> How to Use > パーティション管理 >Windows 10/8/7適用:GPTディスクをMBRに変換する

Windows 10/8/7適用:GPTディスクをMBRに変換する

Tioka | カテゴリ: パーティション管理 | 2022年11月28日に更新

概要:

Windows 10/8/7でGPTディスクをMBRに変換したい場合、どうすればいいですか?本文では、一番分かりやすい操作方法を皆さんに紹介します。何等かの原因で、GPTディスクをMBRに変換する必要があるとしても、本文で紹介する対処法を参照することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

GPTとMBRについて

ディスク/パーティションの規格といえば、GPTとMBRが最も使われている標準規格です。

MBRとは

MBRがマスターブートコード(ブートローダ:起動できるアクティブパーティションを探してプログラムをそこからロードして実行する機械語コードが入っている)で始まります。BIOSで使用されているMBRパーティションが、テーブルのパラメータから、1セクタ512Byteで定義した場合、最大2TiB迄の領域までしか管理できません。

GPTとは

GPTはLogical Block Addressing (LBA) を使ってディスク内の位置を示す。MBRではCHSによって位置を指定していた。古いMBR情報は LBA 0 に含まれていて、GPTヘッダーは LBA 1 に置かれ、その後にパーティションテーブルが続く。Windowsオペレーティングシステム (OS) では、16,384バイト(32セクター、16KiB)がGPT用に予約されていて、LBA 34 から通常の使い方ができるようになっている。GPTでは、最大8ZiB迄の領域を定義、管理できます。

GPTをMBRに変換することについて

Windows 11またはWindows 10で新しいディスクをセットアップしているときに、MBRとGPTのどちらを使用するかを尋ねられることがあります。ご存知の通り、MBRとGPTはパーティション情報の格納方法が異なり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

一般的に、GPTのストレージ容量はMBRのより多いです。しかし、多くのユーザーはGPTよりもMBRを好みます。下記のような状況では、MBRはGPTよりパフォーマンスがいいと思われます:

  • 32bitのWindowsをインストールする場合は、システムディスクとしてMBRを選択する
  • まだ非常に古いWindows OSを使用している場合は、システムディスクにMBRを選択する
  • Windows XP以前のシステムであれば、64ビットシステムであっても、システムディスクはMBRしか選択できない
  • Windowsのインストール時に「このディスクにはWindowsをインストールすることができません。選択されたディスクには、GPTパーティション形式ではありません。」というエラーが出ます。

「GPTとMBRのどちらが良いのか」という質問には、正解はありません。必要に応じて、パーティションスタイルを変えることがおすすめです。この記事では、GPTをMBRに変換する3つの方法を紹介します。

related articles

MBR と GPTの違い、それぞれの特徴、確認方法

MBRとGPT、ユーザーに最も利用されているパーティション形式です。多くのユーザーはどっちの形式を利用するかを迷うので、MBRとGPTの違い、それぞれの特徴、又は確認方法を紹介します。

Migrate Windows 10 from HDD to SSD

WindowsでGPTをMBRに変換する方法

解決策1.EaseUS Partition MasterでGPTをMBRに変換する

まずは、パソコンに詳しくない方、コンピューター初心者でも簡単にできる方法を紹介します。ここでは、パーティションスタイルを変更できるソフト - EaseUS Partition Master をがおすすめです。3ステップだけで、簡単にGPTをMBRに変換します!

下のダウンロードボタンをクリックして、無料で体験できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順

ステップ1.変換するGPTディスクを右クリックし、「MBRへ変換」を選択します。

GPTをMBRに変換1

ステップ2.ソフト画面の上部メニューで保留中の操作をチェックします。

GPTをMBRに変換2

ステップ3.「適用」をクリックして、GPTディスクからMBRへの変換を開始します。

GPTをMBRに変換3

ご注意:ディスク/パーティションスタイルをGPTをMBRに変換した後、パソコンを再起動する必要があります。パソコンを再起動したら、GPTディスクがMBRディスクになるはずです。

解決策2.Windowsのディスクの管理でGPTをMBRに変換する

ディスクを変換する前に、データを外付けHDDにバックアップし、ディスクにアクセスしているプログラムをすべて終了してください。また、Windowsでこの作業を行うには、管理者権限が必要です。ディスクの管理はデフォルトでインストールされており、Windows 10/8.1/8/7/XP/Vistaのコンピュータで利用可能です。

ステップ1. Windowsキー と Xキー を同時に押して、ディスクの管理 を選択します。

ディスクの管理を開きます

ステップ2. ディスクをGPTからMBRに変換するには、すべてのボリュームを削除する必要があります。ボリュームを右クリックし、ボリュームの削除 を選択します。これをすべてのパーティションに対して行います。

ボリュームの削除を行います

ステップ4.GPTディスクのすべてのパーティションを削除した後、ディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。そしてディスクはMBRに変換します。

解決策3.コマンドプロンプトを利用してGPTをMBRに変換する

他の記事にも書いたと思いますが、コマンドプロンプトを利用して、ボリュームとデータを削除することは基本です。これを行う前に、重要なデータをバックアップしてから行ってください。

コマンドプロンプトを利用します

ステップ1. コマンドプロンプトを管理者として開き、diskpart と入力します。

ステップ2. list disk と入力し、Enterキーを押します。GPTディスクを表すディスク番号をメモします。

ステップ3. 1 がGPTディスクの場合、select disk 1 と入力します。Enterを押してください。

ステップ4. clean と入力し、Enterキーを押します。この操作でディスクの中身がすべて削除されます。

ステップ5. convert MBR と入力し、Enterキーを押します。

ステップ6. 終了後、 exit と入力してコマンドプロンプトを閉じます。

結論

GPTディスクをMBRディスクに変換した後、システムを再起動する必要がありますので、コンピュータがシャットダウンしても心配しないでください。システムが起動できるようにするには、BIOSを入力する必要があります。そして、EaseUS Partition Masterは、GPTとMBRの間のディスクを簡単に変換することができます。ぜひお試しください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

高機能なディスク管理

パーティション管理ソフトのボックス

Partition Master Professional

一番使いやすいディスク管理ソフトで、素人でもディスク/ パーティションを自由に変更できます!