> How to Use > バックアップと復元 >ディスクとシステム|Windows 11をSSDにクローンする方法

ディスクとシステム|Windows 11をSSDにクローンする方法

kiki | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年09月21日に更新

概要:

SSDは、パソコンの速度を向上させるのに最適な方法です。古いハードディスクをSSDに交換するには、ディスクをSSDにクローンするのが最も良い方法です。今回は、Windows 11をSSDにクローンする方法について、ディスク/パーティションとシステムのクローンを含めて説明します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 11は、マイクロソフトが提供する最新のオペレーティングシステムで、多くの新機能や改善点が搭載されています。パソコンがまだHDD(ハードディスク)を使っている場合、SSDへの換装を検討してみてはいかがでしょうか。 SSDはパソコンのスピードとパフォーマンスを大幅に向上させることができ、しかも簡単に行うことができます。

今回は、簡単な手順でWindows 11をSSDにクローンする方法を紹介します。ディスク全体、単一パーティション、または Cドライブだけを SSD にクローンする必要があるかどうかに関係なく、ここで解決策を見つけることができます。

windows11をssdにクローンする

Windows11をSSDにクローンすると何ができるのか?

ここでは、クローンについて、またSSDの利点について、よりよく理解していただくための情報を提供します。

クローンとは?

クローンとは、オリジナルのオブジェクトやソフトウェアのコピーのことです。パソコンでクローンを作ることは、何かの同一のコピーを作ることです。例えば、ハードディスクを別のハードディスクにクローンしたり、ソフトプログラムの正確なコピーを作ったりすることができます。

Windows 11をSSDにクローンするメリットは何だろう?

SSDはパソコン全体のパフォーマンスを向上させるのに役立つというのが、わかりやすいメリットです。これは、SSDが従来のハードディスクよりもはるかに高速であるため、OSをSSDにクローンすることで起動時間を短縮することができるためです。

さらに、SSDへのクローン作成は、パソコンの寿命を延ばすのにも役立ちます。SSDには可動部品がないため、従来のハードディスクドライブよりも故障する可能性が低くなります。つまり、ハードディスクドライブが故障した場合でも、データをより安全に保護することができるのです。

最後に、Windows11をSSDにクローンすることで、ハードディスクの空き容量を確保することもできます。もし小さなハードディスクドライブをお持ちなら、OSをSSDにクローンすることで、必要なストレージスペースを取り戻すことができます。

Windows11をSSDにクローンするために必要なものは何ですか?

まず、パソコンと新しいSSDが必要です。お持ちでない場合は、お近くの店またはオンラインで購入することができます。その他に必要なものは以下の通りです。

  • ドライバー:デスクトップの本体ケースを開けるためのものです。
  • USBアダプタ:SSDをノートパソコンに接続するためのものです。
  • 電源ケーブルとSATAケーブル:SSDを購入すると付属してきます。
  • クローン作成ソフト:Windowsには内蔵されていないので、信頼できるサードパーティ製のソフトを選ぶことをお勧めします。

Windows11をSSDにクローンする簡単な方法をお探しなら、EaseUS Todo Backupをお勧めします。ただ数回クリックするだけで、すべてのファイル、設定、アプリケーションを含む、既存のハードディスクの正確なコピーを作成することができます。EaseUS Todo BackupはWindows 11専用に最適化されているので、クローン作成は問題なくスムーズに行えます。SSDへのアップグレードの準備ができたら、ぜひEaseUS Todo Backupを試してみてください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

Windows 11のシステムをSSDにクローンする方法は?

Windows 11システムをSSDにクローンすることは、Cドライブ或いはシステムパーティションだけをSSDにクローンすることを意味しています。クローンした後、すべてのプログラムファイル、ユーザーファイル及びWindows構成ファイルをSSDに正確にコピーして、新しいSSDからコンピュータを起動することができます。Windows 11システムディスクをSSDにクローンすることは、元のHDDのスペースを確保したい場合、或いはコンピュータの起動速度を向上させたい場合に適しています。では、ここでEaseUS Todo Backupを使ってWindows 11システムをSSDにクローンする方法を説明します。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.ソースディスクを指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先を指定します。(クローン先がSSDだったら、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

まとめ

Windows11をSSDにクローンする場合、いくつか注意点があります。第一は、SSDのサイズです。SSDは元のドライブにあるすべてのデータを収容できる大きさであることを確認してください。第二に、Windows 11に対応するクローンソフトウェアを選択する必要があります。EaseUS Todo Backupは良い選択で、パソコンのデータを安全に保つために専門的なクローンやバックアップソフトウェアです。最後に、SSDを正しく接続し、ガイドのステップに従ってください。こうすることで、Windows 11のシステムをすべてSSDにクローンすることができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。