み不可な状態になるのは、このようなエラーが発生する原因だといえます。

エラーの原因を究明し、どういう処置を採用するのかは、本文を読み続けてください。

対処法:Windows Updateのエラー 0x80070002が発生します

下記は、エラー0x80070002または0x80070003について、4つの解決策を紹介しますので、これらの対処法に従ってエラーを自力で解決してみましょう。

対処法1.日付と時刻の設定を確認することでエラー 0x80070002を修復

日付と時刻の設定はWindowsアップデートの成功の可否に大きな影響を与えていますので、下記のステップに従って日付と時刻の設定が正確であるかどうかを簡単にチェック。

1.コントロールパネルを開いてください。
2.日付と時刻を選択して、タイムゾーンの変更ボタンをクリックしてください。
3.上部の「インターネット時刻」で「設定の変更」をクリックしてください。
4.「インターネット時刻サーバーと同期する」の前にチェックを入れて「今すぐ更新」をクリックしてください。
5.OKをクリックしてください。

それから、パソコンを再起動してWindows Updateに移動してエラー0x80070002が解決されているかどうかを確認してください。

対処法2.エラー 0x80070002を修復するため、破損のあるシステムファイルをチェック&削除

まず、下記のステップに従って破損システムファイルをスキャン&チェック

コマンドプロンプト管理者として実行します。
SFC /scannowを入力してエンターキーを押します。
このプロセスが終わるまでしばらくお待ちください。

そして、破損のあるシステムファイルを削除

コントロールパネルを開き、「管理ツール」をクリックします。
サービスを開いてください。
サービスの項目から「Windows update」を見つけ、その項目を右クリックして「停止」をクリックしてください。

もし、この対処法を役に立たなかった場合、対処法3に移動してください。

対処法3.配布フォルダを削除することでエラー 0x80070002を修復

Windows Updateの配布フォルダは、更新プログラム保存用です。このフォルダには、何か不具合があるのも、更新プロセスが失敗してしまった原因にもなります。下記の簡単な数ステップでその配布フォルダを削除してエラー 0x80070002を修復しましょう。

C:\Windows\SoftwareDistribution というフォルダを削除してください。(データ紛失を避けるため、フォルダの名前をSoftwareDistributionoldへ名前変更するのも大切です。)

パソコンを再起動してこのエラーが解決されるかどうかをチェックすることが可能です。

対処法4.Windowsのトラブルシューティングでエラー 0x80070002を修復

Windowsで何か不具合があってもトラブルシューティングで修復を試すのは効果的です。

設定更新やセキュリティトラブルシューティングWindows updateトラブルシューティングツールの実行

の順にクリックすれば問題を解決することが可能です。

tip:データをバックアップすることを忘れてはいけない!

今の情報社会では、データ紛失が毎日起こっています。それゆえ、エラー0x80070002が発生する時に、エラーの修復を試す場合は、データをバックアップすることは必要不可欠です。少なくとも、大事なファイルをバックアップしたほうがいいでしょう。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupを起動すれば、ファイルバックアップを選択してバックアップしたいファイルを選定した上で、「実行」をクリックすれば、容易にファイルをバックアップすることが可能です。

バックアップを選択

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。