> How to Use > バックアップと復元 > 方法3選|コンピュータをバックアップする最良の方法は?

方法3選|コンピュータをバックアップする最良の方法は?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年01月12日に更新

概要:

簡単かつ効率的な方法でコンピュータをバックアップする方法は?この記事には、完全なコンピューターバックアップを実行するための詳細な方法がリストされています。外付けハードドライブ、クラウドストレージとファイル同期ソフトウェア、およびデータバックアップソフトウェアを使用してデータバックアップを作成できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

私たちの日常生活では、コンピューターをよく使います。コンピューターに保存されているデジタルデータは、生活の一部となっています。でも、これらのデータは、ハードウェアの問題や偶発的なファイルの削除など、さまざまな原因で失われる可能性があります。そういう状況になった場合、紛失したデータをバックアップしておけば、損失を回避できます。したがって、重要なファイルの定期的なバックアップを保持する必要があります。

コンピュータデータのバックアップの重要性

データのバックアップは突然のデータ損失を防ぐ以外にも、いろいろなメリットがあります。問題が発生した場合に、ファイルを以前のバージョンに戻すために、ファイルのバージョンごとに複数のバックアップを保存します。

バックアップの保持は、ファイルとフォルダだけに限定されません。信頼性の高いバックアップソフトウェアを使用して、パーティション全体、ディスク、またはオペレーティングシステムのバックアップさえ作成できます。バックアップによって、システムが損傷または破壊された場合でも、すべてを通常の状態に復元します。

データのバックアッププロセスはさまざまな方法で実行できます。必要なファイルを手動でコピーしたり、ファイルをクラウドストレージに同期したり、ソフトウェアで必要なデータのコピーを自動的に保存したりできます。この記事では、これら3つの方法を使用してファイルをバックアップする方法を示し、それぞれの利点と短所を比較します。

 

コンピュータをバックアップする方法のリスト

上記のように、データバックアップには複数のアプローチがあります。ここで、以下のリストで比較します。EaseUS Todo Backupなどの信頼性の高いバックアップソフトウェアを使用して、ファイル、システム、およびディスクをハードドライブ、外部デバイス、またはクラウドストレージに自動的にバックアップすることをお勧めします。このツールを使用すると、自動バックアップのスケジュール設定、ファイルの暗号化、バックアップイメージの圧縮、OSのクローン作成などを簡単に行うことができます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

普通の方法は、個々のファイルとフォルダをバックアップするためにのみ使用されます。ハードディスクパーティションまたはOSのクローンを作成しようとするユーザーにとっては、EaseUSバックアップソフトウェアはもっと適当な選択です。その詳細なガイドについては、方法3を参照してください。

方法1:外付けハードドライブまたはUSBドライブにコピーする

ファイルをバックアップするには、外付けハードドライブやUSBドライブなどの別のデバイスにファイルをコピーするのは最も簡単な方法です。この方法は、少数のファイルまたはフォルダーのみをバックアップしたい場合は、簡単で迅速に実行できます。でも、大量のデータを定期的にバックアップする必要がある場合は、非常に非効率的です。

外付けハードドライブまたはUSBドライブにコピーする

ファイルのコピーにかかる時間は、外部デバイスと、データの転送に使用される接続タイプによって異なります。書き込み速度を上げるために、外部SSDディスクを使い、パソコンのUSB3.0ポートを介して接続することをお勧めします。

手順1. バックアップするファイルとフォルダを見つけます。

手順2. ファイルをコピーして外付けハードドライブまたはUSBドライブに貼り付けます(或いはクリックしてドラッグします)。

手順3. コピープロセスが終了したら、デバイスを安全に取り出します。

長所:

  • シンプルで直感的
  • 小さなファイルに対して簡単に実行でき、効率的

短所:

  • 時間がかかり、大きなファイルの定期的なバックアップには適しない
  • コピー時にエラーが発生するリスクがある
  • コピーするファイルを選択するときにユーザーエラーが発生しやすい

方法2:クラウドストレージとファイル同期によるバックアップ

Dropbox、Googleドライブ、OneDriveなど、重要なファイルを保存するために使用できる、無料でアクセス可能なクラウドストレージサービスがたくさんあります。これらのサービスによって、複数のデバイス間でファイルを同期して、1つのデバイスにアクセスできなくなった時に、データを安全に保つことができます。

サービスによって、クラウドに大量のデータを保存には、ストレージ容量のアップグレードに料金を支払う可能性もあります。インターネット接続が遅いと、ファイル転送が妨げられ、同期が失敗するかもしれません。また、オフラインでファイルにアクセスする場合は、事前にファイルをデバイスにダウンロードする必要があります。

googleドライブ

クラウドストレージへのアクセスは、サービスによって異なります。ここでGoogleドライブを例として、使いましょう。

手順1.ウェブブラウザでGoogleドライブに入ります。

手順2.Googleアカウントでログインするか、アカウントを作成します。

手順3.必要に応じて、ファイルをアップロードするか、新しいファイルを作成します。

Googleドライブアプリケーションをインストールして、モバイルデバイスでドライブにアクセスしできます。

長所:

  • 保存したファイルにどのデバイスからでも簡単にアクセス
  • 編集内容はすぐにクラウドに同期

短所:

  • 無料サービスのため、限られたストレージ
  • 正しく機能するには、安定したインターネット接続が必要

方法3:バックアップソフトウェアでデータをバックアップする

バックアップソフトウェアをインストールして、重要なデータを簡単に自動的に管理することもできます。ファイルを外部ハードドライブにバックアップしようとする初心者に適している選択です。数回クリックするだけで、ハードドライブパーティション全体またはOS全体をバックアップすることもできます。

EaseUS Todo Backupは、ユーザーがさまざまなタスクを実行して必要なデータを保護できるようにする、使いやすいデータバックアップソフトウェアです。たとえば、選択したファイルをスケジュール通りにバックアップしたり、頻繁に変更されるファイルを保護したりできます。さらに、Windowsを再インストールせずにOSを異なるドライブに移行できます。WindowsをUSBドライブにクローンして、OSをポータブルにするのもできます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backupには、さまざまなバックアップ機能が含まれています。これらの機能を使用すると、データのバックアップを効率的に管理できます。

初めてご利用の場合は、まずホーム画面で「バックアップの作成」をクリックしてください。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

長所:

  • わかりやすいインターフェース、シンプルなデザイン
  • ファイルのバックアップ以外、さまざまな機能
  • 機密ファイルの暗号化
  • 問題を解決するための24時間年中無休のテクニカルサポート

短所:

  • 無料試用期間が終了した後、ソフトウェアライセンスの購入
  • 単純なファイルコピーなら、多分役不足

まとめ

物理データと同様に、デジタルデータは損失が生じる恐れがあります。外部デバイス上のバックアップを定期的に保持するか、クラウドにアップロードすべきです。これにより、データの破損やハードウェアの損傷などの潜在的なリスクから、システムを安全に守れます。自動バックアップを維持する簡単な方法を探しているのなら、この信頼できるバックアップソフトウェアをお勧めします。

今すぐEaseUS Todo Backupをダウンロードして、データ損失の問題からコンピューターを保護し、ドライブを管理します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。