> How to Use > バックアップと復元 > 【完全解説】ウイルス、ランサムとマルウェアの違い

【完全解説】ウイルス、ランサムとマルウェアの違い

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kenji | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年05月27日に更新

概要:

ウイルス、ランサムとマルウェアなどの単語を聞いたことがありますか?本文では、ウイルス、ランサムとマルウェアの違いについて紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

パソコンやモバイル端末に感染する悪質なソフトウェア、いわゆる「マルウェア」は、さまざまな種類があります。

ざっと見ればウイルスやランサムは同じように見えますが、果たして同じものでしょうか?

本文では、ウイルス、ランサムとマルウェアの違いについてわかりやすく紹介します。

ウイルス、ランサムとマルウェアの違い

簡単に言うと、ウイルスとランサムウェアは、マルウェアの一種に属します。ウイルスは、他のコンピュータやプログラムに自分自身をコピーすることで自己複製するマルウェアの一種です。ランサムウェアもマルウェアの一種で、ファイルを暗号化し、復号化するために身代金を要求するものです。マルウェアは、あらゆる種類の有害なソフトウェアの総称です。

ウイルス、マルウェアとランサムの違い

それでは、マルウェアの種類ごとに詳しく説明します。

マルウェア:マルウェアとは、悪意のあるソフトウェアの略で、コンピュータに損害を与えたり、機能を停止させたり、ユーザーの情報をこっそり収集したり、その他の悪質な行為を行うように設計されたあらゆるソフトウェアプログラムのことを指します。マルウェアには、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどが含まれます。

ウイルス:コンピュータ・ウィルスは、コンピュータの動作方法を変更するために書かれた悪意のあるコードまたはプログラムの一種で、あるコンピュータから別のコンピュータに広がるように設計されています。パソコンのドライブやデータを破壊するのは目的です。

ランサムウェア:ランサムウェアは、被害者のファイルを暗号化し、復号するために身代金の支払いを要求するマルウェアの総称です。

ご覧のように、マルウェアにはさまざまな種類があります。マルウェアの種類は、それぞれ独自の特徴を持ち、被害の大きさも異なります。マルウェアから身を守るために、さまざまな種類のマルウェアを認識しておくことが重要です。

マルウェア攻撃を防ぐための一般的なルール

Windows 11/10/8/7でマルウェアに感染するのを防ぐには、いくつかの重要なルールがあります。

  • 信頼性の高いアンチウイルス、アンチスパイウェアソフトウェアを導入し、自動でアップデートされるように設定すること
  • 知らない人からのメールの添付ファイルを開いたり、迷惑メールのリンクをクリックしたりしないこと
  • インターネットからのダウンロードは、特に無料のプログラムやファイルには注意する。ダウンロードするファイルは、信頼できるサイトのみとすること
  • 電子メールやチャット、電話などで、個人情報や金銭的な情報を明らかにしない。疑わしい場合は、直接連絡し、その組織の信頼性を確認すること
  • 重要なファイルや文書などは、定期的にバックアップを取ること

ワンクリックでデータ安全対策を立てるツール

通常のバックアップソフトウェアで作成されたコンピュータのバックアップイメージは、物理ハードディスク、NASドライブ、ネットワークドライブ、クラウドなど、ユーザーが選択可能な複数のバックアップ先が用意されています。

最も安全なバックアップ保持戦略は、1つのバックアップイメージを少なくとも3つの異なる場所に保持することで、別名「1-2-3バックアップ戦略」と呼ばれています。

データ安全対策を立てる

こうすることで、恐ろしいランサムウェア、ウイルス、アドウェア、スパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアによって、貴重なバックアップのコピーがオペレーティングシステムと一緒に破壊されるリスクを大幅に減らすことができるのです。

関連記事:ランサムウェア対策|バックアップ策略で予防措置を取る

EaseUS Todo Backupは、マルチパスバックアップ先の実現に不可欠な要求に基づき、高度なセキュリティゾーン領域のおかげで、市場のすべてのライバルよりも優れたウイルス保護性能を発揮します。

EaseUS Todo Backupのメリット

  • Windows 11/10/8/7にすべて対応
  • 自動バックアップ機能が完備
  • とても使いやすい
  • 高度な技術で大容量ファイルを小っちゃいバックアップファイルに変換
  • 個人ファイルバックアップから法人向けのNAS、クラウドバックアップ対応

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. EaseUS Todo Backupを実行して、メインウィンドウで【OS】をクリックします。

ステップ1.『システムバックアップ』をクリックする

ステップ2. バックアップの目的場所を自分で選択する、或いはソフトが自動的に最適な場所を選択します。

ステップ2.バックアップの目的場所を選択する

ステップ3. 「オプション」ボタンをクリックして、スケジュールを設定して自動的にバックアップを実行することもできます。

バックアップを実行する期間を毎日、毎週、毎月などの周期を設定できます。設定を有効化させるために、管理員のアカウント及びパスワードを入力する必要があります。

ステップ3.スケジュールバックアップを設定する

ステップ4. 当該ウィンドウの下の「バックアップオプション」をクリックして、バックアップの圧縮率、パスワードなどを設定することができます。

ステップ4.『バックアップオプション』を設定する

ステップ5. 最後に、[今すぐバックアップ]をクリックして、システムバックアップを開始します。

ステップ5.[適用]をクリックする

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。