> How to Use > バックアップと復元 >【おすすめ】SDカードのバックアップデバイス

【おすすめ】SDカードのバックアップデバイス

Pちゃん | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年11月17日に更新

概要:

SDカードのバックアップデバイスは、重要な写真、ビデオ、オーディオ、およびドキュメントを保存するのに役立ちます。SDカードは、カードサイズ、性能速度、ストレージ容量によって異なるタイプが存在します。この記事では、トップ5のSDカードバックアップデバイスと便利なSDカードバックアップソフトウェアを紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

SDカードは、重要な写真、文書、ビデオ、音楽などを保存するのに役立つため、重要なストレージデバイスです。ビデオグラファーや写真家として、SDカードは、デジタルカメラのストレージ容量を拡張するのに便利になります。

sdカードイメージ

SDカードのデータをバックアップして、破損や故障の際に不安を解消する様々な方法があることをご存知でしょうか?この記事では、SDカードの種類、適切なデバイスを選択する方法、2022年のトップ5バックアップデバイス、SDカードのデータをバックアップするための代替ソフトウェア(EaseUS Todo Backup Free)の概要を説明します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

SDカードバックアップデバイスが必要な理由

SDカードバックアップデバイスを使用したい理由の第一は、データ損失の際のデータのセキュリティのためです。バックアップをとっておけば、SDカードが壊れたり損傷したりしても、ドキュメント、音楽、ビデオ、写真などにアクセスできることを保証します。また、誤ってSDカードに保存されているファイルを削除してしまう可能性もあります。

バックアップデバイスは、あなたが失われたデータについてあまり心配する必要はありませんので、そのような状況で便利になります。それはほとんどいっぱいになっている場合、それはあなたのSDカード上のスペースを解放するのに役立ちますので、SDカードのバックアップデバイスはまた重要である。バックアップデバイスにデータを移動すると、SDカードに追加のファイルを保存するためのスペースが作成されます。

SDカードバックアップデバイスのさまざまな種類

SDカードは、サイズ、互換性、速度によってさまざまな種類が存在します。それらは以下の通りです。

1.セキュアデジタル(SD)カード

メモリーカードの種類では最も古いタイプ。最新世代に比べると大型で、サイズは32mm×24mm×2.1mm。このカードは、最大4GBのストレージと10mbpsの転送速度を提供します。

2.SDHC(Secure Digital High Capacity)カード

高解像度の動画撮影や画像編集に対応したSDカードのリファイン版です。SDカードと同様の物理的特性を持ちながら、より高速な転送速度を実現しています。また、ベーシックなSDカードよりも大容量(32Gb)のストレージを提供します。

3.SDXC(Secure Digital Extended Capacity)カード

SDHCと比較して、SDXCはより大きなストレージ容量を提供し、より効率的です。主に写真家やゲーマーにメリットがあります。これらのデバイスのほとんどは、64GBから2TBのストレージを搭載しています。

4.マイクロSDカード

マイクロSDは、その名の通り、SDカードの軽量版であり、ほぼ同様の機能を備えています。その主なセールスポイントは、そのサイズ(小ささ)と携帯性です。最大16GBのデータを保存することができ、転送速度は8mbpsです。

5.マイクロSDHCカード

マイクロSDを改良したメモリーカード。後者の容量不足を解消するために開発されました。最大32GBのデータを保存でき、スマートフォンのメインユーザーに適しています。また、データ転送速度は10mbpsです。

6.マイクロSDXCカード

マイクロSDの最新版で、先進の機能を搭載しています。32GBから2TBまでの大容量ストレージスペースを提供します。いくつかのファイルを削除したり、余分なファイルのためのスペースを作成するためにSDカードを空にする必要はありません。

7.コンパクトフラッシュカード

コンパクトフラッシュカードは、他のSDカードよりも物理的に大きく、大容量のストレージを備えています。また、ファイルやデータの転送速度も超高速です。

自分に合ったSDカードバックアップデバイスの選び方

SDカードバックアップデバイスを探すときに考慮すべき最初のことは、その性能速度です。データ転送速度は、特定のファイルをSDカードにコピーする時間を節約するのに役立つので、不可欠です。コンパクトフラッシュカードの転送速度が最も速く、SDカードは最も遅いです。

次に、適切なSDカードを検討する際には、そのストレージ容量を確認する必要があります。良いSDカードは、容量不足になることなく、ファイルを保存できるはずです。考慮すべきもう一つの要素は、カードサイズです。マイクロSDは最も小さいサイズで、SDカードは平均的なサイズです。コンパクトフラッシュカードは最も大きなサイズです。

2022年に発売されるSDカードバックアップデバイスのTOP5

下記の表は、TOP5のSDカードバックアップデバイスの概要を説明します。価格、機能、および性能に基づいて、それらを比較します。

デバイス名 価格 機能 パフォーマンス
シーゲイトポータブル2TB外付HDD 8,000~20,000円
  • 最大2TBのコンテンツを保存可能
  • MacおよびWindowsコンピュータで動作します。
20 Mbps
WD 2TB ポータブル HDD 14,000~20,000円
  • USB3.0および2.0に対応。
  • Windows 10/8/6用NTFSファイルシステム
高速データ転送
東芝 Canvio 2TB ポータブル外付けHDD 8,000~13,000円
  • プラグアンドプレイを可能にする
  • USB2.0および3.0に対応。
記載なし
Crucial MX500 1TB NAND SATA 2.5インチ内蔵型 SSD 10,000~12,000円
  • 電力損失に対する耐性を内蔵
  • データの暗号化機能を使用
読み出し速度560Mbps、書き込み速度510Mbps
シーゲイト (STGD2000100) PS4システム用ゲームドライブ 2TB 外付けHDD 18,000~32,000円
  • PS4で50本以上のゲームを保存可能
  • USB接続でプラグアンドプレイが可能
記載なし

おすすめSDカードバックアップソフト-EaseUS Todo Backup Free

上の表で紹介したデバイスは、すべて物理的なSDカードのバックアップ技術です。それらは時に破損や盗難の危険性があるため、持ち運びに問題がある場合があります。SDカードのデータやファイルをバックアップするフリーソフトなら、EaseUS Todo Backupが最適なソリューションです。

このソフトウェアでは、NAS、クラウド、ローカルドライブにバックアップを保存することができます。EaseUSが提供するクラウドバックアップサービスは、柔軟で安全、かつ費用対効果に優れています。ユーザーに、250GBのクラウドストレージスペースが無料で提供されます。EaseUS Todo Backup Freeのその他の機能は以下の通りです。

  • 簡単なバックアップ管理
  • ブータブルバックアップとリカバリー
  • バックアップのスケジューリング
  • パスワードで保護されたバックアップ
  • マルチパスバックアップストレージ

今すぐEaseUS Todo Backup Freeの無料版をダウンロードして、SDカードのデータバックアップを便利に活用しましょう。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

SDカードバックアップデバイスに関するよくある質問

SDカードに保存されるデータの寿命は?

SDカードは長期間のデータ保存用ではありません。常にデータをバックアップするようにしてください。ただし、通常の環境下では、SDカードは最大10年間データを保存することができます。

なぜSDカードはデータを失うのか?

SDカードは、ユーザーまたはカードのエラーによってデータが失われることがあります。ユーザーエラーは、SDカードにデータを書き込む際に、途中でカードを取り出すなどの誤った操作を行った場合に発生することがあります。

SDカードにエラーがないか確認する方法を教えてください。

Windowsに搭載されているディスクチェックユーティリティを使用することができます。Windowsのファイルエクスプローラに移動し、SDカードドライブを右クリックして、そのプロパティを確認します。今すぐ確認」を選択して、SDカード上のエラーを追跡します。

SDカードはどのようにデータを保存するのですか?

SDカードは、NANDチップ(電子部品)を使ってデータを保存します。このNANDチップにより、SDカードのデータの読み書きができます。

なぜ私のSDカードは突然使えなくなったのですか?

ポートの接続が緩んでいる場合、SDカードが機能しなくなることがあります。この問題を解決するには、カードをデバイスに挿入し直します。また、携帯電話の電源を切り、SDカードを取り出して、しばらくしてから戻すこともできます。

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。