> How to Use > バックアップと復元 > どっちがいい:ファイルのバックアップVSコピー

どっちがいい:ファイルのバックアップVSコピー

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年05月06日に更新

概要:

この記事では、PCをバックアップするための2つの手法(バックアップとコピー)について説明します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

予期しないデータ損失を回避するために、データのバックアップを作成する必要があります。バックアップがあれば、データが失われたとしても、簡単に取り戻せます。PCのバックアップに関しては、データを別のドライブに直接コピーするユーザーもいれば、プロのデータバックアップソフトを利用する人もいます。

どっちの方法を採用しているのでしょうか?この記事では、この2つの方法を比較して詳しく説明します。

バックアップ≠コピー

バックアップ

バックアップは、不注意による削除または予期せぬ破損などに備えて、データの複製を別の場所に保存することを指します。バックアップをファイルコピーのスーパーセットとして扱うべきです。理想的には、パーティション構造、セキュリティプロパティ、および標準のファイルコピーから欠落しているその他のアイテムメタデータなど、追加された変数が含まれています。

バックアップ先

  • クラウドストレージ:さまざまなデバイス間でファイルを共有および同期できるようにするオフサイトバックアップの1つです。
  • 外付けドライブ:使いやすくて、容量が小さいバックアップオプションです。
  • USBフラッシュドライブ:最もポータブルなバックアップオプションですが、ストレージ容量も最小です。

バックアップの機能

  • データ損失の防止-システム障害やHDD故障から、重要なファイルを保護します。
  • 生産性の向上-既存のバックアップファイルを使用して無駄な労力を削減することで、パフォーマンスを向上させます。
  • 定期的なデータバックアップによる安心感-サイバー攻撃、システムの誤動作などが発生した場合、バックアップがお役に立ちます。

コピー

コピーは、フルバックアップに似っているものですが、バックアップの完了後にアクティビティレコードを削除することがありません。ディスクドライブへバックアップをコピーすることは、オンサイトコピーと見なしてもいいです。

バックアップか、コピーか、どっちを選ぶ?

バックアップは、データ保護の最も効果的で推奨される手法です。また、コピーではなくバックアップツールを使用すると、カスタマイズできるため、はるかに成功率が高いです。定期的かつ自動的なバックアップだけでなく、完全バックアップ、差分バックアップなども行えます。

ただし、「コピー」でデータをバックアップする方法はクローン作成とも言われています。クローン作成は、サブディレクトリとファイルを含む、フォルダ/ファイルまたはディスクのレプリカを作成するプロセスです。

コンピュータのハードディスクを交換する場合、ファイルだけでなく、HDD/SSD全体のコピーを作成する必要があります。ディスクのクローン作成は、既存のディスクをアップグレードしたり、古いディスクを新しいディスクに置き換えたりすることに使用されます。ポータブルな起動可能なUSBを作成するには、クローン作成も必要です。

最良の選択:バックアップとクローン作成の両方をサポートするソフトウェア

Windowsにはバックアップツールが組み込まれていますが、クローンツールはありません。データのバックアップとディスクのクローン作成の両方が必要な場合は、EaseUS Todo Backupを使用することをお勧めします。EaseUS Todo Backupは、システムディスク、特定のメディアファイル、およびハードドライブ全体をバックアップできるバックアッププログラムです。

EaseUS Todo Backupの機能一覧:

  • Windows 11/10/8/7に対応します。
  • ストレージ管理のために、バックアップは自動的に小さなビットに分割されます。
  • EaseUS Todo Backupが使用できるCPUパワーの量を切り替えて、バックアップタスクの速度を引き上げます。
  • ネットワークの転送速度を下げて、帯域幅を維持します。
  • バックアップ写真は、特定の日数が経過すると期限切れになるように構成します。
  • バックアップファイルの圧縮中は、標準の圧縮のみが許可されます。
  • ハードディスクまたはパーティションをバックアップする際、使用済みスペースと未使用スペースの両方を含むすべてのセクターをバックアップするオプションがあります。
  • ディスク全体またはパーティションのバックアップから、ハードドライブ全体ではなく、個々のファイルを復元します。
  • 自動的にスキップされたバックアップジョブを実行します。
  • データを元の場所や別の場所にすばやく復元します。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

関連記事:SSD換装:OSを含むHDDをSSDに完全にクローンする

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。