> How to Use > バックアップと復元 > GPTディスクをSSDにクローンした後、Windowsが無事に起動!

GPTディスクをSSDにクローンした後、Windowsが無事に起動!

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Pちゃん | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年10月14日に更新

概要:

GPT HDDからSSDにOSやデータを移行すると、Windowsが起動できなくなることが起こるかもしれません。起動に失敗しないように、EaseUS Todo Backupの「クローン」機能を利用することをお勧めします。システムもデータも一緒にGPT HDDからSSDにクローンする最もシンプルで簡単な方法です。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

GPTディスククローニングの概要

SSDは従来のハードディスクと比較して、データの読み書きや転送のスピードが速い、データを安全に保護し、厳しい環境下でも優れた性能を発揮します。それらのメリットで、SSDはますます人気者になりました。そして、多くのユーザーが古いHDDをSSDにアップグレードすることを決めました。

GPTディスクとは?

GPTのディスククローンを説明するために、まず、GPTとは何かを説明したいと思います。GPTはGUID Partition Tableの略で、すべてのパーティションがどのように構成され、ドライブ全体でどのようにオペレーティングシステムが起動されるかというデータを保存しています。パーティションが消去されたり、損傷したりしても、一部のデータは起動し、回復することができます。

新しいディスクを使用する場合、まずMBRかGPTのどちらかに初期化する必要があります。どちらのパーティションスタイルを選ぶべきかは、ランダムに決められるものではありません。それはコンピュータの起動方法と関係があります。MBRはBIOSで起動し、UEFIはGPTを起動します。

GPTディスクをMBR SSDにクローンできますか?

一般的に、GPTディスクをMBR SSDにクローンすることができます。通常、GPTディスクから新しいSSDにクローンするなら、まずディスクの管理でSSDをGPTに初期化する必要があります。もしSSDが前から使用されていて、MBR SSDだとしたら、初期化する必要はなく、専門的なクローンツールを使用すれば、クローン作業はすぐに終えるでしょう。EaseUS Todo BackupはWindows 11/10/8/7でGPTディスクをSSDにクローンすることができます。クローン後、Windowsが起動できないことなどを心配する必要がありません。

related articles

MBR と GPTの違い、それぞれの特徴、確認方法、相互変換方法など

MBR と GPTは皆さんがよく利用するパーティション形式です。本記事は、MBR と GPTの違い、それぞれの特徴、又は確認方法を紹介する上、MBR と GPTの相互変換方法を皆さんに紹介したいと思います。

Migrate Windows 10 from HDD to SSD

Windows 10/8/7でGPTディスクをSSDにクローンする方法

EaseUS Todo Backupはトップデータバックアッププログラムの一つで、変換せずに直接GPTディスクをSSDにクローンでき、保存先ディスクは起動可能なままである。

直感的なインターフェースで、このアプリケーションを使用して、全体または選択的なファイルバックアップ、ディスク/パーティションバックアップ、Outlookバックアップ、クラウドバックアップ、およびシステムバックアップを簡単に行うことができます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

SSDが空のディスク(未割り当て領域として表示)である場合、クローンを作成する前に、まずSSDをGPTディスクに初期化することができる。しかし、すでに使用されている場合は、GPTディスクであろうとMBRディスクであろうとクローンを開始することができます。

EaseUS Todo Backupの使い方は下記の通りです。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.ソースディスクを指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先を指定します。(クローン先がSSDだったら、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

SSDをMBR/GPTに初期化する方法

これからは、新しいSSDをMBRまたはGPTに初期化する方法を紹介します。初期化する作業は、何かのソフトを利用しなくても、Windows システムの中で行うことができます。

ステップ 1. SSDがコンピュータに正しくインストールされていることを確認し、「ディスクの管理」に進みます。

ステップ2. 初期化したいSSDのところで右クリックし、「ディスクの初期化」をクリックします。ディスクがオフラインと表示されている場合は、まずディスクを右クリックしてオンラインに変更してください。

ステップ3.「ディスクの選択」で、初期化したいディスクを選択します。そして、OKをクリックして、デフォルトのパーティションスタイルを受け入れるか、または必要に応じてパーティションスタイル(GPTまたはMBR)を変更することができます。

MBRディスクからGPTディスクへのクローンした後、起動失敗した?

MBRディスクをGPT SSDにクローンする際に、トラブルが発生する可能性があります。それは、ディスククローンでOSをSSD/HDDに移行する場合、クローンする元のディスクとクローンを受け取る先のディスクの両方がMBRディスクかGPTディスクでなければならないからです。そうでなければ、ディスククローンの後、起動失敗の問題が発生かもしれません。では、どのようにMBRディスクをGPTにクローンすれば、問題が発生しないのでしょうか?

関連記事:【簡単・迅速】MBRをGPT/SSDにクローンする方法

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

よくある質問

1. GPTディスクをクローンできますか?

はい、ソースディスクとターゲットディスクが接続されている限り、EaseUS Todo BackupのようなサードパーティツールでGPTディスクのクローンを作成することができます。

2.どうすればGPTディスクをより小さいSSDにクローンできますか?

クローンを始める前に、ソースGPTディスクの使用領域を確認する必要があります。GPTディスクの使用領域がターゲットSSDより小さければ、大きいGPTディスクから小さいSSDにクローンすることができます。

ステップ1. ディスクの管理に移動し、ソースGPTディスクの使用領域を確認し、ターゲットSSDの領域ボリュームより小さいことを確認します。

ステップ2. EaseUS Todo Backupを起動し、「ツール」→「クローン」をクリックします。

ステップ3. ソースディスクまたはパーティション、およびターゲットディスクを選択します。

ステップ4. クローンがターゲットディスク/パーティション上のすべてのデータを永久に消去し、「続行」をクリックして次のステップに進みます。

ステップ5. 次へ をクリックして、クローンを開始します。

:もしSSDがMBRで、クローンした後、SSDから起動したい場合、クローンした後、或いはクローンする前に、SSDをMBRからGPTに変換することを確認してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。