> How to Use > バックアップと復元 > USBドライブでポータブルwindows10/11を作成する方法

USBドライブでポータブルwindows10/11を作成する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Pちゃん | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年08月22日に更新

概要:

USBドライブにポータブルWindows10/11を作成するには、2つの方法があります。1つはEaseUS Todo Backupを使ってWindows10/11ポータブルドライブを作成することです。もう一つは、MicrosoftのウェブサイトからISOファイルをダウンロードして、Windows 10 To Go USBを作成する方法です。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

ポータブルwindows10/11/8/7とは?

Googleの検索結果によると、ポータブルWindows USBドライブには、Windows ISOとシステムファイルがインストールされています。それで、ユーザーがUSBポータブルドライブから自分のコンピュータまたは他のPCを起動することができます。

ポータブルWindowsは何のために使うのですか?下記は、ポータブルWindowsのUSBドライブのメリットです。

・どこにでも持ち運べる

ポータブルWindowsのUSBドライブを使えば、自分のWindowsシステムを必要な場所に持ち運ぶことができ、他のコンピュータのUSBドライブからWindowsを直接起動することもできます。特に出張や自宅勤務の時、USBを挿入すれば、簡単に作業をできます。とても便利です。

・システムエラーを防止

システム障害や内部エラーでパソコンが突然クラッシュした場合、パソコンから起動することができなくなります。ポータブルWindows USBドライブは、USBドライブからPCを再起動するのに役立ちます。そして、破損したWindowsシステムへの修復に進むことができます。

USBドライブにポータブルを作成する(ソフトを利用)

では、そのようなポータブルWindows USBドライブを効率的に作成するにはどうしたらよいのでしょうか。例えば、Windows 10ユーザー向けのポータブルWindows USBドライブをどう作成しますか。簡単な方法でWindowsシステムをインストールし、USBドライブにクローンする方法ありますか?

幸いなことに、強力なシステムクローンソフトウェアEaseUS Todo Backupがその仕事をこなすことができます。クリックするだけで、Windows 11/10/8/7などのシステムをUSBドライブにクローン、インストールすることができます。誰でも簡単に操作できます!下記のボタンを押すと、EaseUS Todo Backupをダウンロードできます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

準備

1.外付けハードディスク

2.外付けハードディスク用ケーブル

3.EaseUS Todo Backup

注意事項

未割り当て領域の確認 (左側に十分な未割り当て領域があること)
パーティションスタイルの確認 (システムドライブと同じであること)

USBの必要条件

①システムCドライブのディスク容量を確認します。仮に40GBであれば、40GB以上のディスク容量を持つ適格なUSBドライブを用意してください。

②新しいUSBドライブか古いUSBドライブかにかかわらず、システムクローンによってデータが完全に上書きされるため、重要なデータがすべて安全に転送されていることを確認してください。

③USBドライブを正しく接続し、WindowsがUSBドライブを検出し、ドライブレターを割り当てていることを確認してください。

操作手順

ここでは、Windows 10のポータブルUSBシステムブートドライブを効果的に作成するための詳細なステップバイステップガイドを紹介します。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「システムクローン」を選択します。

システムクローン手順1

2.ターゲットディスクを選択して、[次へ]をクリックします。

システムクローン手順2

注意:ターゲットディスクに十分な未割り当て領域がありません。システムクローンを開始するためにパーティションを削除します。

3.ターゲットディスクのレイアウトをプレビューまたは調整できます。問題がない場合は、「実行」をクリックすると、システムクローンが開始します。

システムクローン手順3

4.USBドライブから起動します

・ポータブルUSBをコンピュータに接続します
・コンピュータを再起動し、"Del "キーを押してBIOSに入ります
・BIOSの Boot タブで起動順序を変更し、ポータブルUSBから起動するようにPCを設定します。
・変更を保存すると、USBドライブからシステムが起動するのが確認できます

Windows 10 To Go USBドライブの作り方(ISOファイルを利用)

ソフトウェアを使用したくない場合は、Windows 10のISOファイルをダウンロードして、ポータブルWindows USBを作成することができます。

準備

1.Rufusまたは WinToUSB のコピー
2.USB 3.0 フラッシュドライブ(32GB 以上のストレージスペース)
3.Windows ISO ファイル
4.Windows のポータブルコピーの有効なライセンス

操作手順

ステップ1.メディア作成ツールをダウンロードし、実行します。

Windows 10のインストールメディアを作成すると、USBや空のDVDの内容が削除されるため、空のUSBや空のDVDを使用した方がいいです。

ステップ2. 「何をしますか」画面で、「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し、「次へ」を選択します。

ステップ3. Windows 10の言語、エディション、アーキテクチャ(64ビットまたは32ビット)を選択します。使用するメディアツールを選択します。

windows10 セットアップ

Windows10でISOをUSBに書き込むには

Rufus にアクセスし、最新バージョンをダウンロードしてください。その後、.exe ファイルをダブルクリックして Rufus を起動し、USB をコンピュータに接続してください。そして、ISO を USB に書き込みます。

ステップ 1. ISO ファイルを書き込む USB デバイスを選択してください。ブート選択ドロップダウンメニューから ディスクまたは ISO イメージを選択し、コンピューターに保存されてる ISOファイルを選択します。

ステップ2.コンピュータがUEFIとBIOS両方で起動できるように、パーティションスキームで MBR を選択します。

ステップ3. 他のオプションは変更せず、開始をクリックして、Windows 10 ISOファイルのUSBドライブへの書き込みを開始します。

rufusの使い方

USBドライブからWindows 10を起動する方法

別のパソコンでWindows 10を起動したいときは、そのパソコンにUSBドライブを挿入します。その後、以下の手順でUSBドライブからWindows 10を起動します。

手順1.キー(F2、F12、Delete、Escの中から1つ)を押してブートメニューを起動し、USBドライブからの起動を選択します。

手順2. USBドライブからWindows 10を初めて起動するときは、通常のWindowsのセットアッププロセスを実行する必要があります。その後、ライセンスコードを使ってWindows 10をアクティベートします。

結論

ソフトを利用するか、ISOファイルを利用するか、どちらでもUSBドライブでポータブルwindows10/11を作成することができます。自分が好きな方法を選んで、ポータブルwindowsを作成してみましょう。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。