> How to Use > バックアップと復元 > Windows 11/10/8/7 Defender セキュリティ警告への対応方法

Windows 11/10/8/7 Defender セキュリティ警告への対応方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年08月23日に更新

概要:

Windows 11、10、8.1、7で、Windows Defenderのセキュリティ警告ポップアップメッセージが表示されていませんか?もしそうなら、慌てないでください! これはよくあることで、これを安全に取り除く方法がいくつかあります。このブログ記事では、この警告メッセージの原因と、さまざまなブラウザーからこのメッセージを削除する方法について説明します。また、ウイルスやマルウェアの感染からコンピューターを守るためのヒントもご紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 11/10/8.1/7でWindows Defender セキュリティ警告ポップアップ メッセージが表示されますか? もしそうなら、パニックにならないでください!本記事では、セキュリティ警告メッセージの原因と、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge、Safari などの主流のブラウザーからそのメッセージを削除する方法を説明します。また、ウイルス対策/マルウェア対策ソフトウェアとWindows バックアップ ユーティリティの両方を使って、100%のサイバー セキュリティを確保する実用的なヒントも提供します。 

Windows Defender セキュリティ警告

Windows Defenderのセキュリティ警告とは?

  • 別名: Windows Defender - セキュリティ警告のテクニカル サポート詐欺
  • タイプ:フィッシング/詐欺
  • ダメージレベル: ★★☆☆☆

「Windows Defender-セキュリティの警告」は、Webの閲覧中にランダムに画面に表示されるマルウェアの一種です。このマルウェアは、通常、電話番号に電話をかけたり、リンクをクリックするように要求することで、お客様を騙して詐欺師に連絡させるように設計されています。

関与したTech Support Scammerの電話番号は次のとおりです。

  1. +1-888-351-4098
  2. +1-833-930-2284
  3. +1-866-849-1382
  4. +1-877-706-2794
  5. +1-877-591-6339
  6. +1-888-481-2681

疑わしいWebサイトにアクセスしたり、悪意のあるリンクをクリックしたり、コンピューターにアドウェアをインストールしたりするだけで、このマルウェアに感染する恐れがあります。このタイプのマルウェアは、個人情報や財務情報を詐欺師に提供するかもしれないから、非常に危険です。画面に Windows Defender のセキュリティ警告が表示された場合は、リンクをクリックしたり、提供されている電話番号に電話したりしないでください。代わりに、すぐにウィンドウを閉じて、 Web サイトを終了してください。

お使いのコンピューターがこのマルウェアに感染しする場合は、信頼できるウイルス対策ソフトウェアでフルスキャンを実行して削除する必要があります。

関連記事:「2022年最新」Windows 11用の最高のウイルス対策ソフト+セキュアバックアップ

Windows Defender-セキュリティの警告はどのように発生するのか?

Windows Defenderのセキュリティ警告をパソコンに表示させるには、いくつかの状況があります。1つは、疑わしいWebサイトを訪問することです。これは、悪意のあるリンクをクリックした時や、マルウェアが含まれているWebサイトを訪問した時に起こったのです。また、コンピューターにアドウェアがインストールされた時も、この警告が表示されます。アドウェアとは、コンピューターに広告コンテンツを表示するソフトウェアの一種で、時にマルウェアに感染することがあります。

  • 症状-偽のエラーメッセージ、偽のシステム警告、ポップアップエラー、偽のコンピュータースキャン。
  • 損害-機密性の高い個人情報の損失、お金の損失、個人情報の盗難、マルウェア感染の恐れ。
  • 被害者-Webブラウザーを搭載したすべてのデバイスと、Windows ベースのデバイス

Windows Defender セキュリティ警告ポップアップを削除する方法

まず、コンピューターでマルウェア スキャンを実行して、悪意のあるソフトウェアを削除する必要があります。これには、Malwarebytes や HitmanPro などの無料のマルウェア スキャナーを使用できます。

マルウェアが削除されたら、ウイルススキャンも実行して、コンピューターがクリーンであることを確認する必要があります。これを行うには、Microsoft Security Essentials や AVG Free Antivirus などの無料のウイルス スキャナーを使用できます。

最後に、ブラウザの設定を規定値にリセットすることを検討してください。これにより、悪意のある拡張機能やツールバーが削除されます。以下の手順に従って、ブラウザーをリセットしましょう。

Google Chromeの場合

ステップ1. Chromeを開き、右上隅にある3つのドットをクリックします。

ステップ2.ドロップダウン メニューから[設定]を選択します。

ステップ3.[リセットとクリーンアップ]セクションで、[設定を元の規定値に戻す]をクリックします。

Google Chromeのリセット

ステップ4.リセットを確認するポップアップ ウィンドウが表示されます。「リセット」をクリックして続行します。

Firefoxの場合

ステップ1.Firefoxを開き、画面の右上隅にあるメニュー ボタンをクリックして、[設定]を選択します。

ステップ2.[ホーム]タブで、[規定値に戻す]をクリックします。メッセージを確認してリセットしてください。

Firefoxのリセット

Microsoft Edgeの場合

ステップ1.Edge ブラウザーを開き、右上隅にある 3 つのドットをクリックします。

ステップ2.ドロップダウン メニューから[設定]を選択します。

ステップ3.[設定のリセット] セクションで、[設定をデフォルト値に戻す]をクリックします。

Microsoft Edgeのリセット

ステップ4.Edgeをリセットするかどうかを確認するポップアップ ウィンドウが表示されます。「リセット」をもう一度クリックして確定します。

Safariの場合

Safariをリセットする手順はバージョンによって異なるため、ターミナルからSafari ブラウザをリセットする一般的な方法を紹介します。 

ステップ1.Command+Spaceを押してスポットライトを開き、「terminal」と入力して、Enterキーを押します。 

ステップ2.ターミナルで、これらのコマンドを 1 つずつ入力します。ターミナルにコピーした後、Enterキーを押して各コマンドを実行します。

rm -Rf ~/Library/Caches/Metadata/Safari;

rm -Rf ~/Library/Caches/com.apple.Safari;

rm -Rf ~/Library/Caches/com.apple.WebKit.PluginProcess;

rm -Rf ~/Library/Preferences/Apple\ -\ Safari\ -\ Safari\ Extensions\ Gallery;

rm -Rf ~/Library/Preferences/com.apple.Safari.LSSharedFileList.plist;

rm -Rf ~/Library/Preferences/com.apple.Safari.RSS.plist;

rm -Rf ~/Library/Preferences/com.apple.Safari.plist;

rm -Rf ~/Library/Preferences/com.apple.WebFoundation.plist;

rm -Rf ~/Library/Preferences/com.apple.WebKit.PluginHost.plist;

rm -Rf ~/Library/Preferences/com.apple.WebKit.PluginProcess.plist;

rm -Rf ~/Library/PubSub/Database;

rm -Rf ~/Library/Safari/*;

rm -Rf ~/Library/Safari/Bookmarks.plist;

rm -Rf ~/Library/Saved\ Application\ State/com.apple.Safari.savedState;

二重保護: マルウェア対策ソフトウェアとバックアップを併用する

Windows Defender は、Windows 11/10/8.1/7 に組み込まれているセキュリティ ツールで、コンピューターをマルウェアから保護するのに役立ちます。これは、コンピューターの脅威をスキャンし、検出された場合はブロックすることによって行われたのです。Windows Defenderは、コンピューターに既に存在するマルウェアの削除にも役立ちます。

さらに、コンピュータを安全に稼働させるために、スキャンをスケジュールしたり、いつでも手動でコンピューターをスキャンしたりすることもできます。

Windows Defenderはマルウェアからコンピューターを保護する最初のステップとしては適切ですが、このソフトは完璧ではなく、すべての脅威を完全に検出するとは限りません。その補助として、EaseUS Todo Backupはコンピューターでのデータをバックアップして、ウイルス侵害から、データの安全を守ります。

コンピューターで Windows Defenderとバックアップ対策ソフトは両方とも不可欠だと思われています。

  • 1.Windows Defenderは、マルウェアをスキャンして削除するのに役立ちます。また、Windowsバックアップは、紛失または破損したデータの復元に役立ちます。
  • 2.Windows Defenderがウイルス感染に抵抗できない場合、データのバックアップは、ウイルスによる被害から完全に回復するための最後の希望となるかもしれません。

EaseUS Todo Backupは、ホーム ユーザーからエンタープライズ ユーザーまでに向けの包括的なバックアップおよびデータ復旧ソリューションです。ユーザーに使いやすいインターフェイスを提供し、数回クリックするだけでシステム全体または個々のファイルとフォルダーをバックアップできます。また、複数のストレージ デバイスのサポート、増分バックアップと完全バックアップ、電子メール通知など、幅広い機能も提供します。

さらに、バックアップ タスクを自動化するバックアップ スケジューラも付属しています。ローカル ドライブやネットワーク ドライブ、FTP サーバー、EaseUS クラウド、Onedrive、Dropbox、Google ドライブなどのクラウド ストレージ サービスなど、一般的なバックアップ先を幅広くサポートしています。そして、ウイルス/マルウェア保護に関連する最もエキサイティングな機能はセキュリティゾーンです。これは、89%のeaseusユーザーから、最も優れた機能と評価されたのです。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

EaseUS セキュリティ ゾーンによって、バックアップファイルを完全に隠す

ステップ1.バックアップの内容を選択する

メイン ウィンドウで、[バックアップの追加]項目をクリックして、バックアップ コンテンツを選択します。ファイル、ディスクまたはパーティション全体、オペレーティング システム、およびメールを選択できます。 

easeus todo backupによるバックアップステップ1

ステップ2.バックアップ先としてセキュリティ ゾーンを選択する

バックアップ先を選択すると、[セキュリティ ゾーン]オプションが表示されます。[セキュリティ ゾーン]をクリックし、バックアップ先として使用します。

easeus todo backupによるバックアップステップ2

注意:セキュリティ ゾーン機能を初めて使用する場合、EaseUS Todo Backupはセキュリティ ゾーンの作成を案内します。「セキュリティゾーンの作成」をクリックします。

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成1

バックアップに十分な空き容量があるパーティションを選択し、[続ける] をクリックします。

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成2

セキュリティ ゾーンのサイズを調整して、[作成]をクリックして完了します。 

easeus todo backupによるバックアップステップ2-セキュリティゾーンの作成3

ステップ3.バックアップ タスクを実行する

[今すぐバックアップ]をクリックして、バックアップ プロセスを開始します。セキュリティ ゾーン内のOS、ファイル、ドライブ、およびメールのバックアップは、ウイルス、ランサムウェア、およびトロイ木馬によって見られたり破壊されたりすることから完全に保護されます。

easeus todo backupによるバックアップステップ3 

Windows Defender セキュリティ警告に関するFAQ

セキュリティ警告の指示に従ってしまったら、どうなりますか?

セキュリティ警告の指示に従って悪意のあるソフトウェアをインストールしてしまう場合もあるかもしれません。このようなソフトウェアはパソコンに保存されている重要なデータ破壊したり、漏洩したりするものもあります。

もしそれらをインストールしてしまったら、すぐにアンインストールしましょう。アンインストールをした後も何か残っているかもしれませんので、上記で述べたセキュリティー対策ソフトを使って、再びスキャンしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。