> How to Use > バックアップと復元 > システムの修復ディスクとイメージバックアップの違いと使い方

システムの修復ディスクとイメージバックアップの違いと使い方

kenji
更新者:kenji 2023/11/22
   

概要:

バックアップと復元機能には、「システム イメージの作成」と「システム修復ディスクの作成」二つの選択があります。本文では、果たしてこの二つの機能の間に、どんな違いがあるのかを説明します。それに、それぞれの使い方を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元
 

Windowsのコントロールパネルを開くと、バックアップと復元機能という機能があります。バックアップと復元機能のメニューには、「システム イメージの作成」と「システム修復ディスクの作成」二つの選択があります。これらの用語に戸惑うと思われる方が少なくないため、本文では、果たしてこの二つの機能の間に、どんな違いがあるのかを説明します。

システムイメージと修復ディスクの作成

システムイメージの作成とシステム修復ディスクの作成の主な違い

フォームの形で説明させていただきます。

  システムイメージ システム修復ディスク
目的 データバックアップ/復元  起動しなくなったハードディスクの代替とし、データ救出/修復作業を行う
ツール USB、DVDまたはネットワーク DVD/CD
必要な容量 8GB/16㎇以上  2GBが十分
データ範囲 OSを含め、システムにある全部のデータ パソコンを起動させる必要なデータ
リスク 全面的なデータの書き込みによる個人データが紛失する可能性がある 個人データが紛失するリスクはない

上記のように、システムイメージとシステム修復ディスクの違いについて説明しました。

システムイメージはある時点のパソコンを丸ごとコピーしたバックアップファイルので、復元作業を行うとき、システムドライブにある個人データがなくなるので、ご注意ください。

システム修復ディスクの使い方

ステップ1:「コントロール パネル」を検索して開きます。

バックアップと復元-1
ステップ2:左側にある「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

システム修復ディスクの作成-1
ステップ3:目的のDVD/CDを選択し、「ディスクの作成」をクリックして完了するまでお待ちください。

システム修復ディスクの作成-2

システムイメージの作成の使い方

ステップ1:「コントロール パネル」を検索して開きます。

システムイメージ-1
ステップ2:左側にある「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成-2

ステップ3:自分のニーズに合わせてオプションを選択してバックアップを作成します。

システムイメージ-3

バックアップのプロセスが自動的に開始し、完了までお待ちください。以上の手順で、Windows 11に起動可能なバックアップを作成することに成功しました。

おまけ:使いやすいシステムバックアップツール-EaseUS Todo Backup

EaseUS Todo Backupは、Windows 11の自動バックアップを作成できる、優れたデータバックアップツールです。豊富な機能を持ち、Windows 11の起動可能なバックアップを作成することができます。

EaseUS Todo Backupのメリット

  • ワンクリックシステムバックアップ機能:Windowsシステムのバックアップ、ユーザー設定の作成、起動可能なバックアップをワンクリックで作成できる最小限の洗練されたユーザーインターフェイスを持っています。
  • クラッシュ時にシステムの復元:クラウドドライブとネットワークドライブ EaseUS Todo Backupは、バックアップファイルをクラウドやネットワークドライブに直接保存できるシンプルな機能も備えています。
  • カスタマイズされたバックアッププラン:ユーザーとして、カスタマイズされたバックアッププランを作成する本格的な権限を持っています。

まず、下のボタンからEaseUS Todo Backupをダウンロードし、手順に沿ってシステムのバックアップを作成します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、「バックアップを作成」をクリックします。

バックアップを作成

ステップ2. バックアップ対象として、「システム」をクリックします。

システムをクリック

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックすると、バックアップモードやスケジュールなどを設定することができます。

オプション

ステップ4. 最後は、バックアップ先を選択し、バックアップを開始します。

バックアップ開始

まとめ

記事では、システムの修復ディスクとイメージバックアップの違いと具体的な活用シーンを紹介しました。 システムや重要なファイルを定期的にバックアップすることは、データの安全性を高めるために大いに役立ちます。 windowsに内蔵されているそれぞれのツールを使うこともできますが、より便利なのは、定期的なバックアップスケジュールを設定できるEaseUS Todo Backupを使うことで、非常に簡単にバックアップと万が一の時の復元を行うことができます。

よくある質問

EaseUS Todo Backup ソフトウェアのその他の機能

簡単なバックアップ管理
EaseUS Todo Backup では、バックアップを結合、分割、削除、圧縮して、ディスク容量を節約することができます。また、毎日、毎週、毎月のバックアップ計画をスケジュールすることができます。
バックアップの効率性を強化
差分バックアップや増分バックアップの際に、変更されたデータのみをバックアップする必要があります。
ブータブルバックアップ機能
ブータブルバックアップは、システムを起動し、データを復元するためのデバイスにシステムバックアップを作成します。ブータブルバックアップ機能により、マルウェアの攻撃、システムクラッシュ、ハードウェアの破損などの災害時に、失われたデータを復元することができます。
ディスクとパーティションのクローン
EaseUS Todo Backupでは、元のディスクと同一のハードディスクを新規に作成することができます。
パスワードで保護されたバックアップ
このバックアップツールは、すべてのバックアップファイルを暗号化し、不正アクセスを防止することで、データ保護を倍増させます。

ファイルのバックアップの頻度

バックアップの頻度に特別な制限はありません。しかし、バックアップの頻度が高いほど、相対的に高い安全性を確保することができます。同時に、バックアップファイルがハードディスクの容量を圧迫することにもなりかねません。ここでは、自動バックアップの頻度を1週間に設定することをお勧めします。また、重要なファイルを変更したり保存したりした場合は、速やかに追加バックアップを取るようにしてください。

バックアップファイルはどこに保存すればよいですか

バックアップファイルは、ソースファイルと同じハードディスクに保存しないことをお勧めします。ハードディスクが完全に壊れてしまうと、バックアップファイルも含めて、すべてのファイルが使えなくなる可能性があるからです。この場合、バックアップの意味がありません。そのような場面を防ぐため、また利便性を考慮し、以下の2つの提案を行います。

バックアップファイルの保存にリムーバブルドライブを使用する
バックアップファイルを信頼できるクラウドにアップロードする

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。