> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10でUSBエラーコード43を処理する方法

Windows 10でUSBエラーコード43を処理する方法

2016-06-07 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
データ転送などのため、USBをパソコンに接続することがよくあります。しかし、接続するとエラーコード43が出て、USBがパソコンに認識されないとの声がよくユーザーから聞こえます。この問題を解決するにはどうすればいいでしょうか?それについて皆さんに紹介します。

不明なエラーコード43

「誰かが助けて!今までUSBを無事に使えてきたんだが、先週USBをWin 10パソコンに接続して、何か故障があって認識されませんでした。デバイスマネジャーによると、エラー43が発生しUSBがパソコンに止められたようですが...Windows 10でのUSBエラーコード43に遭ったのは初めてなんで、どうすればいいだろう。このような認識されないusbメモリを復元できますか。」

皆さんは上記のような苦境に遭ったことありますか?windowsデバイスマネジャーのエラーリストを見て、エラーコード43というのが、USBには問題があると報告されて、windowsシステムがUSBを止めるの場合に現れるエラーコードです。でも心配しないで、USB自身が問題ある訳ではなくて、デバイスハードウェアやデバイスドライバーの動作がおかしいかもしれません。

では、エラー43を解決できる方法を紹介しましょう。

エラー43を解決しよう

ここで幾つかの処理法を紹介します。お役に立てば幸いです。

Win 10デバイスマネジャーを診断する

1.スタートメニューの隣の「WebとWindowsを検索」「デバイス マネージャー」と入力して検索します。「デバイス マネージャーを開くと、パソコンにインストールされたすべてのデバイスがリストで表示されます。

2.エラーが発生したデバイスを右クリックして、「アンインストール」を選択します。(デバイスがアンインストールされるというメッセージが出て、「OK」

3.デバイスマネジャーでパソコン名を右クリックして、ハードウェア変動を「スキャン」します。マネジャーがシステムをスキャンして自動的にデバイスを再インストールします。

4.デバイスを右クリックし「プロパティ」を選択します。「全般」デバイスが正常に動作しているかどうかを確認します。

パソコンのバッテリーを外してから再起動する

ラップトップの場合、パソコンのバッテリーを一旦取って、五分間ほど待つとバッテリーを入れてパソコンを再起動することで、USBエラーを修復することもあります。

USBドライバーをアップデートする

最新バージョンのデバイスドライバーをインストールしてください。エラーコード43解決に効くかも知れません。(既に最新バージョンのデバイスドライバーをインストールした場合、一旦アンインストールしてから再度インストールしてください)

システムを前のバージョンにリストアする

時々、システムの更新もエラー43を起すかもしれません。下記のプロセスのようにすればシステムをリストアできます。

コントロールパネル →  システム → システムプロテクション → システムリストア

そして一つの無料バックアップソフトEaseUS Todo Backup Freeを皆さんにおススメしたいです。直接にシステムバックアップイメージファイルからシステムをリストアすることができます。詳しい操作ガイドはこちら

エラー43が発生したUSBからデータを救出する

どうしてもUSBが認識されない時、せめてその中のデータやファイルを救出したいです。そんな場合に対し、皆さんに無料データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんに薦めます。簡単に認識できないUSBからデータを復旧できます。

EaseUSが選ばれる理由