> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10で BIOSをアップデートする方法

Windows 10で BIOSをアップデートする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年04月14日に更新

概要:

お使いコンピュータを新しいハードウェアに更新したいとき、またはコンピュータがいくつかのBIOSエラーに関連するハードウェア問題を抱えているとき、ユーザーはBIOSをアップデートする要望を持っています。しかし、不適切なBIOSアップデートは、コンピュータの故障やデータの損失など、他の深刻な問題につながる可能性があります。データ損失を避けるために、この記事では、Windows 10/11でBIOSをアップデートする方法について説明します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

BIOSとは何ですか?コンピュータの起動順位を変更した場合は、この専門用語はおなじみだと思うかもしれません。BIOSはBasic Input Output Systemの略で、コンピューターのマザーボードに搭載されており、コンピューターの起動時にロードされる最初のソフトウェアです。

BIOS

BIOSをアップデートする必要がありますか?

ほとんどのユーザーにとって、BIOSを更新する必要はありません。なぜなら、BIOSアップデート後、何の変化も感じられません。また、不適切なアップデート作業は、他の新たな問題を引き起こす可能性があります。では、BIOSをいつアップデートする必要がありますか?基本的に、次の3つの状況のいずれかが発生した場合は、BIOSをアップデートする必要があります。

  • セキュリティアップデート

BIOSアップデートのほとんどは、セキュリティアップデートに関連しています。BIOSをアップデートすることで、セキュリティ違反を解消するだけでなく、プライバシーの漏洩を防ぐことができます。

  • バグ修正

マザーボード上のいくつかのバグは定期的に修正する必要があります。一部のCPUバグでは、マイクロコードの更新が必要になる場合があります。また、一部のチップセットのバグも更新が必要な場合があります。 

  • 機能の追加

マザーボードは、より高い周波数のDIMMをサポートするか、CPUのリフレッシュをサポートする必要があります。

BIOSをアップデートする方法

BIOSをアップデートする方法は主に2つあります。1つは、OSがBIOSから起動する前にアップデートされます。もう1つは、マザーボードの製造元が提供するBIOSフラッシュユーティリティを使用することです。最近では、マザーボードメーカーの継続的な努力の結果、BIOSの更新手順が大幅に簡素化されました。初心者の初心者でも簡単にできます。見てみましょう!

準備:

製造元のWebサイトで、BIOSのバージョンとマザーボードのモデルを確認してください。ダウンロードセンターに利用可能なBIOSアップデートがあることを確認してください。

ステップ1.BIOSアップデートファイルを空のUSBフラッシュドライブにダウンロードします。準備するUSB​​のファイルシステムはFAT32である必要があります。

関連記事:USBメモリをFAT32或いはNTFSへの変換

ステップ2.USBをコンピューターに接続します。コンピュータを再起動し、F2 / F10 / F12/DELを押してBIOSに入ります。

ステップ3.ここでBIOSページが表示されたら、BIOS更新オプションを選択します。マザーボードによって、BIOSオプションも異なります。ここでは、よく使われるマザーボードを例として取り上げます。

ASUS: [ツール]> [ASUS EZ Flash 3 Utility]を選択し、[Enter]ボタンを押します>[ストレージデバイス]から選択します>ダウンロードしたアップデートファイルを見つけます>もう一度Enterキーを押してアップデートを開始します。

GIGABYTE(ギガバイト):  Q-Flashを選択します。BIOSの更新オプションはQ-Flashです。[ドライブ] >[フラッシュディスク]から[ BIOSの更新]に移動し 、接続したUSBドライブを選択します。次に、画面上

BIOSをアップデートする方法

注意:更新プロセス中に、電源を切るか、リセットボタンを押してプロセスを中断しないでください。

BIOSをアップデートするのは安全?

正直に言うと、BIOSをそれほど頻繁にアップデータするのは良いことではありません。個人ユーザーによって、BIOSがアップデートされなくてもPCの通常の使用に影響を与えません。通常、更新ファイルがダウンロードされ、BIOSをアップデートする手順が正しく実行されていることを前提としてBIOSをアップデートするのは安全な作業です。

ただし、万が一に備えて、予防策を採用する必要もあります。BIOSをアップデートしたり、システムをアップグレードしたり、重要なファイルの安全なコピーを作成したりする場合でも、バックアップを作成することが常に最良の選択です。ここでのバックアップとは、ファイルのバックアップだけでなく、システムのバックアップも指します。

さて、システムをバックアップする良い方法はありませんか?もちろんありますよ。EaseUS Todo Backupという無料バックアップソフトを使って、システムデータを簡単にバックアップできます。

下のボタンからソフトウェアをダウンロードし、それを使用してシステムをバックアップおよび保護する方法を確認してください。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

1. EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックします。

1.EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「参照して復元」をクリックする

2. 作成したシステムイメージを選択して、「OK」をクリックして復元します。

2.復元したいファイルを参照して、「ok」をクリックする

3.復元先のハードディスクを選択します。ここでソースディスクと復元ディスクのパーティションスタイルが一緒であることを確認してください。

3.復元先のハードディスクを選択します。

4.必要に応じてディスクレイアウトをカスタマイズします。次に、「実行」をクリックして、システムのバックアップ復元を開始します。

4.システムのバックアップ復元を開始します

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。