> How to Use > バックアップと復元 > 「完全ガイド] Windows 11でファイルをバックアップする5つのベストソリューション - EaseUS

「完全ガイド] Windows 11でファイルをバックアップする5つのベストソリューション - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月31日に更新

概要:

この記事では、Windows 11のファイルのバックアップをバックアップする5つの簡単かつ効率の方法を説明します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows11のバックアップの必要性

すべての重要なファイルのバックアップをとることは不可欠です。大事なデータが飛んでしまったら、心がもやもやしますね。データを安全に保つための最良の方法は、データをバックアップすることです。最近、Windows11の不安定に関する報告がたくさんあります。そのため、データ保護のために、ここでは、Windows 11でファイルをバックアップするための5つの異なる方法を紹介します。

関連記事:【全解説】Windows11のデータをバックアップする方法

Windows11バックアップのための5つのベストソリューション

次は、Windows11のファイルバックアップのための5つの効率的な方法を紹介していきます。以下のの5つの方法のいずれかを使用してファイルをバックアップできますが、最も簡単かつ効率の方法といえば、やっぱりーEaseUS Todo Backupというバックアップと復元ソフトを使用することです。データのバックアップが簡単になります。時間を節約できて便利なツールです。これは、Windows11のファイルのバックアップに対する最も簡単なソリューションです。

方法1:EaseUSTodoBackupを使用してWindows11ファイルをバックアップ

EaseUS Todo Backupツールには、多くの便利な機能が備えます。ファイルを簡単にバックアップできるだけでなく、バックアップタスクを自動的に実行することもできます。このツールを使用すると、バックアップを可能な限り問題なく行うことができます。その機能を見てみましょう:

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUSTodoBackupの機能紹介動画

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 


無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

方法2:「バックアップと復元」機能を使ってWindows11ファイルをバックアップ

バックアップオプションに移動すると、ファイルを簡単にバックアップできます。適切なオプションを選択し、ファイルWindows11をバックアップします。 

  1. ファイルを復元するには、検索ボックスに「ファイルの復元」と入力し、[ファイル履歴を使用してファイルを復元する]をクリックします。
  2. 復元するファイルを探し、矢印を使用してそのすべてのバージョンを確認します。
  3.  復元するバージョンをクリックし、[復元]を選択して保存します。[復元]を右クリックして、保存する場所を選択できます。 

バックアップと復元の機能

方法3:ファイル履歴を使用してWindows11ファイルをバックアップする

ファイル履歴を使用してWindows11ファイルをバックアップするの操作手順は以下の通りです。

ステップ1:Windows 11では、[設定]> [システム]> [ストレージ]> [バックアップオプション]に移動します。

ファイル履歴を利用する手順1

ステップ2:そこに[ファイル履歴を使用したバックアップ]オプションが表示されます。 ドライブを選択すると、Windowsはユーザーフォルダ(C:\ Users \ username)に1時間ごとにデータをバックアップします。

ファイル履歴を利用する手順1

ステップ3:[ドライブの追加]オプションをクリックすると、ウィンドウに接続した外付けドライブを選択するように指示されます。

方法4: クラウドドライブを使用したWindows11バックアップ

OneDrive、Googleドライブ、およびDropboxを使用してファイルをバックアップできます。OneDriveを例として、データをバックアップする方法を説明します。

  • グーグルドライブ

Googleドライブは、Googleが提供するストレージサービスです。最大15GBの空き容量があります。 

  • ドロップボックス 

Dropboxは2GBの無料ストレージしか提供しませんが、Dropboxが提供するメリットは、ファイルまたはフォルダー全体を他の人と共有できることです。 

  • OneDrive

OneDriveは、Microsoftが提供するストレージサービスです。5GBの無料ストレージを提供し、MicrosoftOfficeの無料バージョンにアクセスすることもできます。ガイドに従って、OneDriveを使用してWindows11でファイルをバックアップする方法を学習してください。

操作手順

ステップ1:Windows 11では、上記の方法で説明したように、[設定]> [システム]> [ストレージ]> [高度なバックアップオプション]に移動します。 

 クラウドドライブを使って

ステップ2:そこには、[ファイルをOneDriveにバックアップする]オプションがあります。OneDriveにサインインするように求められる場所をクリックします。

クラウドドライブを使ってWindows11のファイルをバックアップする手順

ステップ3:アカウントとパスワードを入力してログインし、ステップアップウィザードを続行します。 ステップアップウィザードが完了すると、OneDriveを使用できるようになります。 

クラウドドライブを使ってWindows11のファイルをバックアップする手順3

方法5:Windows11ファイルのコピーを手動で作成する

 この方法は簡単ですけど、手間がかかります。

操作手順

  • コンピュータに外付けドライブを接続します。 
  •  転送したいファイルに移動し、右クリックします。
  • 送信先オプションにカーソルを置き、外付けドライブを選択します。
  • ドライブを選択すると、ファイルは外部ドライブへの転送を正常に開始します。

まとめ

この記事で紹介しているWindows 11のファイルバックアップ方法により、Windows11でデータを簡単にバックアップできます。ただし、手間をかけずに大量のデータを安全にバックアップするためには、EaseUSTodoBackを使うことをおすすめします。バックアップの機能が無料で利用可能ですから、無料ダウンロードしてください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。