> How to Use > バックアップと復元 > HDDを換装して、OSを再インストールする方法はこちらへ!

HDDを換装して、OSを再インストールする方法はこちらへ!

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年02月09日に更新

概要:

ハードドライブが古くなったり、空き容量が不足したりした場合、コンピュータが重くなります。その時、ハードドライブを交換する必要があります。このページには、OSを再インストールせずにハードドライブを新しいHDD/SSDに完全に交換するのに役立つ、信頼性の高い詳細なガイドがあります。はじめましょう。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

時間の経過とともに、コンピュータシステムの速度が低下し、ユーザーに困らせる問題が発生するかもしれません。最も一般的な原因といったら、ハードディスクドライブの問題でしょう。システムが非常に古い場合は、HDDが消耗し始め、PCの速度が低下している可能性があります。コンピューターが時々フリーズしたり、PCでブルースクリーン(BSOD)が頻繁に発生したりする場合は、ハードドライブが故障したのは明らかです。

ハードディスクが完全に機能しなくなる前に、貴重なデータを保存して後で復元可能のため、ハードディスクを新しいのに換装することをお勧めします。そう決めた場合、またはHDDをSSDに交換しようとしている場合、この記事を読んでください。HDDを交換し、OSを新しいHDDに再インストールする方法を説明するのです。

パート1:事前準備

PCのハードディスクを交換する前に、事前にいくつかの準備が必要です。

重要なデータをバックアップ

古いハードドライブを新しいのに交換しますが、失いたくない重要なデータがあるかもしれません。だから、その前に、新しいハードディスクにそれらのデータを復元できるように、重要なデータをすべてバックアップする必要があります。例えば:

  • ディスクに保存されている個人の写真やビデオ
  • インストールされているアプリケーションとOS
  • ハードディスクに保存される映画や音楽
  • ゲーム

ハードドライブを交換しない場合でも、データをバックアップする必要があります。そうしないと、ランサムウェア攻撃などのマルウェアの脅威で重要なデータが失われる恐れがあります。データ保護のために、定期的にバックアップを実行し、MalwareFoxなどの強力なセキュリティ保護ツールをデバイスにインストールしておいてください。

バックアップを作成する方法がさまざまあります。現在、バックアップするのに最も安全な方法と言ったら、データをクラウドに転送することでしょう。それ以外に、外付けハードドライブなどの物理ドライブにもデータを保存できます。データがそれほど大きくない場合はUSBドライブに保存することもできます。USBドライブにデータをバックアップするには、EaseUS Todo Backupをお薦めします。

1.バックアップするUSBドライブを挿入します。

2.EaseUS Todo Backupをダウンロードしてインストールします。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 次のファイルバックアップタスクを自動的に実行させたい場合は、「オプション」に進みます。そこで、機密ファイルのバックアップを暗号化したり、バックアップイメージのサイズを圧縮したり、バックアップスケジュールをカスタマイズしたりできます。 

データバックアップ手順7

ステップ8. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順8

新しいハードドライブを入手

古いドライブを交換するには、堅牢な新しいドライブが必要です。SSDまたはHDDのいずれかまたは両方をPCの新しいハードディスクとすることができます。どちらかを選ぶことは、初心者にとってなかなか難しいかもしれません。次に詳しい説明がありますので、続いて読んでみましょう。

新しいハードドライブを入手

より高速なパフォーマンスがほしいのか、より大きなディスク容量がほしいのかを自問してください。システムまたはドライブのパフォーマンスを向上させたい場合は、SSDを選択します。一方、十分なストレージスペースが必要な場合は、HDDの方が適しています。パフォーマンスとディスク容量の両方を望むユーザーにとっては、SSDとHDDの併用が最適です。SSDとHDDを併用すると、1つのデバイスでSSDとHDDの両方を同時に使用できます。一番おススメのやり方は、SSDをシステムディスクとして利用し、HDDを非システムディスクとして利用するのです。ただし、これは、デスクトップが2つのドライブを処理するように設計されている場合にのみ機能します。

HDDケーブルを入手

PCのハードドライブを交換するには、適切なHDDケーブルが必要です。サイズに関係なく、最新のハードディスクはすべて、電力の供給とデータの変換にSATAケーブルを使用しています。

SATAケーブルは、15ピンケーブルです。最新のコンピューターシステムはすべてSATA電源ケーブルで動作しますが、デバイスが古いMolex 4ピンを引き続き提供している場合は、そのアダプターを入手します。

SATA電源ケーブル

データ変換にはSATAケーブルが必要です。さまざまな長さと形がありますから、PCに最適なケーブルを入手しなければなりません。

SATAケーブル

ラップトップのハードドライブを交換する場合は、ケーブルは必要ありません。スロットに新しいドライブを取り付けるだけです。

現在のハードドライブのクローンを作成(オプショナル)

ハードディスクを交換した後、システムを現在の状態にしたい場合は、現在のハードディスクを新しいハードディスクにクローンします。クローンを作成するには、新しいハードディスクをシステムとEaseUS Todo Backupアプリに接続する必要があります。システムに2台目のハードドライブを追加するためのスロットがない場合は、USBスロットを介してSATA-USB変換アダプタも必要になります。

1.新しいハードドライブをシステムに接続します。

2.EaseUS Todo Backupソフトウェアをダウンロードしてインストールします。クローンを作成するには、ライセンスキーが必要です。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.ソースディスクを指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.ターゲットディスクを指定します。ターゲットディスクがソースディスクよりも大きいことを確認してください。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、ターゲットディスクのレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

データのサイズや種類によっては、完了するまでに数時間かかる場合があります。そのうち、コンピューターの電源を切らないでください。

これで、HDDの交換手順のパート1は完了です。次の部分に進んで古いハードディスクを取り外し、新しいのを挿入して交換します。

パート2:新しいハードドライブを取り付ける

古いハードディスクを交換する場合は、ハードディスクを取り外して、新しいハードディスク用のスペースを確保する必要があります。古いドライブをシステムに接続したままにして、新しいハードドライブを追加することもできます。

操作手順:

注:次の手順を実行する前に、帯電防止マットとリストバンドを使用することをお勧めします。これにより、蓄積された静電気がコンピュータの敏感な内部部品に伝わることはありません。また、手順はコンピューターごとに異なる場合があるため、これらの手順がお使いのデバイスに当てはまらない場合は、製造元のサイトにハードディスクを取り外すためのガイドを参照してください。

  • PCケースを開き、マザーボードに接続しているHDDをケース内から取り外し、SSDをPC内に入れて固定します。それから、SATA3ケーブル経由で元々HDDのSATA3ポートに挿入することでSSDをPCに接続します。(SSDの新規ドライブを例としています)

sata3ポートです

sata3ケーブルでSSDをPCに接続

注意:SSDを固定できない場合は、PCケースの底部にそのまま置いても大丈夫です。

  • 上記の画像のように、SSDを設置した後、SSDのSATA電源ケーブルをも挿入することを忘れないようにしてください。SSDのケーブルは相応のポートがあり、間違うポートに差し込むことができないので、間違って繋ぐこともめったにないと思います。

パート3:インストールされたOSを保持するか、OSをクリーンインストールする

ハードドライブを取り付けた後、システムを実行するためのオペレーティングシステムが必要です。ここでは、以前のハードドライブのOSを保持するか、新規OSを新しいドライブにクリーンインストールするかの2つのオプションがあります。

インストールされたOSを保持

以前のOSとハードドライブのすべてのデータを新規ドライブに保持したいのなら、古いドライブのクローンを作成します。詳しい情報については、パート1で説明しています。EaseUS Todo Backupツールを使用すると、クローンを簡単に作成できます。

OSをクリーンインストール

改めて新しいハードディスクを使いたいのなら、OSとアプリケーションをクリーンインストールします。そうするために、そのOSを含む起動可能なデバイスを作成する必要があります。

OSインストール用の起動可能デバイスを作成したら、次の手順に従います:

1.起動可能なUSBまたはDVDを挿入し、PCまたはラップトップを立ち上げます。

2.「Esc」キーを繰り返し押して、ブートメニューに入ります。メーカーによっては、異なるキーを押す可能性があります。その場合、インターネットで適切なキーを検索します。

3.ブートメニューで、OSの新規インストールを開始します。

4.新しいハードドライブにOSをインストールしていますから、ハードディスクをパーティションに分割する必要があります。自分で分割するか、デフォルト設定で処理します。

5.インストール中にシステムが数回再起動する場合があります。

6.OSがインストールされると、ログイン画面が表示されます。

バックアップを復元

OSのインストール後、バックアップからアプリケーションやその他のデータを復元する場合は、EaseUS Todo Backupを使用して簡単に復元できます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

手順1.EaseUS Todo Backupを起動し、「参照して復元」をクリックします。

バックアップファイルを復元1

手順2.復元したいバックアップファイルを選択します。(EaseUS Todo Backupによって作成されたバックアップファイルはpbdファイルです。)

バックアップファイルを復元2

手順3.復元先を選択します。特定の場所または元の場所にデータを回復できます。

バックアップファイルを復元3

手順4.「実行」をクリックすると、バックアップの復元が開始されます。

パート4:BIOS起動順序を変更(2台のハードディスクを併用する場合)

ハードディスクを交換していないが、OSをインストールした新しいハードディスクを追加した場合、BIOS起動順序を変更することをお勧めします。

BIOS起動順序を変更するには、次の手順に従います:

1.PCを再起動し、「F2」/「F12」/「Del」キーを押してBIOSに入ります。

2.boot(ブート)を選択し、boot device priotity(起動デバイス)の中で、一番目のブートデバイスを新しく追加したドライブと選択します。

bios設定でのブート設定

3.すべての変更を保存して、PCを再起動します。

コンピュータは、新しくクローンされたディスクから自動的に起動します。

まとめ

古いハードドライブを新しいのに交換することに困ったことがあるかもしれません。上記の手順に従うと、簡単なことになります。各手順を注意深く実行し、ハードドライブを正常に交換してOSをインストールできるようにしましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。