> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10で完全バックアップを作成する3つの方法

Windows 10で完全バックアップを作成する3つの方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年01月13日に更新

概要:

この記事では、Windowsファイルとデータをバックアップするための3つのオプションを提供します。自分に最適なものを1つ選択してください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

突然の停電などのせいで、、深刻なデータ損失が発生した場合に備えて、常にファイルとデータのバックアップを作成する必要があります。それに、ウイルス攻撃やOSのクラッシュからドキュメント、写真、およびコンピューターの設定を保護できます。

Windows PCの場合、完全バックアップを作成するには、多くのオプションがあります。選択したファイルとフォルダーのバックアップをスケジュールするというのもセットアップできます。この記事では、選択できる3つのWindows10バックアップオプションを示します。必要に応じて選んでください。

Windows組み込みツールで完全バックアップを作成する

完全バックアップということは、コンピュータ上のあらゆるもののコピーを作成し、それらを別のドライブやネットワークドライブなどの別の安全な場所に保存することを意味します。その後、データ損失が発生した場合、この作成したバックアップはファイルの復元に役立ちます。

Windows 10では、ファイルのバックアップ機能として、「ファイル履歴」が組み込まれています。これを使って、ユーザーがファイルを別のドライブにバックアップし、元のファイルが失われたり、破損したり、削除されたりした場合にそれらを復元できます。Windows PCでファイルをバックアップするには、次の手順に従います。

ステップ1.Windowsアイコンを右クリックし、「設定」>「更新とセキュリティ」を選択します。

「ファイル履歴」で完全バックアップを作成する1

ステップ2.ここでは、Windowsファイル履歴を使用してバックアップできます。「その他のオプション」をクリックして、Windows10バックアップオプションを開きます。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順2

ステップ3. 「バックアップオプション」で、バックアップの時間間隔、バックアップを保持する期間、バックアップするフォルダをカスタマイズできます。また、ファイルを別のドライブにバックアップすることもできます。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順3

セットアップが完了すると、ファイル履歴は設定に従って選択したフォルダーをバックアップします。

Windows10でシステムイメージバックアップを作成する

システムイメージを作成する場合は、Windows10も役立ちます。外付けハードドライブまたはネットワーク共有フォルダ用のイメージツールを作成することをお勧めします。ただし、システムイメージバックアップが維持されている機能ではなくなりました。この方法を導入するのは、この機能がWindows 10で引き続き使用できるためです。次に、以下の方法に従って、システムイメージのバックアップを作成しましょう。

ステップ1.Windowsアイコンを右クリックし、「設定」>「更新とセキュリティ」>「バックアップ」を選択します。

ステップ2.「以前のバックアップをお探しですか?」というオプションがあります。「[バックアップと復元]に移動(Windows 7)」をクリックします。

システムイメージバックアップを作成する2

ステップ3.左側の「システムイメージの作成」オプションをクリックします。

システムイメージバックアップを作成する3

ステップ4.バックアップイメージを保存する適切なディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

システムイメージバックアップを作成する4

ステップ5.追加のハードドライブをバックアップに含めます。次に、「次へ」をクリックします。

ステップ6. 「バックアップの開始」ボタンをクリックして開始します。

サードパーティのソフトウェアで完全バックアップを作成する

サードパーティのバックアップツールでWindows 10をバックアップするのはもう1つの選択です。通常、サードパーティのバックアップソフトウェアは、Windowsの組み込みツールよりも強力です。開発者はバックアップ機能を最適化し、ユーザーを引き付けるために新しい機能を追加し続けているからです。

そんなサードパーティのソフトウエアは多すぎますし、ここでEaseUS Todo Backupを紹介し、お勧めします。データバックアップで優れたパフォーマンスを発揮しています。しかも、OSの移行、完全/差分/増分バックアップの作成、様々なクラウドドライブへのファイルのバックアップなど、いくつかのすばらしい機能を提供しています。

下のボタンからEaseUS Todo Backupをダウンロードし、ガイドに従ってWindows10でファイルをバックアップする方法を確認しましょう。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

気に入ったものを選択し、今すぐバックアップ開始!

以上はWindows 10をバックアップする3つの方法です。最もお勧めのオプションは、Windowsファイル履歴EaseUS Todo Backupです。どちらを選択する場合でも、データを保護するにはバックアップを作成することが最善の方法であることを忘れないでください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。