> How to Use > 記憶媒体復旧 > USB/SD/ハードドライブの書き込み保護を解除する方法

USB/SD/ハードドライブの書き込み保護を解除する方法

2017-04-06 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
SDカードをパソコンに接続して、データを移行しようとしたのですが、SDカードは既に「書込み保護」されたとのメッセージが提示され、データを書き込むことができません。USB/SD/ハードドライブなどの記憶装置の書き込み保護を解除するには、どうすればいいでしょうか?その方法を紹介します。

「SDカードが突然に書込み保護されたのは何故ですか?SDカードにデータを入れようとしたところ、書込み保護と表示され、実行できませんでした。どうすればSDカードの書き込み保護を解除できるでしょうか?」

記憶装置の書き込み保護を解除する方法

記憶装置が原因不明で書き込み保護されたら、どうすれば解除できるでしょうか?次は幾つかの方法を皆さんにご紹介します。

方法1:物理的なスイッチで書込み保護を解除する

データセキュリティを守るため、カードに書込み保護のスイッチが加えられている型は多いです。もしスイッチがロックされたら、スイッチオンにすれば書込み保護を解除できます。

書込み保護スイッチ

方法2:Diskpartコマンドで書込み保護を解除する

  1. 1. Win + Rを同時に押して、「cmd」とタイプして、「コマンドプロンプト」を開きます。
  2. 2. 「diskpart」とタイプして開きます。
  3. 3. 「list disk」を入力してEnterを打ちます;
  4. 書き込み保護されたドライブの番号を覚えます。
  5. 4. 「select disk 0」0は書き込み保護されたドライブの番号です)を入力してEnterを打ちます。
  6. 5. 「attributes disk clear readonly」を入力してEnterを打ちます。

方法3:Registryで書込み保護を解除する

  1. 1. 書込み保護されたデバイスをWindowsパソコンに接続します。
  2. 2. 「スタート」をクリックして実行ダイアログを開きます。「regedit」とタイプして「Registry」を実行します。
  3. 3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE」をクリックして「System」を選択します。
  4. 4. 「Current Control Set」をクリックして、「Control」を選択します。
  5. 5. Storage Device Policiesをチェックして、DWORD value boxでの数値を「0」に換えてから、「OK」をクリックします。
  6. 6. パソコンを再起動します。

方法4:記憶装置デバイスの空き容量のチェック

対象の記憶装置デバイスに空き容量がないと、書き込み保護のエラーメッセージが表示されてしまいます。

Windows:「このPC」Mac:「Finder」から、対象のデバイスを選択して空き容量を確認できます。

方法5:アンチウイルスソフトの実行

コンピュータウイルスにより、記憶装置デバイスへの処理に問題が発生している場合があります。

ウイルススキャンを実行して、問題解決できます。

方法6:記憶装置のフォーマット

最後の手段として、フォーマットをすることも対処法の一つです。フォーマットすることにより、その記憶装置は再び使用可能となりますが、デバイスに保存しているデータは全て消去されてしまいます。
そのため、データ復旧ソフトによって、まずはデータを復旧させてからデバイスをフォーマットしましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

 

無料で
USBメモリを
復活する!

強力なスキャン機能で、USBメモリを含む数多くのストレージデバイスからデータを素早く復元しましょう。