> How to Use > バックアップと復元 > EaseUS Todo BackupでブータブルUSB、CD/DVD、ISOイメージの作成方法

EaseUS Todo BackupでブータブルUSB、CD/DVD、ISOイメージの作成方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/30
   

概要:

EaseUS Todo Backupでは、EaseUSブータブルUSB、CD/DVD、ISOイメージの作成が可能です。WinPEドライブがあれば、OSがクラッシュした時、システムを回復し、ファイルをバックアップすることができます。そのほか、Windows のブータブルUSBを作成したい場合は、ガイドに従ってください。

 

WinPEブータブルディスクまたはブータブルUSBを作成する理由

オペレーティングシステムが起動できないとき、またはバックアップイメージから別のHDD/SSDにシステムを移行するとき、WinPE起動ディスクが必要です。プリインストール環境で、システムブートパーティションなしでEaseUS Todo Backupを実行し、バックアップからシステム/データを回復することができます。EaseUS Todo BackupはレスキューCDまたはブータブルDVDを作成する2つの方法をサポートします。LinuxベースのブータブルディスクとWinPEベースのブータブルディスクです。しかし、ほとんどの機能はLinuxベースのブータブルCDでは使用できないので、まずWinPEブータブルCDを作成することをお勧めします。

LinuxとWinPEのブータブルディスクで利用できる機能の比較は以下の通りです。

タイプ Linuxブータブルディスク WinPEブータブルディスク
ハードウェアRAIDをサポート -
ファイルのバックアップ -
ディスクとパーティションのバックアップ -
ファイル復元
ディスクとパーティションの復元
ディスククローン
パーティションクローン
データを消去する -
チェック画像 -
コマンドシェル -
ドライバーマネージャー -

方法1.EaseUS Todo Backup でブータブルUSB/CD/DVD/ISOを作成する

EaseUS Todo Backupの最新版では、WinPEブータブルメディア作成時のWindows XP/Vista/7/8/1/10およびUEFIとの互換性がより向上しました。一方、AIK/WAIKのダウンロードの時間を節約することができます。

バックアップと復元ツール - EaseUS Todo Backup

  • あらゆる規模と環境のビジネスに対応する信頼性の高いデータ保護機能
  • シンプルでパワフル、かつ効率的なバックアップユーティリティ
  • パソコンが起動しなくなった場合でも、ブータブルディスクでパソコンが起動します

ブータブルUSBの作成方法

EaseUS Todo Backup は、LinuxとWinPEの両方をベースにしたブータブルディスク機能を提供し、システム障害時にPCを起動させることができます。以下の手順に従って、PC用の緊急起動用USBを作成できます。

ステップ1. パソコンでEaseUS Todo Backupを起動し、「ツール」「ブータブルディスクの作成」をクリックします。

ステップ2. 「ブータブルディスクの作成」ウィンドウが表示されます。システムのISOイメージを作成するか、ブータブルUSBまたはCD/DVDを作成するかを選択することができます。

ほとんどの方は、ブータブルUSBを作成することを選択するでしょう。パソコンに不具合があっても、EaseUS Todo Backupを起動し、USBメモリを差し込むだけで、データをパソコンに復元してくれます。

USBメモリは、書き込み、読み出しが可能で十分な容量のものを用意してください。

ブータブルUSBドライブから起動するには、以下の手順で行います。

  • USBドライブをパソコンに接続する
  • パソコンを起動し、F2/DELキーを押してBIOSに入る
  • 「リムーバブルデバイス」からの起動を選択し、「F10」キーを押して保存して終了します。

ブータブルCD/DVDの作成方法

ブータブルCD/DVDの作成は、ブータブルUSBの作成と同様で、USBをCD/DVDに置き換えるだけです。そして、BIOSの設定で、CD-ROMを最初のブートデバイスに設定するだけでOKです。

ブータブルISOイメージを作成する方法

ステップ1.EaseUS Todo Backupを起動し、「ツール」→「ブータブルディスクの作成」をクリックします。

ステップ2. 「ブートディスクの場所」で ISO を選び、ISOファイルを保存する場所を指定します。

ステップ3. ISOイメージを作成したら、DVD & CD ライティングソフトウェア(例えばNero Burning ROM)でデータをCD/DVDに書き込みます。

方法2. Windows ADKでWinPEブータブルディスクを作成する

また、ADKの助けを借りて、WinPEブータブルディスクを作成することもできます。Windows 自動インストール キット  (Windows Assessment and Deployment Kit、略称Windows ADK ) には、大規模な展開のために Windows イメージをカスタマイズしたり、システム、追加コンポーネント、およびその上で動作するアプリケーションの品質と性能をテストするために必要なツールが用意されています。以下の手順に従って、ADKを使用して起動可能なUSBを作成してください。

ステップ1. Windows ADK (Windows 自動インストール キット) をダウンロードします。

ステップ2.ADKツールを起動し、「このコンピューターに Windows アセスメント&デプロイメント キット - Windows 10 をインストールします」を選択し、「次へ」をクリックします。

ADKでブータブルUSBを作成する

ステップ3.「Deployment Tools」と「Windows Preinstallation Environment (Windows PE)」のオプションを選択し、「インストール」をクリックします。

ADKでブータブルUSBを作成する

ステップ4. インストール作業が終了したら、スタートメニューを開き、Windowsキット を開きます。「デプロイメントとイメージングツールの環境」を右クリックし、「その他」→「管理者として実行」に進みます。

ステップ5. 実行したら、「copype amd64 C:\WinPEx64」を入力します。

ステップ6. 次に、コマンドを実行します。「MakeWinPEMedia /ISO G:\WinPEx64 C:\WinPE64.iso 」を実行します。「100% 完了しました」と表示されたら、WinPEファイルの作成に成功しました。CドライブまたはWinPEファイルを作成した場所に移動します。そこにWinPEのisoファイルが表示されます。

その後、ターゲットディスクをコンピューターに接続し、ISOファイルを書き込んでブート可能にします。この作業には、Windows To Go(Windows10のEducation/Enterprise/ProとWindows 8/8.1 Enterpriseで利用可能な機能)を利用することができます。

ステップ7. 検索ボックスに「Windows To Go」と入力し、ツールを起動します。

ステップ8. 接続されているすべてのUSBドライブを自動的に検索します。インストール先のUSBドライブを選択し、「次へ」をクリックして続行します。検索場所を追加」をクリックして、WindowsインストールISOファイルを検索し、マウントされたISOファイルを選択します。

ステップ9. 次のウィンドウで、Windows To Goワークステーションを暗号化するためのBitLockerパスワードを設定します。

結論

ビジネス用のブータブルUSBドライブを作成したい場合は、EaseUS Todo Backup Enterpriseバージョンをダウンロードし、インストールすることができます。個人用なら、EaseUS Todo Backup Homeバージョンをお勧めします。無料のブータブルUSB作成ツールをお探しなら、Windows ADK をインストールしてください。

ブータブルUSBについてよくある質問

ブータブルUSBが起動しないのはなぜですか?

USBが起動しない場合、USBがブート可能であることを確認する必要があります。ブートデバイスリストからUSBを選択するか、BIOS/UEFIで常にUSBドライブから起動し、その後ハードディスクから起動するように設定することができます。

BIOSで強制的にUSBを起動するにはどうしたらいいですか?

  • パソコンの電源ボタンを押します。
  • 初期起動画面で、ESC、F1、F2、F8、F10のいずれかのキーを押します。
  • BIOSセットアップを選択すると、セットアップユーティリティのページが表示されます。
  • キーボードの方向キーを使って、「BOOT」タブを選択します。
  • USBをブートシーケンスの最初に移動させます。F10キーを押して保存し、終了します。

EaseUSのブータブルUSBを作るにはどうしたらいいですか?

ブータブルUSBを作成するには:

  • USBをパソコンに接続します。
  • EaseUS Todo Backupを起動し、「ツール」→「ブータブルディスクの作成」をクリックします。
  • 「USB」を選択してレスキューメディアを作成します。
  • 「次へ]をクリックすると、ブータブルUSBドライブが作成されます。

ISOをUSBやDVDに書き込むことはできますか?

はい、できます。

  • 1. まずISOファイルが保存されている場所を探します。
  • 2. ISOファイルを右クリック > プロパティを選択 > 一般 > 変更をクリック > ISOファイルを開くために使用するプログラムとしてWindows Explorerを選択し、適用を選択します。
  • 3. ISOファイルを右クリックし、「ディスクイメージを書き込む」を選択します。

related articles

Windows でブータブルUSBドライブをフォーマットする方法

Windows 10/8.1/7でブータブルUSBドライブをフォーマットまたは再フォーマットする方法について全くわかりませんか?このチュートリアルはそれを行うのに役立ち、それを再び通常のストレージドライブとして動作するようにします。

ドライブをフォーマットする

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。