> How to Use > バックアップと復元 > クローンなしでOSをSSDに移行する方法

クローンなしでOSをSSDに移行する方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/28
   

概要:

クローンをせずにOSをSSDに移行することはできますか?では、本記事はクローンせずにOSをSSDに移行する詳細な手順を紹介します。素早く簡単に作れるツールがいいという方は、EaseUS Todo Backupをご利用ください。

 

「クローンせずにWindows OSをSSDに移行する方法はありますか?ネットで調べると、大体システムクローンソフトがすすめられます。やはり、ソフトを使うしかないですか。もしクローンせずにOSをSSDに移行できるMicrosft Softwareがあれば、ぜひ教えてください。」

ディスククローンは複雑な作業に見えますが、専門家しか扱えないと思っていたかもしれません。SSDにOSを移行する場合、通常はクローンを作成する必要があります。しかし、ユーザーからOSのクローンを作成せずにOSを移行する方法がほしいって要望が来ました。この記事では、データを移動する方法について説明します。また、その作業をより速く完了させる便利なツールを紹介します。

では、その解決策を見てみましょう。

クローンせずにOSをSSDに移行する方法はありますか?

クローンを作成せずにOSをSSDに移行したいとのことですが、残念ながら、Microsoftの既存のツールでは新しいドライブに完全なデータコピーを作成する手段は提供されていません。

ここで一番の推奨策はシステムクローンです。これはOSを新たなSSDに移行するための最もシンプルで速やか、且つ便利な方法で、新しい場所でのデータ再インストールも容易に行えます。

クローンを作成しない場合、クリーンインストールという手段を使用することができます。クリーンインストールは、新しいWindowsのコピーをインストールする前にハードドライブ上の全てを消去する手法です。これにより、アップグレードに関する問題だけでなく、新規インストールから行うことでシステムの速度向上や問題解消が可能となります。

クローンせずにSSDにWindows 11/10/8/7をクリーンインストールする方法

このインストラクションは、ハイテク能力を必要とする長くて面倒なプロセスであるにもかかわらず、自分でSSDにWindows OSをインストールしたくないと心から思っているあなたのためのものです。

以下は、SSDにWindows 11をクリーンインストールするためのステップバイステップガイドです。

ステップ1.マイクロソフトの公式サイトにアクセスし、「Windows 11 インストールメディアの作成」を選択し、ダウンロードします。

Windows 11のインストールメディアを作成

ステップ2.ブータブルメディアを作成するので、USBフラッシュメモリを確認します。

使用するメディアを選んでください

ステップ3.一覧からUSBをクリックします。データをすべて消去してしまうので、正しくUSBを選択してください。

USBフラッシュドライブを選んでください

ステップ4.Windowsのインストールファイルのダウンロードが開始されます。

Windows 11をダウンロードしています

ステップ5.USBの準備ができたら、完了ボタンをクリックしてください。Windowsのセットアップからシステムを再起動します。今すぐインストール "ボタンをクリックします。

今すぐインストール

ステップ6. プロダクトキーの入力を要求されます。

新規インストールの場合は、プロダクトキーが必要です。Windowsを正しくアクティベートしている場合は、「プロダクトキーを持っていない」を選択することができます。

ステップ7. OSをインストールする場所を選択します。

クローンなしでOSをSSDに移す ステップ7

ステップ8. Windows 11のクリーンインストールを行う場合は、カスタムオプションをクリックします。

インストールの種類を選んでください

ステップ9. Windows OSをダウンロードするパーティションを選択します。

クローンなしでOSをSSDに移動する ステップ9

ステップ10. 未割り当ての領域をクリックすると、Windows 11のクリーンインストールが開始されます

クローンなしでOSをSSDに移動する ステップ10

ステップ11. インストール作業を完了し、新しいデバイスをセットアップするを選択する。

ここで、前回のバックアップから一部のデータを復元したい場合は、それも選択できます。Windowsのインストールは完了です。

クローンとクリーンインストールの比較

EaseUS Disk Copy のようなディスククローンソフトウェアを使用すると、簡単かつ迅速に作業を行うことができます。それはシステムクローンとディスククローンの両方の機能を備えています。システムクローンオプションを使えば、時間のかかるクリーンインストール作業をしなくても、Windowsのインストールファイルやフォルダ、起動ファイル、設定などのすべてをパソコンから新しいドライブに移行できるワンストップソリューションとなるのです

EaseUS Disk Copyは、システム、ドライブ、データのクローンを作成できる便利なソフトウェアです。クローン作成手順を簡略化し、データの紛失がないようにしました。以下は、その最も顕著な特徴の一部です。

  • Windows 11/8/10/7に対応
  • 必要なドライブやデータの完全なコピーを作成する
  • Windowsを再インストールする必要がない
  • データセキュリティの提供
  • データ損失の防止
  • バックアップを作成する

EaseUSのディスククローニングソフトウェアは多くのブランドのHDDやSSDのクローンを作成することができます。Windowsシステムと互換性があり、ハードウェアの特徴をすべて探り、100%同一のクローンを実現する。今、簡単なガイドに従って、簡単にOSをSSDにクローン、移動、移行してみましょう。

ステップ1.ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択します。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスクを選択

ステップ2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。

ご注意:

①ターゲットディスクはソースディスクと同じまたはそれ以上の容量であることを確認してください。

②クローンすると、ターゲットディスク上のすべてのデータが消去されますので、ご注意ください。

ターゲットディスクを選ぶ

ステップ3.ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。そしてディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックします。

  • ディスクを自動調整します:ターゲットディスクが最適な状態で動作できるように、デフォルトでディスクのレイアウトをいくつか変更。
  • ソースとしてコピーします:ターゲットディスク上で何も変更せず、レイアウトはソースディスクと同じ。
  • ディスクのレイアウトを編集します:ターゲットディスク上で手動でパーティションのレイアウトをリサイズ/移動することができます。

ディスクを調整

ステップ4.ディスククローンのプロセスが始まります。

クローン開始

まとめ

これまで述べたことをまとめると、クローンを作成しなくても、OSをSSDに移動することは可能です。それに対して、EaseUS Disk Copyは良い選択です。長い待ち時間がなく、データ消失のリスクもないです。このユーティリティを使用して、すべてのコピーを作成することができますので、ゼロから何かを再インストールする必要はありません。

下記のダウンロードボタンをクリックして、無料でダウンロードできます。

EaseUS Disk Copyの詳細はこちら>>