> How to Use > バックアップと復元 > 【徹底解説】データバックアップ保持へのベストプラクティスとは? - EaseUS

【徹底解説】データバックアップ保持へのベストプラクティスとは? - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月24日に更新

概要:

適切なデータバックアップのベストプラクティスに従うことは、すべてのビジネスにとって重要です。そうでなければ、ストレージの請求書のためにお金を浪費してしまうことになります。この問題を解決するには、何を保存し、何を保存しないかを知るための十分なバックアップ保存ポリシーが必要です。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

バックアップ保持ポリシーとは

バックアップ保持ポリシーは、他のストレージまたはバックアップメディアにコピーされるデータのバックアップを保証します。システム障害、ハッキング、または重要なファイルを誤って削除した場合に非常に役立ちます。バックアップの保持には特定の期間があります。通常、ユーザーデータの毎日のバックアップは1週間保持されます。毎週のバックアップは8週間保持されます。その後、すべてのバックアップがリサイクルされます。それらを再度バックアップする必要があります。この設定は、実際のデータではなく、バックアップコピーに対してのみ機能します。ファイルを削除した場合、そのファイルは8週目までバックアップ保持から復元できます。アカウントがアクティブである限り、削除されない他のファイルは保持されます。

バックアップ保持のベストプラクティスについて

以下のバックアップ保持のベストプラクティスです

データをタイプとニーズに応じて分類する

バックアップ保持ポリシーは、法的および内部のニーズによって定義されます。データを分類することにより、データの重要性を知ることができます。一部のデータは非常にまれにしか使用されませんが、法的な目的で保持する必要があります。ビジネスニーズや機密情報のコンプライアンス規制の観点からデータを分類する必要があります。

期間ごとにデータを分類する

また、すべてのデータをバックアップ期間で分類することも非常に重要です。すべてのデータを同じ期間保存する必要はありません。一時的なデータは、一定期間後に消去する必要があります。一方、一部のデータは10年間保存する必要があります。このようにデータを分類することにより、期間が終了した後に不要なファイルを削除することにより、お金と空き容量を節約できます。

何のデータを削除し、いつ削除するか

どのファイルをいつ削除するかを理解する必要があります。そうしないと、重要なファイルを失うか、役に立たないファイルを差し控えてお金を無駄にすることになります。

バックアップのタイプとその頻度を確認

バックアップには次の3つのタイプがあり:

フルバックアップ:既存のすべてのファイルの完全コピーのこと。フルバックアップは、システムのデータ全体を複製することです。
差分バックアップ:最後の完全バックアップから行われたすべての変更のコピーのこと。増分バックアップに似ていますが、増分バックアップは最後のバックアップ後に行われた変更を保存しますが、差分バックアップはフルバックアップ以降に変更されたデータを保存しますが、増分バックアップ以上のものを保存します。
増分バックアップ:あらゆる種類の最後のバックアップ以降のすべての変更のコピー。どのタイプのバックアップが自分にとって必要があるかを判断します。

1.費用対効果の高いデータバックアップを選択する

データのバックアップも価格と比較する必要があります。企業の場合、データのバックアップに多額の投資をすることになります。費用対効果の高いバックアップは確かにいくらかのお金を節約します。

2.バックアップ対象を決める

個人向け:

何 よりもまず、個人データをバックアップしましょう。個人的な文書、学術プロジェクト、写真、家族のビデオは定期的にバックアップする必要があります。実際にはソフトウェアまたはプログラムを再インストールできますが、個人ファイルに対してこのようなことはできないためです。

企業向け:

仕事で扱うデータは企業にとって非常に重要なものです。従業員の記録、重要な文書、進行中のプロジェクトファイルなどが含まれています。すべての重要なデータを保存するためにかなりの金額を費やしています。これは、中小企業が従うべきベストバックアッププラクティスです。

3.古いバックアップをどのくらいの期間保持する必要がるか

個人向け:

 個人の場合、1か月の保持で十分です。それは主観的である可能性があります。一部の人にとっては、1週間の保持が最も効果的です。一方、2〜3週間の保持が必要な場合もあります。

企業向け:

これも非常に主観的です。一部の企業では、6か月の保持と3か月のLOG保持が必要です。一方、IT企業やその他の企業の中には10年間のデータ保持が必要なものもあります。

4.データバックアップを使って、バックアップファイルをより良い管理する

データ保護のため、バックアップの頻度を増やすことが今日非常に必要とされています。優れたバックアップ管理ソフトは貴方のデータを保護できます。ここは、 EaseUS TodoBackupという人気のバックアップソフトをおすすめします。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

基本的には、ハードドライブ全体を含め、特定のファイルやフォルダを自動的にバックアップできるバックアップソフトウェアです。コストが余裕ない場合、データを復元することができる無料版を持っています。個人的な使用に最適です。しかし、高度な機能を求める場合は、企業版を検討してみてください。

EaseUSTodoBackupがバックアップ保持のベストプラクティスに役にたつ理由

EaseUSTodoBackupは非常に使いやすいソフトです。定期的にデータを自動バックアップしたい場合は、ソフトの高度なオプションで設定することができます。

主な機能

  • USBにポータブルOSを作成可能
  • ほぼ全てのディスクタイプに対応
  • クラウドにバックアップ
  • 増分・差分・フルバックアップに対応
  • 完全バックアップと増分バックアップをマージできる

EaseUS Todo Backupの紹介動画

次の操作手順に従って、データをバックアップしてから、管理します。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。