> How to Use > バックアップと復元 > システムイメージとフルバックアップの違い|バックアップの基礎知識 - EaseUS

システムイメージとフルバックアップの違い|バックアップの基礎知識 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年09月21日に更新

概要:

システムイメージは、オペレーティングシステムのすべての重要なコンポーネントをバックアップし、フルバックアップは、ユーザーがデータを選択的にバックアップすることができます。システムイメージとフルバックアップのどちらにも利点と欠点があります。しかし、システムを保護し、Windowsの再インストールを避ける必要がある場合、システムイメージを選択する必要があります。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

バックアップは、重要なデータを守るための不可欠な作業の一つです。バックアップオプションに関しては、コンピュータに保存されている特定のファイルのバックアップを作成したり、
システム全体をバックアップしたりすることができます。この2つのバックアップオプションは、データを保護するために個人によって広く使用されています。システムディスク全体のバックアップを作成する場合、それはシステムイメージと呼ばれます。
一方、システムから特定のファイルを選択する場合、それは完全なバックアップと呼ばれます。この記事を読むことで、異なるバックアップの種類とその主な違いについて詳しく知ることができます。

システムイメージとは

多くの人は、バックアップファイルには音楽、ビデオ、ゲーム、その他のデータしか含まれていないと考えています。しかし、それ以外に、OSの設定からデバイスドライバ、ブックマークなど、システムイメージを選択すると、必要なコンポーネントがバックアップすることができます。データのバックアップを選択した後でも、システム・イメージのバックアップが重要である理由と原因を考慮する必要があります。しかし、システムのハードディスクがクラッシュしたり、Windowsが動作しなくなったとき、システム・イメージからその消えたデータを復元することができます。
システムイメージのバックアップには必要なドライバとプログラム・ファイルがすべて含まれているため、Windowsを簡単に復元することができます。システム・イメージに含まれるコンポーネントには、次のようなものがあります。

  • Windows にインストール済みのプログラム
  • システムの設定とファイル
  • システムドライバ
  • システム環境設定とブラウザー設定

システムイメージ

システムイメージには、オペレーティングシステム上のすべてのファイルが含まれていることがわかりましたが、システムイメージのバックアップに使用されるさまざまな方法を理解することが重要です。Windowsでシステム・イメージを作成するための最も一般的なツールは、内蔵のスナップイン・ツールです。
Windowsユーザーは、スナップインツールを利用して、ハードドライブの破損やシステムのクラッシュの際に、バックアップを作成することができます。

Windowsバックアップユーティリティもありますが、システムイメージの作成にはサードパーティソフトウェアを使用するのが一般的です。
EaseUS Todo Backupは、システムイメージの作成に広く使用されている人気か実力があるソフトウェアです。直感かつシンプルなUIデザインをもって、パソコンの知識の素人にしても、簡単に使えます。

EaseUS Todo Backupのユニークな機能には、以下のようなものがあります。

  • フル/増分/差分バックアップ
  • シンプルでスマートなクラウドバックアップを作成することができる
  • 使いやすさ
  • 外付けHDD/SSDにOSを移行することができる

要件に応じて、WindowsバックアップユーティリティツールとEaseUS Todo Backupのどちらかを選択して、システムイメージバックアップを作成することができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

1. EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックします。

1.EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックする

2. 作成したシステムイメージを選択して、「OK」をクリックして復元します。

2.復元したいファイルを参照して、「ok」をクリックする

3.復元先のハードディスクを選択します。ここでソースディスクと復元ディスクのパーティションスタイルが一緒であることを確認してください。

3.復元先のハードディスクを選択します。

4.必要に応じてディスクレイアウトをカスタマイズします。次に、「実行」をクリックして、システムのバックアップ復元を開始します。

4.システムのバックアップ復元を開始します

システムイメージとフルバックアップの区別

システムイメージの所在をご存知ですか?システムイメージとフルバックアップの違いを説明する前に、フルバックアップとそのプロセスに関わるコンポーネントを理解することが重要です。
フルバックアップでは、必要に応じてファイルやコンポーネントをバックアップすることができます。バックアップしたくない項目は除外することができます。システムイメージとフルバックアップには、大きな違いがあります。
以下に、システムイメージとフルバックアップの違いのポイントを列挙します。

バックアップ内容

システムイメージには、すべてのオペレーティングシステムファイル、環境設定、デバイスドライバ、およびバックアップする内容に関する詳細な情報が含まれています。システムイメージのバックアップを選択すると、システム上に存在するすべてのファイルがバックアップされます。また、ファイルを復元するときに、特定のコンポーネントを除外するオプションはありません。フル バックアップの場合、特定のファイルとコンポーネントのセットをバックアップおよび復元するよう選択できます。フルバックアップを行う場合、システムイメージと同様に、任意のサードパーティ製ソフトウェアまたはWindowsユーティリティの使用を選択できます。

速度と容量

システムイメージとフルバックアップの違いを概説する場合、速度とストレージ容量が2つの重要な側面となります。しかし、どちらのバックアップ方法も、バックアップ速度はデータ量に依存します。一般的に、システムイメージはより多くのファイルをバックアップし、それらを1つのファイルにまとめるため、より多くの時間がかかります。一方、通常のフルバックアップは、システムイメージよりも時間がかかりません。ストレージの容量でも、システムの基本情報がすべて含まれているため、システムイメージが圧倒的に有利です。ファイルサイズを小さくしても、システムイメージはフルバックアップよりもドライブに多くのスペースを取ります。

柔軟性

システムイメージはドライブ全体のバックアップ・コピーであるため、バックアップ処理に多くの時間がかかります。システムイメージは、バックアップから項目を除外することを選択できないため、柔軟性に欠けます。しかし、フルバックアップを選択した場合、要件に応じて特定のファイルセットのバックアップを選択することができます。フルバックアップは、システムイメージよりも動的で柔軟性に優れています。システム・イメージでは理論的には特定のファイルを選択することができますが、プロセス全体が大変な作業であり、実行するには一定レベルのスキルが必要です。

関連記事 :2022究極対策:パソコン全体をバックアップする方法

どっちがいい?

この記事では、システムイメージとフルバックアップの違いについて、詳しく説明しています。システムイメージとフルバックアップのどちらにも利点と欠点があります。しかし、システムを保護し、Windowsの再インストールを回避する必要がある場合は、システムイメージを選択する必要があります。マルウェアやウイルスに攻撃された場合でも、システムイメージ・ファイルを素早く復元し、データの損失を避けることができます。効果、柔軟性、ストレージの違いという点では、システムイメージよりもフルバックアップの方が優れています。必要に応じてファイルをバックアップし、復元することができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。