> How to Use > バックアップと復元 > 解決済み|タスクマネージャーが起動しない問題

解決済み|タスクマネージャーが起動しない問題

Harumoe
更新者:Harumoe 2023/11/22
   

概要:

タスクマネージャが起動しない、または応答しないエラーを修正するために、この投稿では試行錯誤の解決策を提供しています。これらの解決策はデータ損失を引き起こす恐れがあるため、修復作業を実行する前に、できるだけデータをバックアップしてください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元
 

タスクマネージャーとは

タスク マネージャーは、コンピューターの一般的なステータスとコンピューター上で実行されているプログラムとプロセスに関する情報を提供するシステム モニター プログラムです。これにより、PC 上で現在実行されているアプリケーション、プロセス、サービスを監視できます。 

タスク マネージャーを使用すると、プログラムの開始と停止、およびプロセスの停止を行うことができますが、さらに、コンピューターのパフォーマンスやネットワークに関する有益な統計も表示されます。

タスク マネージャー

タスクマネージャーの起動する方法

タスク マネージャーを開くには 4 つの方法があります。

  • Windows + R を押してファイル名を指定して実行を起動します。ダイアログ ボックスに「taskmgr」と入力し、Enter キーを押します。
  • 画面の左側の下部にある Windowsアイコンを右クリックし、利用可能なオプションのリストから「タスクマネージャー」を選択します。
  • Ctrl+Alt+Delを押します。いくつかのオプションのある新しい画面が表示されます。オプションのリストから「タスク管理」をクリックして開きます。
  • まず、ダイアログボックスに「タスクマネージャー」と入力します。表示された結果を右クリックします。「管理者として実行」を選択します。

タスクマネージャーが応答しないときの起動方法 

ほとんどのWindowsユーザーは、ディスク使用率100%エラーやタスクマネージャーが開かないというエラーに不満を抱いている。タスクマネージャーの最大の特徴は、反応しないアプリやプログラムをワンクリックで強制終了できることです。タスクマネージャー自体が起動しなくなった場合は困ります。

これから、タスクマネージャーが応答しない問題を解決する方法をいくつか紹介します。修復する前、データの安全を確保するために、重要なファイルやアプリなどをバックアップする方がいいと思われています。ここでは、EaseUS Todo Backup Free という信頼性の高いデータバックアップソフトをお進めします。このソフトはシンプルなUIを持ちながら、ディスク、パーティション、OS、ファイルのバックアップを作成し、ローカルドライブ、外付けハードドライブ、NAS、ネットワーク、クラウドに保存する強力な機能を持っています。コンピュータで何かの作業を行う前にこのソフトを使って、重要なすべてをバックアップすれば、データ損失に遭遇する可能性がなくなるでしょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

ではこれから、解決策を一緒に見ていきましょう。

解決策1.Windowsを最新バージョンにアップグレードする

多くのユーザーが特定の問題に直面すると、Microsoftはそれを修正するための新しいアップデートを発行します。Windowsにも、問題を解決するための更新プログラムが提供されている可能性があります。 

「設定」>「更新とセキュリティ」>「Windows Update」>「更新プログラムのチェック」に移動します。 

更新プログラムのチェック

更新プログラムをインストールすると、この問題、またはWindowsコンピューターで発生する可能性のある他の問題も解決されます。

*注:最新バージョンにアップグレードする前に、上記のEaseUS Todo Backupでデータをバックアップするのを忘れないでください。

コンピュータ上で利用可能なアップデートがない場合は、次の解決策を試してください。

解決策2.ユーザー アカウントを変更/切り替える

プロフィールに何らかのエラーがあるか、管理者がアクセスを許可していないことが原因である可能性もあります。なたがこのコンピュータの所有者でありながら、それでもタスク マネージャにアクセスできない場合は、ユーザー アカウントを切り替えて、問題が解決できるようになります。

ステップ1.切り替える前に新しいユーザー アカウントを作成する

手順1.「スタート」メニューのダイアログ ボックスに「設定」と入力し、「アカウント」 をクリックします。

手順2.「他のユーザー」オプションをクリックします。「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択します。 

その他のユーザーをこのPCに追加

Windowsのご案内に従って、新しいアカウントを作成します。新しいウィンドウが表示されたら、「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。

手順3.「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」オプションを選択します。Windowsでは、新しいMicrosoftアカウントを作成するように求められます。すべての詳細を入力し、覚えやすいパスワードを選択してください。

ステップ2.ユーザーアカウントを切り替える

手順1.「設定」 > 「アカウント」 > 「あなたの情報」に移動します。

手順2.「Microsoftアカウントのサインインに切り替える」オプションを選択します。

手順3.ユーザー名とパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

タスク マネージャーがこのアカウントで動作しているかどうかを確認します。その場合は、古いアカウントを安全に削除して、このアカウントを引き続き使用できます。

解決策3.あらゆる方法でタスク マネージャーを有効/アクティブにする

ここでは、タスク マネージャーを有効にする3つの方法を説明します。

#1.レジストリからタスク マネージャーを有効にする

操作手順は次の通りです。

ステップ1.Windows + Rを押してファイル名を指定して実行アプリケーションを起動し、ダイアログ ボックスに「Regedit」と入力してEnterキーを押します。

ステップ2.レジストリ エディターに入ったら、左側のナビゲーション ペインを使用して次のファイル パスに移動します。

HKEY_CURRENT_USER\ソフトウェア\Microsoft\Windows\現在のバージョン\ポリシー\システム

ステップ3.システム キーが存在しない場合は、作成する必要があります。この後、レジストリ全体を作成する方法を説明します。

ステップ4.存在する項目のリストから「DisableTaskmgr」を見つけます。ダブルクリックして値に「0」を入力し、「OK」を押します。

ステップ5.コンピュータを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

レジストリが存在せず、ファイル パスがポリシーのみに設定されている場合は、レジストリを作成して必要な変更を実装してみることができます。

ステップ1.下記のパースに従って移動します。

HKEY_CURRENT_USER\ソフトウェア\Microsoft\Windows\現在のバージョン\ポリシー

ステップ2.ポリシーを右クリックし、「新規」>「キー」を選択します。

ステップ3.新しいキーに「System」という名前を付け、Enter キーを押して変更を実装します。

ステップ4.「システム」に入ったら、ウィンドウの右側にあるスペースを右クリックし、「新規」 > 「DWORD (32 ビット) 値」を選択します。

ステップ5.新しいDWORDに「DisableTaskMgr」という名前を付け、その値を0に設定します。

ステップ6.変更を保存し、エディタを終了します。

#2.CMDコマンドを使用してタスク マネージャーを有効にする

ステップ1.ダイアログ ボックスにコマンド プロンプトを入力します。「管理者として実行」を選択します。

ステップ2.次のコマンドを入力します。

REG add HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System  /v  DisableTaskMgr  /t REG_DWORD  /d /0 /f

ステップ3.Windowsがすべてのファイルをチェックしてエラーを探すため、このプロセスにはかなり時間がかかります。プロセスが完了するまで待ちます。完了してエラーが検出されたら、コンピュータを再起動して問題が修正されたかどうかを確認します。

CMDの手動編集に慣れていない場合は、レジストリ キーを自動的に変更してタスク管理を再度有効にするレジストリ ファイルを作成できます。 

ステップ1.メモ帳またはその他のテキスト エディタを開きます。

ステップ2.以下のコードをコピーし、そのまま貼り付けます。

Windows Registry Editor Version 5.00 「HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System」 “DisableTaskMgr” =dword:00000000

ステップ3.ファイルを「タスク マネージャーを有効にする」として保存します。regまたは*.reg

ステップ4.ファイルをダブルクリックして開きます。

ステップ5.レジストリ エディターが確認を求めます。確認ウィンドウで「はい」をクリックします。

ステップ6.タスク マネージャーにすぐにアクセスできるようになります。そうでない場合は、コンピュータを再起動します。

#3.グループエディターを使用する

ステップ1.Windows + R を押して、「ファイル名を指定して実行」アプリを起動します。ダイアログ ボックスに「gpedit.msc」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ2.画面の左側にあるナビゲーション ペインを使用して、次のパスに移動します。「ユーザー構成」>「管理用テンプレート」>「システム」>「Ctrl+Alt+Del オプション」

ステップ3.画面の右側に、「タスク マネージャーの削除」という名前のエントリが表示されます。ダブルクリックして設定を開きます。

ステップ4.設定を「有効」に設定し、「適用」をクリックします。次に、「未構成」または「無効」を選択し、「適用」を押します。最終的な値は「未構成/無効」です。ここでは、「有効」を選択し、外部アプリケーションやマルウェアによって実行された設定を上書きできるグループポリシーに変更を適用しました。Okを押して変更を保存し、終了します。変更を反映させるには、コンピュータを再起動する必要があるかもしれません。

解決策4.応答しないタスク マネージャーに対するその他の簡単な修正方法

  • マルウェアのスキャン
  • サードパーティのウイルス対策ソフトと最近インストールしたアプリをアンインストールする
  • システムを復元する
  • システムファイルチェッカーを実行する
  • Windowsのクリーンインストール

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコンフル/増分/差分バックアップ 自動バックアップのアイコン バックアップと復元

EaseUS Todo Backupについて詳しくは>>

EaseUS Todo Backup

PCのデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローンできる高度なクローンソフトでもあります。