> How to Use > データ復旧 > EaseUS Tips|BitLockerを無効化にする方法

EaseUS Tips|BitLockerを無効化にする方法

Tioka

Tioka

|カテゴリ:データ復旧| 2021年09月18日に更新

主な内容:

概要:

この記事では、Windows 10でBitLocker機能を無効化にする方法を皆さんに紹介します。コントロールパネル、コマンドプロンプト、グループポリシーなどのツールを使って、BitLockerを無効にすることもできるので、これらの方法の詳細手順を知りたい場合は、本文を見逃しないでください。

EaseUS Data Recovery Wizard

Windows 10のBitLockerについて

BitLockerは多くのユーザーにとって必要なツールではないとはいえ、このツールはドライブ及びその中のデータを完全に保護できます。このツールは、パソコンの内蔵ディスク、外付けディスク及びリムーバブルディスクの暗号化を実施することができます。ドライブに非常に機密文書がある場合、BitLocker機能を有効にした方が良いのでしょう。

ただし、BitLockerが非必要なユーザーにとって、BitLocker機能を無効にする必要があります。それでは、BitLockerを無効にするには、どうしたらいいですか?本文では、様々な方法でBitLockerを徹底的に無効にする方法を皆さんに紹介するので、参照してください。

bitlocker windows 10

注①:BitLockerはWindows 10のHomeエディションで利用できません。Pro、Enterprise及びEducationエディションに内蔵している機能です。

注②:BitLockerは、ハードディスク/ドライブ全体を暗号化するために開発されたツールとして、単一のファイル/フォルダーのみを保護することができません。特定のファイルやフォルダーを保護するには、ファイル暗号化プログラムを利用してください。

方法5選|BitLocker暗号化を解除する

Windows 10で、BitLockerによる暗号化を解除する方法はたくさんあります。次は、これらの方法を1つずつ皆さんに詳しく紹介します。

方法1.コントロールパネルでBitLockerをオフにする

ステップ1.「コントロールパネル」>「Bitlockerドライブ暗号化」の順にクリックします。

ステップ2.ここでBitlockerの有効状態を確認することができます。ドライブのBitlockerロックが有効にされている場合、「Bitlockerを無効にする」という項目があります。ここで「Bitlockerを無効にする」をクリックします。

bitlockerでロックがかかったドライブ

ステップ3.ここで「ドライブの暗号化は解除されます。この処理には時間がかかることがありますが、暗号化解除プロセスの間はPCを使い続けることができます。」という提示メッセージが表示されます。ここで「Bitlockerを無効にする」ボタンをクリックします。

bitlockを無効にする

方法2.コマンドプロンプトでBitLockerを無効にする

Windows 10でコマンドプロンプトを使ったら、手動でBitLockerを無効にすることもできます。

ステップ1.コマンドプロンプトを管理者として実行します。

ステップ2.「manage-bde -off X:」というコマンドラインを入力して、エンターキーを押します。(ここでXをBitLocker暗号化を解除したいドライブの文字に置き換える必要があります。)

方法3.Windows 10のPowerShellでBitLockerを無効にする

手動ででBitLockerを無効にすることができるもう1つのツールは、PowerShellです。このツールの使い方はコマンドプロンプトと同じようになっています。

ステップ1.Windows検索ボックスで「PowerShell」を検索して、それを管理者として実行します。

ステップ2.「Disable-BitLocker -MountPoint "X:"」を入力してエンターキーを押します。(ここでXをBitLocker暗号化を解除したいドライブの文字に置き換える必要があります。)

ステップ3.もし複数のドライブのBitLocker暗号化を一括に解除したい場合は、下記のコマンドラインを入力する度に、エンターキーを押します。

  • $BLV = Get-BitLockerVolume
  • Disable-BitLocker -MountPoint $BLV

方法4.Windows 10のグループポリシーエディターでBitLockerを無効にする

Windowsのローカルグループポリシーエディターを使って、BitLockerによって暗号化されているドライブを管理することができます。前述の方法と比べてちょっとややこしいと思いますが、下記の操作手順を参照して確実にBitLockerを無効にすることができます。

ステップ1.Windows + Rキーヲ同時に押して、ファイルを指定して実行を呼び出します。ここで、「gpedit.msc」を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

グループポリシーエディタでbitlockerを無効にするステップ1

ステップ2.ここでローカルグループポリシーエディターが開かれます。このウィンドウで下記のパスに移動します。

コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→BitLockerドライブ暗号化→固定データドライブ

ここで「BitLockerで保護されていない固定ドライブへの書き込みアクセスを拒否する」をダブルクリックします。

グループポリシーエディタでbitlockerを無効にするステップ2

ステップ3.「無効化」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

グループポリシーエディタでbitlockerを無効にするステップ3

方法5.WindowsサービスでBitLockerを無効にする

Windowsサービスで、パソコンで利用中のすべてのサービスの状態を管理することができます。だから、これを使って、BitLockerを無効にすることもできます。

ステップ1.ステップ1.Windows + Rキーヲ同時に押して、ファイルを指定して実行を呼び出します。ここで、「services.msc」を入力して、「OK」ボタンをクリックします。

Windowsサービスでbitlockerを無効にするステップ1

ステップ2.サービスウィンドウで「BitLocker Drive Encryption Service」という項目をダブルクリックして、プロパティを開きます。

Windowsサービスでbitlockerを無効にするステップ2

ステップ3.スタートアップの種類で「無効」を選択して、「OK」ボタンをクリックします。

Windowsサービスでbitlockerを無効にするステップ3

追加ヒント:BitLockerドライブからデータを復元する方法

BitLockerは、ドライブを暗号化してその中のファイルを保護することができますが、ファイルの誤削除、破損障害などを防ぐことができません。だから、BitLockerによって暗号化されているドライブでも、データ損失事故がよく発生します。このような場合、このドライブをどうやって復元すればいいですか?

次は、BitLockerドライブにも完璧に対応可能な専門データ復旧ソフトを使って紛失したファイルを復元する方法を皆さんに紹介します。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面で復元したいドライブを選択した上、「スキャン」をクリックします。(BitLockerによって暗号化されている場合は、パスワードが求められます。)

Bitlocker暗号化ドライブの復元ステップ1

ステップ2.パスワードが正しい場合、選択したドライブへのスキャンが行われます。このスキャン操作によって、このドライブに既存のデータや紛失したデータがすべてリストに常時されます。

Bitlocker暗号化ドライブの復元ステップ2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わると、ファイルのリストから復元したいファイルを選択して「リカバリー」をクリックすることで、他の場所に保存します。

Bitlocker暗号化ドライブの復元ステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ