> How to Use > バックアップと復元 > 対処法:Windows10でファイル履歴が正常に動作していない

対処法:Windows10でファイル履歴が正常に動作していない

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年12月16日に更新

概要:

ファイル履歴は、ファイルを自動的にバックアップする機能です。もしWindows10/8/7でファイル履歴が正常に動作できない場合、どうしたらいいですか?本文では3つの対処法を皆さんに紹介します。これらの対処に従って、正常にバックアップできるようになると思います。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

ファイル履歴動作しない時にはどうする?

ファイル履歴とは

ファイル履歴とは、ライブラリー、アドレス帳、お気に入り、及びデスクトップに保存されているファイルなどを、自動でバックアップできる機能です。ファイル履歴を有効にすると、定期的にフォルダーがスキャンされ、ファイルの変更を検知した際にバックアップされます。

ファイル履歴が動作しないシチュエーションについて

「こんにちは、Windowsパソコンでファイル履歴が動作しない時にはどうすればいいですか。今、ターゲットディスクでバックアップが済んだはずなファイルを何も見つかりません。また、このハードドライブにアクセスしようとする時、このハードドライブを認識できませんっていう表示も出てきました。最新のWindows10にアップグレードの前に、大事なデータをバックアップしたい場合、どうすればいいのでしょうか。何かアドバイスがあれば幸いです。」

皆さんも「ハードドライブを認識できません」とかに遭遇したことでファイル履歴を利用できなかった経験はありませんでしょうか。このような場合、どうやってファイルをバックアップすればいいですか?本文では効果のある対処法を3つ皆さんに紹介していきたいと思います。

対処法1.バックアップソフトでファイルをバックアップ

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

もし、どうしても今すぐバックアップを取りたいなら、ファイル履歴の代わりに、高機能バックアップソフトEaseUS Todo Backupは役に立ちます。このソフトは非常に有名で信頼可能なバックアップソフトなので、バックアップ・クローンの経験がある方はこのソフトを耳にしたことがあると思います。このソフトを使うことで、ただ3ステップでファイルをバックアップできますので、ファイル履歴が動作しない時に特に機能してくれます。

EaseUS Todo Backupでファイルをバックアップする操作手順

ステップ1.ソフトを開き、必要に応じて「ファイルバックアップ」、「ディスク/パーティションバックアップ」若しくは「システムバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップを選択します。

ステップ2.バックアップしたいファイル/フォルダを選択します。

バックアップしたいファイルを選択します。

ステップ3.「実行」をクリックします。

以上のような簡単な操作で、バックアップができるのです。そして、Windowsのバージョンアップとかなんの操作でも安心になります。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

また、このソフトにも、ファイル履歴のような自動バックアップ機能が備えています。もし、ファイルを追加したり、ファイルを変更したりする時に、ファイルを自動バックアップしたい場合は、増分バックアップと差分バックアップ、またはスケジュールによる自動バックアップを使ってください。

対処法2.ファイル履歴に関するWindowsのサービスを確認する

ファイル履歴を利用できない場合は、関連のWindowsのサービスの設定が間違っている可能性が高いです。だから、以下の操作手順に従いながら、各関連サービスの設定を適正する必要があります。

1.「スタート」アイコンをクリックして、スタートメニューで「Windows管理ツール」フォルダーから「サービス」アプリを開きます。

2.サービスウィンドウで下記3つの関連サービスを探し、設定を適正します。

  • File History Service
  • Volume Shadow Copy
  • Windows Search

設定する方法:サービスの名前をダブルクリックして、プロパティのウィンドウが表示されます。「全般」で「スタートアップの種類」を「自動」に変更しましょう。また、「サービスの状態」が「停止」である場合は、「開始」ボタンをクリックすることでサービスをオンにします。

windows関連サービスを設定する

3.上記の手順が終わりますと、ファイルの履歴を再開して、正確に動作するかを確認しましょう。

対処法3.ファイル履歴の設定をリセットする

上記の設定によってファイル履歴が依然として利用できない場合は、ファイル履歴のバックアップの設定に問題があると考えられます。だから、下記の手順に従って、ファイル履歴の設定ファイルを削除して設定をリセットすることができます。

1.Windowsの設定で「更新とセキュリティ」>「バックアップ」>「その他のオプション」を選択します。

ファイル履歴の設定をリセットするステップ1

2.「詳細設定の表示」をクリックしてファイル履歴の設定ウィンドウを開きます。それから、「オフにする」ボタンをクリックすることでファイル履歴を無効します。

ファイル履歴の設定をリセットするステップ2

3.次のフォルダー内の全てのファイルを削除します。

  • C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\FileHistory\Configuration

4.ステップ1と2の手順に従って、ファイル履歴機能をまた「オンにする」にしたらOKです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!