> How to Use > バックアップと復元 > クローンなしでOSをSSDに移行する方法

クローンなしでOSをSSDに移行する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Pちゃん | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年11月14日に更新

概要:

クローンをせずにOSをSSDに移行することはできますか?では、本記事はクローンせずにOSをSSDに移行する詳細な手順を紹介します。素早く簡単に作れるツールがいいという方は、EaseUS Todo Backupをご利用ください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

「クローンせずにWindows OSをSSDに移行する方法はありますか?ネットで調べると、大体システムクローンソフトがすすめられます。やはり、ソフトを使うしかないですか。もしクローンせずにOSをSSDに移行できるMicrosft Softwareがあれば、ぜひ教えてください。」

ディスククローンは複雑な作業に見えますが、専門家しか扱えないと思っていたかもしれません。SSDにOSを移行する場合、通常はクローンを作成する必要があります。しかし、ユーザーからOSのクローンを作成せずにOSを移行する方法がほしいって要望が来ました。この記事では、データを移動する方法について説明します。また、その作業をより速く完了させる便利なツールを紹介します。

では、その解決策を見てみましょう。

クローンせずにOSをSSDに移行する方法はありますか?

クローンを作成せずに、OSをSSDに移行したい。残念ながら、Microsoftの従来のツールでは、新しいドライブに同一のデータコピーを作成する方法は提供されていません。

システムクローンが最良の選択肢です。これは、新しいSSDにOSを移行するための最もシンプルで迅速、かつ便利な方法です。新しい場所でのデータの再インストールがより簡単になります。

クローンを作成しない場合は、クローンではなくクリーンインストールを使用することができます。クリーンインストールは、新しい Windows のコピーをインストールする前に、ハード・ドライブ上のすべてを消去します。アップグレードの問題だけでなく、新しいインストールからやり直すことで、システムの速度を向上させ、問題を解決することができます。

クローンせずにSSDにWindows 11/10/8/7をクリーンインストールする方法

このインストラクションは、ハイテク能力を必要とする長くて面倒なプロセスであるにもかかわらず、自分でSSDにWindows OSをインストールしたくないと心から思っているあなたのためのものです。

以下は、SSDにWindows 11をクリーンインストールするためのステップバイステップガイドです。

ステップ1.マイクロソフトの公式サイトにアクセスし、「Windows 11 インストールメディアの作成」を選択し、ダウンロードします。

Windows 11のインストールメディアを作成

ステップ2.ブータブルメディアを作成するので、USBフラッシュメモリを確認します。

ステップ3.一覧からUSBをクリックします。データをすべて消去してしまうので、正しくUSBを選択してください。

ステップ4.Windowsのインストールファイルのダウンロードが開始されます。

ステップ5.USBの準備ができたら、完了ボタンをクリックしてください。Windowsのセットアップからシステムを再起動します。今すぐインストール "ボタンをクリックします。

ステップ6. プロダクトキーの入力を要求されます。

新規インストールの場合は、プロダクトキーが必要です。Windowsを正しくアクティベートしている場合は、「プロダクトキーを持っていない」を選択することができます。

ステップ7. OSをインストールする場所を選択します。

クローンなしでOSをSSDに移す ステップ7

ステップ8. Windows 11のクリーンインストールを行う場合は、カスタムオプションをクリックします。

ステップ9. Windows OSをダウンロードするパーティションを選択します。

クローンなしでOSをSSDに移動する ステップ9

ステップ10. 未割り当ての領域をクリックすると、Windows 11のクリーンインストールが開始されます

クローンなしでOSをSSDに移動する ステップ10

ステップ11. インストール作業を完了し、新しいデバイスをセットアップするを選択する。

ここで、前回のバックアップから一部のデータを復元したい場合は、それも選択できます。Windowsのインストールは完了です。

クローンとクリーンインストールの比較

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupのようなディスククローンソフトウェアを使用すると、簡単かつ迅速に作業を行うことができます。それはシステムクローンとディスククローンの両方の機能を備えています。システムクローンオプションを使えば、時間のかかるクリーンインストール作業をしなくても、Windowsのインストールファイルやフォルダ、起動ファイル、設定などのすべてをパソコンから新しいドライブに移行できるワンストップソリューションとなるのです

EaseUS Todo Backupは、システム、ドライブ、データのクローンを作成できる便利なソフトウェアです。クローン作成手順を簡略化し、データの紛失がないようにしました。以下は、その最も顕著な特徴の一部です。

  • Windows 11/8/10/7に対応
  • 必要なドライブやデータの完全なコピーを作成する
  • Windowsを再インストールする必要がない
  • データセキュリティの提供
  • データ損失の防止
  • バックアップを作成する

EaseUSのディスククローニングソフトウェアは多くのブランドのHDDやSSDのクローンを作成することができます。Windowsシステムと互換性があり、ハードウェアの特徴をすべて探り、100%同一のクローンを実現する。今、簡単なガイドに従って、簡単にOSをSSDにクローン、移動、移行してみましょう。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先のSSDを指定します。(クローン先がSSDなので、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のSSDのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

結論

これまで述べたことをまとめると、クローンを作成しなくても、OSをSSDに移動することは可能である。それに対して、EaseUS Todo Backupは良い選択です。長い待ち時間がなく、データ消失のリスクもないです。このユーティリティを使用して、すべてのコピーを作成することができますので、ゼロから何かを再インストールする必要はありません。

下記のダウンロードボタンをクリックして、無料で体験できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。