> How to Use > バックアップと復元 > 対処法:Googleフォトがバックアップできない- EaseUS

対処法:Googleフォトがバックアップできない- EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月24日に更新

概要:

Googleフォーがバックアップできなことを経験したことがありませんか?この記事ではGoogleフォーがファイルがバックアップできない問題を解決する8つの方法をご紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Googleフォトがバックアップできない問題の発生原因

Googleフォトは、ユーザーに写真をクラウドに保存するストレージサビースを提供します。写真や動画をGoogleフォトに安全にバックアップして、どのデバイスからでも楽しめます。他者に写真を共有するのはすごく便利です。すべての Google アカウントには 15 GB の無料ストレージが付属しており、すべての写真や動画を高画質または元の画質で自動的にバックアップすることもできます。また、もっと多くの容量がほしい場合は、有料プランもあります。全体的に、それはあなたの写真を保存するための素晴らしいあアプリです。しかし、Googleフォトがデバイス上のコンテンツを適切にバックアップしていないというような不満があるユーザーが多くいらっしゃいます。

Googleフォトがバックアップされないことは非常に一般的な不具合です。発生の主な原因は以下の通りです。

  • 写真のフォーマットまたはサイズが間違っていた
  • Googleフォトバージョンは最新のバージョンではなかった
  • キャッシュとデータの蓄積が多すぎた
  • Googleアカウントに空き容量が足りなかった
  • Googleフォト一時的な不具合 
  • 不安定のネットワーク環境

など…

Googleフォトが機能しない理由は、インターネット接続の不良、ストレージ容量の不足などです。しかし幸いなことに、機能しないGoogleフォトを修正するのは簡単です。次の内容を参考にして、Googleフォトのバックアップの問題を修正する方法を解決します。

Googleフォトがバックアップできないを修正する方法(8選)

Googleドライブに十分な空き容量があり、アプリに「バックアップがオンになっています:バックアップの準備をしていますが、何も起きていません」と表示されている場合。次に、パニックになる前に、ソリューションをバックアップしない簡単なGoogleフォトをフォローしてみてください。

対処法1.バックアップステータスを確認する

Googleフォトバックアップができない問題を修正する方法の1つは、アプリのバックアップのステータスを確認することです。最近アプリをアップグレードしたか、一部の設定を変更した場合は、アプリで[写真のバックアップ]オプションがオフになっている可能性があります。それでは、まずGoogleフォトアプリのバックアップステータスを確認しましょう。 

操作手順

ステップ1.Googleフォトアプリを開きます。 

ステップ2.右上隅からプロフィール写真をクリックし、[Googleアカウントの管理]を選択して、バックアップステータスを確認します。

Googleアカウントの管理

ステップ3.これで、画面に次のメッセージが表示され、それに応じて修正できます。

  • 「Wi-Fi接続の待機中 」:インターネッにに再接続します。
  • 「写真または動画がスキップされました」:75MBまたは100メガピクセルを超える写真はGoogleフォトに保存できません。したがって、ここでは、写真のサイズを小さくするか、Googleフォトが推奨するようにスキップする必要があります。 
  • 「バックアップと同期がオフになっています」: 自動同期機能がオフになっている場合は、写真をバックアップするためにオンにする必要があります。
  • 「写真のバックアップ」/「バックアップの完了」:このメッセージは、写真や動画が現在アップロードしているか、正常にバックアップされていることを意味します。

対処法2.バックアップ設定を確認する

Googleフォトのバックアップステータスを確認したら、次にバックアップ設定を確認できます。特定のネットワーク設定を選択したり、サイズ制限をアップロードしたりすると、Googleフォトがバックアップされない場合があります。それを確認するには: 

操作手順

ステップ1.Googleフォトアプリに移動します。 

ステップ2.Googleアカウントにログインします。 

ステップ3. [フォトの設定]>[バックアップと同期]をタップすると、次の設定オプションが表示されます。

Googleフォトのバックアップ設定を確認する手順

  • バックアップと同期: [バックアップと同期] がオンになっていることを確認します。
  • バックアップ アカウント: 写真や動画が適切な Google アカウントにバックアップされていることを確認します。
  • デバイスのフォルダのバックアップ: Android スマートフォンで他のアプリやデバイスの写真と動画を Google フォト アカウントで表示するには、利用可能なデバイスのフォルダをオンにします。
  • バックアップのタイミング: Google フォトが写真や動画をバックアップするタイミングを確認します。モバイルデータ通信でファイルをバックアップすることもできます。

出典:Googleフォトヘルプ

対処法3:Googleドライブの空き容量を確認する

Googleフォトは、2022年まで無制限の無料ストレージ容量を提供していました。しかし、今度は、Googleフォトに写真をバックアップするために有料プランに切り替える必要があります。さらに、Googleドライブアカウントに十分な空き容量がない場合、新しい写真をバックアップすることはできません。したがって、より多くの写真のためのスペースを作成するには、Googleドライブのストレージスペースを確認し、キャッシュをクリアする必要があります。 

Googleドライブの空き容量を確認するには、[設定]>[バックアップと同期]>[アカウントのバックアップ]に移動します。 

Android の場合:次のようにキャッシュをクリアできます-[設定]>[アプリ]>[写真]>[ストレージ]>[データを削除][キャッシュを削除]をタップします。

Googleドライブの空き容量を確認する手順

iOSの場合:[設定]>[一般]>[iPhoneストレージ]>[Googleフォト]>[アプリの削除]に移動します。

iOSのGoogleドライブの空き容量を確認する手順

対処法4:Googleフォトの制限を確認する

Googleフォトは強力なクラウドストレージサビースを提供しているんですが、いくつかの制限があります。前述したように、75MBまたは100メガピクセルを超える写真はGoogleフォトにバックアップされません。また、10GBを超える動画はGoogleフォトと同期されません。 

したがって、大きなメディアファイルをバックアップする必要がある場合、Googleフォトはそれを実行できません。メディアサイズを縮小できない限り、Googleフォトは役に立ちません。 

対処法5.アカウントの再起動/再接続/再インストール

Googleフォトの重要なファイルをバックアップする必要がある場合は、アカウントを再起動するか、工場出荷時にリセットできます。工場出荷時のリセットは、Googleフォトに重要なものがない場合にのみお勧めします。それ以外の場合は、Googleフォトアカウントを再起動または再インストールしてください。そうするために:

Googleフォトアプリからログアウトし、ユーザー名とパスワードを使用して再度ログインします。 また、デバイス上のGoogleフォトアプリを削除して、アプリストアから再インストールすることもできます。 何も機能しない場合は、アカウントをハードリセットして、Googleフォトに保存されているすべてのデータを削除することを検討してください。

対処法6.写真/ビデオを手動でアップロードする

Googleフォトアプリで自動同期が機能しない場合は、パソコンから写真や動画を手動で選択してアプリにアップロードできます。これにはしばらく時間がかかる場合があります。ただし、このようにして、Googleフォトの制限やその他のバックアップの問題を並べて修正し、写真をクラウドにシームレスにバックアップできます。

対処法7.「Wi-Fi経由」または「モバイルネットワークの使用」に切り替える

「Wi-Fi経由」または「モバイルネットワークの使用」に切り替えると、ネットワークの不安定の問題を解決することができます。

  • ネットワーク設定を変更するには、[メニュー]>[設定]>[バックアップと同期]>[写真のバックアップ]または「モバイルデータ通信を使用して写真をバックアップ」に移動します。 
  • Wi-Fiネットワークに切り替える場合には、「ワイヤレスデータ」をクリックし、ネットワーク接続を「WLANとモバイルデータ通信」に切り替えます。

Wi-Fiネットワークに切り替える場合、ホットスポットとして選択されていないことを確認してください。また、特定のWi-Fiネットワークでのデータのバックグラウンド使用の制限をオフにします。 

対処法8.お使いデバイスの電源を確認する

多くのデバイスでは、バッテリー残量が少なくなると自動バックアップと同期がオフになることを設定しました。そのため、デバイスを再充電するか、低電力モードをオフにして、Googleフォトアカウントの写真をバックアップしてみてください。

EaseUSTodoBackupを使ってPCデータを自動的にクラウドにバックアップ

Googleフォトを使って、いろなん問題が発生する可能性があるますけど、AndroidまたはiOSデバイスでデータを完全にバックアップできます。ただし、時々、PCのデータをバックアップする必要がある場合もあります。

パソコンのデータの種類はスマホのデータより豊富です。例えば、貴重なシステムデータ。なので、パソコンのデータをクラウドにバックアップすることが不可欠です。さらに、クラウドにバックアップするのメリットというと、パソコンや記憶装置の容量を節約し、バックアップデータが保存されている記憶装置が身の近くにないとしても、データを簡単にアクセスしたり復元したりすることができます。また、 EaseUS Todo Backupを使用 して、データバックアップスケジュールを設定してから、定期的にパソコンのデータをクラウドにバックアップすることができます。このソフトウェアは、コンピューターデータをクラウドに保存するための年間プランで1TBの容量を提供します。Googleドライブ、OneDrive、Dropboxなどのサードパーティのクラウドサービスにデータを保存することもできます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUSTodoBackupの主な機能

EaseUS Todo Backupの機能紹介動画

ステップ1.EaseUS Todo Backupを開き、左側のメニューで「バックアップの追加」をクリックします。

バックアップの追加

ステップ2.バックアップしたい内容を選択します。パソコン全体をバックアップするには、ここで「ディスク」を選択します。

ディスクを選択

ステップ3.ここでバックアップしたいディスクを選択します。

バックアップしたいディスクを選択

ステップ4.バックアップ先のをクラウドドライブに指定するには、「ローカルドライブ」を選択して、「クラウドデバイス」→「クラウドストレージを追加」の順にクリックします。

バックアップ先をクラウドドライブに指定

ステップ5.ここで「追加するクラウドドライブを選択」ダイアログボックスが表示されます。ここでGoogleドライブ、Dropbox、OneDriveに連携することができます。

オンラインストレージサービスに連携する

ステップ6.バックアップを開始するには、最後に「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップを開始

最後に

クラウドストレージを使うユーザー人数が増えて続けます。スマホの写真でもPCのデータでも、クラウドストレージはすべてのデータを安全に保存し、簡単にアクセスできるようにします。 

モバイルデバイスの場合、Googleフォトは写真をバックアップするのに最適なソリューションです。また、Googleフォトが問題をバックアップしていないことに直面した場合は、簡単な8つの解決策についてすでに説明しているので、写真をクラウドバックアップするのは面倒です。 

同様に、重いコンピューターデータを自動バックアップするための無料のEaseUSTodoBackupを自由に使用できます。ですから、面倒なことはせずに、今すぐクラウドに写真やその他の重要なデータをバックアップしましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。