> How to Use > バックアップと復元 > [Windows 10]フォルダー同期とは?同期、ミラーリング、バックアップガイド

[Windows 10]フォルダー同期とは?同期、ミラーリング、バックアップガイド

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年02月17日に更新

概要:

Windows 10では、フォルダーを他のユーザーと同期したり、OneDriveなどのクラウドストレージと同期したりするように設定できます。この記事では、フォルダーの同期とミラーリングについて説明します。また、フォルダーのバックアップのための利用可能な最高のソフトウェアを紹介します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 10でフォルダー同期は何の役に立つのか?

OneDriveはWindows 10の主な同期ツールです。このクラウドストレージサビースを利用してファイルを共有すれば、任意のデバイスからOneDriveファイルにアクセスできます。フォルダを同期すると、手動でデータを転送する必要もなく、複数のデバイスで同じファイルを使用できます。デバイスはインターネットに接続されると、共有ファイルに加えられた変更に一致するように同期フォルダーを自動的に更新します。

デバイス間で同期する場合は、編集時にデバイスが同期していることを確認する必要があります。変更を保存したのにファイルが同期されていなく、他のデバイスがまだ旧バージョンのファイルを使用していることがあります。クラウドストレージの場合、必要なときにいつでも更新されたファイルをクラウドからダウンロードできるため、それほどの問題ではありません。

クラウドストレージを介した同期は最も便利なのですが、無料バージョンを使えば、ストレージ容量が限られているかもしれません。容量不足になると、新しく追加されたファイルが他のデバイスと同期されなくなります。クラウドサービスでは通常、同期されたフォルダー内のファイルをローカルでのみ削除できるため、ファイルは他のデバイスに引き続き保存されています。それでも、誤って削除しないようにする必要があります。

関連記事:削除されたOneDriveファイルを回復する方法

同期vs.ミラーリングvs.バックアップ

同期

これらの用語は互換性がある場合もありますが、違いにも注意すべきです。

フォルダが同期されると、フォルダのいずれかに加えられた変更がネットワーク接続で更新されます。これは、チームワークのような、複数のデバイスから同じファイルを操作する場合に便利です。

ミラーリング

ミラーリングというプロセスには、ソース場所とターゲット場所があります。ソース場所でファイルを変更すると、ターゲット場所のファイルは同期されます。逆にしたら、だめです。ソース場所のフォルダーは重要で、勝手かつ予測しない変更から守る場合に適用されます。

バックアップ

前述の両方は、変更の自動反映からみれば、よく似ています。しかし、バックアップを保持したい場合は、作成後にバックアップに何の変更も加えられていないことを確認する必要があります。何といっても、バックアップの目的は、ファイルとフォルダのコピーを保存することで、万が一の場合復元できるようにすることです。バックアップフォルダも同期されたら、何の意味もなくなるのではないでしょうか。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

フォルダをバックアップする最適な方法

上記のように、フォルダの同期とミラーリングはそれぞれの用途があり、主に他のデバイスでファイルを簡単にサクセスするためのものです。だが、フォルダのコピーを保持したいのなら、バックアップを作成する必要があります。

EaseUS Todo Backupをお勧めします。この使いやすいWindowsバックアップおよび復元ソフトウェアを使用すると、重要なデータを管理し、潜在的な問題からデータを保護できます。さらに、初心者が利用できる強力なバックアップ機能が多くあります。

自動バックアップ

EaseUS Todo Backupは、自動バックアップスケジュールの設定をサポートしています。このスケジュールによって、新しいバックアップを定期的に自動的に作成できます。スペースを節約するために、新規バックアップが作成されると、古いバックアップを自動的に削除することもできます。

システムバックアップ

フォルダまたはパーティションのバックアップのほかに、ディスク障害やOSクラッシュなどに備えて、OSのバックアップを作成できます。Windows OSはユーザー設定とともにバックアップされるため、起動可能なバックアップから復元を実行できます。

スマートバックアップ

頻繁に使用される重要なファイルに対しては、スマートバックアップ機能でファイルを自動的に管理できます。ファイルに変更が加えられるとすぐにバックアップが作成されます。この機能により、ファイルを常に保護し、最新バージョンをバックアップとして保持できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

操作ガイド-EaseUS Todo Backupでファイルとフォルダーをバックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

EaseUSは多くの強力な機能だけでなく、24時間年中無休のテクニカルサポートも提供しています。何の問題があっても、どうぞお気遣いなくこちらに連絡してください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。