> How to Use > 記憶媒体復旧 > 解決済み:USBメモリがPCに認識されない

解決済み:USBメモリがPCに認識されない

Tioka

Tioka

|カテゴリ:記憶媒体復旧| 2021年03月11日に更新

主な内容:

概要:

USBメモリをパソコンに差し込むと、PCに認識されなかったり、中のデータにアクセスできなかったリすると、どうしたらいいですか。この記事では、PCがUSBメモリを認識しない時の対処法を皆さんに紹介していきたいと思います。これらの対処法を参照して、簡単にこのUSBメモリの認識問題を解決してみましょう。

EaseUS Data Recovery Wizard

「USBメモリをパソコンに接続しても、PCがUSBメモリを認識しませんでした。その中に多数のファイルが入っており、それらのファイルが失われたら、本当にきついです。昨日の夜、そのUSBを使ったばかりでその時は正確に認識されたんですが、急に認識されなかったのはどうしてですか。中に保存しているファイルは本当に大事なファイルなので、せめてデータ復旧だけでもやりたいと思うので、USB認識問題の解決方法、または認識されないUSBメモリのデータ復旧方法を必ず教えてください。」

PCがUSBメモリを認識できない原因

WindowsでPCがUSBメモリを認識できない原因はたくさんあります。単にUSBメモリが認識されないといえば、多くの原因が考えられます。大きく分けたら、主に下記の3つの原因があります。

  • パターン1.USBメモリ自体、またはUSBボートが壊れている。
  • パターン2.USBメモリがPCに認識できるが、正確に認識されない。
  • パターン3.USBメモリには読み書き保護(実行保護)があります。

以上の原因によって、その症状もそれぞれ異なります。

パターン1は明らかにUSBメモリの物理障害に属します。USBメモリをパソコンに接続しても、まったく反応がなく、ファイルエクスプローラーでもドライブのアイコンが表示されない。
パターン2とパターン3は、論理障害に属します。USBメモリがパソコンに正確に認識されなくても、ファイルエクスプローラーでドライブアイコンの表示があります。また、ファイルエクスプローラーでUSBメモリのアイコンがなく、「ディスクの管理」で表示がある場合も論理障害に属している。

ヒント
物理障害の場合は、自分で修復することがほぼ不可能なので、早めに専門修理業者に修理の依頼を出してはいけません。その一方、論理障害の場合は、下記の各対処法を一々試してみると、自分で簡単に修復することが可能です。

USBメモリ自体、USBボートが壊れていることでPCに認識されない

一般的には、USBメモリ自体、またはボートが壊れている場合は、物理障害なので、修復することが難しいです。本当にUSBメモリに物理的な損傷があり、パソコンに認識されない場合、新しいUSBメモリに買い替えることがこちらのおススメです。ただし、パソコン側にはUSBボートが1つだけあるわけではないので、PCがUSBメモリを認識しないなら、他のUSBボートに挿入するか、他のパソコンに挿入するかも、役に立つ対処法です。

なお、USBメモリにもUSBボートにも不具合がなく、ただUSBボートに埃がたまっていることが認識されない原因になっている場合、USBボートを掃除するのも応急処置として悪くもない手段だと思います。

USBメモリの論理障害でパソコンに認識されない

USBメモリの論理障害が発生すると、多くの場合は、USBメモリのドライブアイコンがファイルエクスプローラーで表示されないが、「ディスクの管理」でドライブのアイコンがあります。なお、ドライブアイコンが表示されてもその中にアクセスできないことも多いでしょう。このような場合は、何等か工夫して修復することが可能です。

  • USBメモリのドライブアイコンが表示されるがアクセスできません

もし、USBメモリをパソコンに接続して、ドライブアイコンをダブルクリックしてその中にアクセスしようとすると、すぐに「アクセスが拒否されました」と表示され、アクセスに失敗したのは、パソコンがアクセスする試みをしているユーザーがアクセス許可がないと判断しているからです。

このような場合は、アクセス許可を取得する必要があります。アクセス許可を取得する方法はリンクページをチェックしてください。

なお、「フォーマットされていません。」「フォーマットする必要があります。」といったメッセージが表示されるなら、USBのファイルシステムがraw(未加工)の状態で修復することが必要となります。もちろん、USBのファイルシステムを修復したらいいのですが、多くのユーザーがファイルシステムの修復方法が分かっていません。

このような場合は、エラーメッセージが示すように、フォーマットするのは一番効果のある対処法です。フォーマットしたら、全ての大事なデータが消えてしまったのは不本意です。なので、ファイルシステムを修復作業に移る前に、データ復旧ソフトを用いて、データを事前に抽出することが大事です。

下記は、操作性や効率性が兼ね備えているデータ復旧ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardを用いて、そのようなUSBメモリからデータを抽出する簡単な方法を書いてきます。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいUSBメモリを選択した上、「スキャン」をクリックします。

USBメモリデータ復元1

ステップ2.USBメモリへのスキャンが始まります。ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、USBメモリを全体的にスキャンします。

USBメモリデータ復元2

ステップ3.スキャンが完成すると、USBメモリにあったデータがすべて表示されます。その中から復元したいデータを選択して「リカバリー」をクリックします。

USBメモリデータ復元3

対処法:USBメモリがパソコンに認識されない

対処法1.USBメモリのドライバーを再インストール

まず、USBメモリはストレージデバイスとして認識できない場合、USBメモリのドライバーを再インストールすれば解決できると思います。

1.デバイスマネージャーを開き、USBメモリを右クリックして、「アンインストール」を選択してください。
2.それからUSBメモリをパソコンから取り外して、数分後に再接続すれば、ドライバーが自動的に再インストールすることは可能です。

もし、ドライバーが正確にインストールされていると、もう一度USBメモリをパソコンに挿入してください。

対処法2.CHKDSKコマンドでUSBメモリのファイルシステムを修復

一般的に、ファイルシステムの破損はUSBメモリの認識問題を起こさせてしまう可能性があります。そこで、PCがUSBメモリを認識しないエラーを解決するため、まずファイルシステムを修復する必要があります。

1.Win+Rキーを同時に押してcmdを入力して、ファイル名を指定して実行のウィンドウを開きます。

2.「chkdsk d:/f」(dは外付けUSBメモリのドライブ文字です)を入力し、エンターをクリックします。半時間ぐらいでUSBメモリの修復が完了できます。

対処法3.フォーマット

ディスク管理で、当該USBメモリを右クリックして「フォーマット」を選択してください。
それから、ドライブも文字やファイルシステムなどを指定すると、「OK」をクリックすれば、フォーマットを実行することは可能です。

警告
注意:フォーマットすることによって、USBメモリに保存しているデータがすべて消去されますので、フォーマットを行う前に前文で触れたデータ復旧ソフトでデータを抽出してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ