> How to Use > バックアップと復元 > 解決済み:システムの修復ディスクとイメージバックアップの違いと使い方

解決済み:システムの修復ディスクとイメージバックアップの違いと使い方

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月25日に更新

概要:

バックアップと復元機能には、「システム イメージの作成」と「システム修復ディスクの作成」二つの選択があります。本文では、果たしてこの二つの機能の間に、どんな違いがあるのかを説明します。それに、それぞれの使い方を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windowsのコントロールパネルを開くと、バックアップと復元機能という機能があります。バックアップと復元機能のメニューには、「システム イメージの作成」と「システム修復ディスクの作成」二つの選択があります。これらの用語に戸惑うと思われる方が少なくないため、本文では、果たしてこの二つの機能の間に、どんな違いがあるのかを説明します。

システムイメージと修復ディスクの作成

システムイメージの作成とシステム修復ディスクの作成の主な違い

フォームの形で説明させていただきます。

  システムイメージ システム修復ディスク
目的 データバックアップ/復元  起動しなくなったハードディスクの代替とし、データ救出/修復作業を行う
ツール USB、DVDまたはネットワーク DVD/CD
必要な容量 8GB/16㎇以上  2GBが十分
データ範囲 OSを含め、システムにある全部のデータ パソコンを起動させる必要なデータ
リスク 全面的なデータの書き込みによる個人データが紛失する可能性がある 個人データが紛失するリスクはない

上記のように、システムイメージとシステム修復ディスクの違いについて説明しました。

システムイメージはある時点のパソコンを丸ごとコピーしたバックアップファイルので、復元作業を行うとき、システムドライブにある個人データがなくなるので、ご注意ください。

システム修復ディスクの使い方

ステップ1:「コントロール パネル」を検索して開きます。

バックアップと復元-1
ステップ2:左側にある「システム修復ディスクの作成」をクリックします。

システム修復ディスクの作成-1
ステップ3:目的のDVD/CDを選択し、「ディスクの作成」をクリックして完了するまでお待ちください。

システム修復ディスクの作成-2

システムイメージの作成の使い方

ステップ1:「コントロール パネル」を検索して開きます。

システムイメージ-1
ステップ2:左側にある「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成-2

ステップ3:自分のニーズに合わせてオプションを選択してバックアップを作成します。

システムイメージ-3

バックアップのプロセスが自動的に開始し、完了までお待ちください。以上の手順で、Windows 11に起動可能なバックアップを作成することに成功しました。

おまけ:使いやすいシステムバックアップツール-EaseUS Todo Backup

EaseUS Todo Backupは、Windows 11の自動バックアップを作成できる、優れたデータバックアップツールです。豊富な機能を持ち、Windows 11の起動可能なバックアップを作成することができます。

EaseUS Todo Backupのメリット

  • ワンクリックシステムバックアップ機能:Windowsシステムのバックアップ、ユーザー設定の作成、起動可能なバックアップをワンクリックで作成できる最小限の洗練されたユーザーインターフェイスを持っています。
  • クラッシュ時にシステムの復元:クラウドドライブとネットワークドライブ EaseUS Todo Backupは、バックアップファイルをクラウドやネットワークドライブに直接保存できるシンプルな機能も備えています。
  • カスタマイズされたバックアッププラン:ユーザーとして、カスタマイズされたバックアッププランを作成する本格的な権限を持っています。

まず、下のボタンからEaseUS Todo Backupをダウンロードし、手順に沿ってシステムのバックアップを作成します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。