> How to Use > 記憶媒体復旧 >USB/SD/ハードドライブの書き込み禁止を解除する方法

USB/SD/ハードドライブの書き込み禁止を解除する方法

さわこ
更新者:さわこ 2024/03/20
   
chalk
執筆者:chalk
   

概要:

この記事では、Windows 11/10/8/7でUSBやHDDから書き込み禁止を解除する方法を説明します。さらに、EaseUSのファイル復元ソフトウェアで全てのファイルを復元することもできます。

EaseUS Data Recovery Wizard

USBドライブのディスクが書き込み禁止されていても、慌てないでください。書き込み禁止を解除するか、別のディスクを使うことで解決できます。これはUSB、SDカード、内蔵ハードドライブ、外付けハードドライブに有効です。

Windows 11/10/8/7でディスクの書き込み禁止を修正する方法

このセクションでは、Windows 11/10/8/7でハードドライブまたはUSBドライブの書き込み禁止を無効にする手順を説明します。以下の例では、USBドライブから書き込み禁止を解除します。

ご注意:修正方法は簡単なものから複雑なものへと順に記載されています。それらを一つずつ実行し、自身でUSBフラッシュドライブ、メモリーカード、またはコンピューターのHDD/SSDから書き込み禁止を解除してください。コンピュータに詳しくない場合でも心配いりません。EaseUSのマニュアルディスク修理とデータ復旧サービスに頼ることができます。私たちの専門的な技術チームは、システム関連の問題、システムの故障、ブルースクリーン、ブートできないデバイスなどの問題を解決するお手伝いをします。

実行可能な方法 詳細手順
方法1. ロックスイッチをチェック USBまたはSDカードの物理的なスイッチをONからOFFにします。USBまたはSDカードに...詳しくは
方法2. コマンドプロンプトを実行 Windows + Rキーを押し、開いたボックスにcmdと入力します。コマンドプロンプトが起動...詳しくは
方法3. サードパーティ製品を使用 無料のソフトウェアをダウンロードし、コンピュータにインストールします...詳しくは
方法4. レジストリエディターを編集 書き込み保護されたリムーバブルデバイスをPCに接続します。レジストリエディタを...詳しくは
方法5. BitLockerを無効にする ファイルエクスプローラを開き、BitLockerパーティションまたはUSBドライブを右クリックし、「BitLockerの管理」...詳しくは

EaseUS 復元サービス

【ここをクリックして、無料で診断開始!】

EaseUSのデータ復旧専門家による1対1のマニュアル復旧サービスをご相談ください。無料診断後、以下の利点を提供することが可能です:

  • Windowsのブート問題、BSOD(ブルースクリーン)の修正
  • Windowsエラーの修正とWindows環境の設定
  • システムが起動に失敗した時の復元
  • Windowsコンピュータの最適化による動作の高速化

USBに書き込み禁止がかかった原因

ストレージデバイス上のファイルが変更や削除されるのを防止するために書き込み禁止を加えます。しかし、USBフラッシュドライブ、SDカード、内部または外部のハードディスクなどのストレージデバイスは、以下の理由により書き込み禁止されることがあります:

  • USBの物理的なスイッチがロック側にあります。
  • 誤ってUSBが読み取り専用に設定されています。
  • USBボリュームにBitLocker保護パーティションがオンになっています。
  • サードパーティの暗号化ソフトウェアやウイルスが原因で、USBに書き込み禁止されたエラーが発生しています。

唯一の解決策は書き込み禁止を解除することです。このページの完全ガイドに従うことで、再びファイルの保存や転送に適した状態にすることができます。

方法1. 物理ロックスイッチで書き込み禁止を解除

時々、USBメモリやSDカードの物理的なスイッチがロックされていると、接続するすべてのPCやデバイス上でデバイスが書き込み禁止されます。SDカード/USBから保護を解除するために物理的な制御をどのように使用するか見てみましょう:

ステップ1. USBまたはSDカードのロックスイッチを見つけて、ONからOFFに切り替えます。

ステップ2. ロックを解除したUSBまたはSDカードをコンピュータに接続します。書き込み禁止状態が消えているか確認します。

画像1 - USBメモリのロックスイッチ

USBメモリのロックスイッチ

画像2 - SDカードのロックスイッチ

SDカードのロックスイッチ

ご注意:USBにスイッチがない場合、またはUSBが書き込み禁止されているとシステムが警告する場合は、以下の方法に従って書き込み禁止を解除してください。

方法2. Diskpartコマンドで書き込み禁止を解除

このオプションは、ドライブの読み取り専用属性をクリアして書き込み可能にします。これは内部ドライブ、外部ドライブ、USBドライブ、さらにはSDカードにも適用できます。

Diskpartコマンドを使用して問題を修正する方法を見てみましょう:

ステップ1. Windows + Rキーを押し、開いたボックスに「cmd」と入力し、Enter を押します。

ステップ2. コマンドプロンプトが起動します。そして、「diskpart」と入力し、Enter を押します。

ステップ3.「 list disk」と入力し、Enterを押します。

ステップ4. 「select disk 2」と入力し、Enterを押します。2を書き込み禁止されているデバイスの番号に置き換えます。

ステップ5. 「attributes disk clear readonly」と入力し、Enterを押します。

ステップ6. 書き込み禁止の解除が完了したら、「exit」と入力して Diskpart を終了します。

Diskpartコマンドで書き込み保護を解除

これを行った後、PCを再起動し、再度USBやハードドライブ上の保存されたデータにアクセスし、使用できるか確認してください。ビデオチュートリアルが好みであれば、このビデオを見てディスクが書き込み禁止されているエラーを修正することができます。

  • 0:35:レジストリエディターを使用した書き込み禁止の解除方法
  • 2:14:CMDを使用して書き込み禁止を解除する
  • 3:27:EaseUS Partition Master を実行する

方法3. サードパーティツールで書き込み禁止を解除

自分をプロのコンピューターユーザーとは思わず、コマンドラインに慣れていない方でも心配いりません。グラフィカルベースのソリューションを使えば、ハードドライブ、USBドライブ、さらにはSDカードから書き込み保護を解除することが可能です。

EaseUS CleanGenius は、コマンドラインについて何も知らなくても、あなたのドライブ上の前述の問題を解決するのに役立つツールの一つです。

以下に、このツールを使って問題を解決する方法についての分かりやすいガイドを示します:

ステップ1:まず、SDカードをPCに差し込みます。そして、PC で EaseUS CleanGenius を実行し、最適化の「書き込み保護」を選択します。

書き込み保護

ステップ2:書き込み保護されているデバイスを選択し、「無効」をクリックして保護を解除します。

方法4. レジストリエディターを使用して書き込み禁止を解除

レジストリエディターも、USB、SD、内部/外部のHDD/SSDの書き込み禁止エラーを修正するのに役立ちます。これは高度な手順であり、何をしているのか確信がない場合、この方法を使用すべきではないでしょう。コンピュータのレジストリに誤った調整を行うと、多くの問題が発生する可能性があります。

この方法を使用してWindows 11/10/8/7/XP/Vistaのコンピュータから書き込み禁止を解除する際には注意が必要です:

ステップ1. 書き込み禁止されたリムーバブルデバイスをPCに接続します。

ステップ2. Windows + Rキーを押し、ボックスに「regedit」と入力し、Enterを押します。

ファイル名を指定して実行ボックスに「regedit」を入力

ステップ3. 「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「System」→「CurrentControlSet」→「Control」をクリックます。

レジストリエディター

ステップ4. 「StorageDevicePolicies」をクリックして、そのDWORDの値を「0」に変更して、「OK」をクリックします。

ステップ5. 最後はレジストリエディタを終了し、PCを再起動します。

方法5. BitLockerをオフにして書き込み禁止を解除

ハードドライブのパーティションにBitLockerが有効になっていると、その暗号化機能でファイルを保護します。BitLockerパーティションに変更を加えるためには、まず保護を解除する必要があります。以下に、BitLocker暗号化を無効にし、ディスクをアンロックするための詳細な手順を示します:

ステップ1. ファイルエクスプローラを開き、パーティションまたはUSBドライブを右クリックし、「BitLockerの管理」を選択します。

BitLockerの管理

ステップ2. 「BitLockerを無効にする」をクリックします。

BitLockerを無効にする

ステップ3. 暗号化が解除されるまでお待ちください。

暗号化を解除しています...

この後、BitLockerをオフにして、USBパーティション上のデータを管理し、新しいファイルを保存することができます。

書き込み禁止解除後のデータ復元とUSBフォーマット

ストレージデバイスから書き込み禁止を解除した後、ファイルにアクセスしてUSBフラッシュドライブや外部USBドライブの内容を変更することができます。

しかし、ファイルが失われた場合やUSBが依然としてアクセスできない場合は、以下の2つの方法に従ってください:

1. USB書き込み禁止を解除した後に失われたファイルを復元する

EaseUS Data Recovery Wizard をダウンロードして、書き込み禁止を解除する過程で失われたデータを回復します。このソフトウェアは、ハードドライブの回復、SDカードの回復、USBドライブの回復などにも適しています。

ステップ1.場所の選択

ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンとファイルの選択

スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フォルダ」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフォルダまたは種類を選択してください。(復元したいファイルを素早く指定し、プレビューすることができます。)

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復旧場所を選んでリカバリー

復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。(ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。)

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

2. USBドライブをNTFSまたはFAT32にフォーマットする

USBドライブが良好な状態を維持するためには、USBをNTFSまたはFAT32のファイルシステムにフォーマットします。

USBドライブをフォーマットするには、それをコンピュータに接続し、以下の手順でディスク管理を使用してフォーマットします:

ステップ1. Windows + Rキーを押して、開いたボックスに「diskmgmt.msc」と入力し、Enterを押します。

diskmgmt.msc

ステップ2. ストレージの下にあるディスク管理をクリックし、USBを右クリックしてフォーマットを選択します。

ステップ3. USBドライブのフォーマットとしてFAT32またはNTFSを選択し、OKをクリックして確認します。

(FAT32は32GB以下の容量に、NTFSは64GB以上の容量に適しています。)

USBをフォーマットする

まとめ

この記事では、USB、SDカード、または内部/外部ハードドライブの書き込み禁止問題を解消するための5つの方法を提供しています。

  • USBやSDカードの物理的なスイッチをオフ状態に切り替える
  • Diskpartコマンドを使用して書き込み禁止を解除する
  • USB書き込み禁止解除ツールの使用
  • レジストリエディターのDWORD値を0に変更する
  • BitLockerパーティションの暗号化を無効にする

Windows 11/10/8/7のUSBドライブから書き込み禁止を解除する方法を探しているなら、上記のガイドがすべての書き込み禁止を解除するために必要なものです。

ディスク書き込み禁止に関するFAQ

以下に、ストレージデバイスの書き込み禁止を解除する際に役立つ、よくある質問とその回答を示します。

1. Micro SDカードから書き込み禁止を解除する方法は?

SDカードから書き込み禁止を解除するには、以下の手順に従ってください:

  • 1. コマンドプロンプトを管理者として実行します。
  • 2. diskpart.exe. を入力します。
  • 3. list disk. を入力します。
  • 4. select disk + number. を入力します。
  • 5. attributes disk clear readonly. を入力します。

より詳細なガイドは、書き込み禁止を解除する方法と書き込み禁止されたSDカードをフォーマットする方法のガイドに従ってください。

2.一つのファイルから書き込み禁止を解除するにはどうすればよいですか?

ファイルやフォルダが読み取り専用の状態でロックされている場合、以下のヒントで書き込み禁止状態から解除することができます:

  • フォルダを右クリックし、プロパティを選択します。
  • 一般タブで、属性セクションの隣にある読み取り専用のチェックを外します。
  • OKをクリックします。

Remove write protection from a single file

3.フラッシュドライブに書き込み禁止を追加する方法は何ですか?

USBフラッシュドライブに書き込み禁止を有効にする方法は3つあります:

  • USB書き込み禁止スイッチを使用する。
  • Diskpartを使用して読み取り専用の設定を変更する。
  • USBのプロパティでセキュリティ許可を変更する。

4. シーゲイト外付ハードディスクドライブから書き込み禁止を解除するには?

Seagate の外付けハードドライブから書き込み禁止を解除する方法は以下の通りです。まず、Seagate の外付けハードドライブをPCに接続し、そのディスク番号を覚えておきます。次にコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを一つずつ入力し、それぞれの後でEnterキーを押します。

  • diskpart
  • list disk
  • select disk n ( n は書き込み禁止された Seagateの外付けハードドライブのディスク番号と置き換えてください)
  • attributes disk clear readonly

これを終えたら、ディスク上のファイルが見つからない場合は、信頼性のある Seagateデ ータ復旧ツールを使用して貴重なファイルを回復することを検討してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

タイムライン

お問い合わせ

主な内容: