> How to Use > バックアップと復元 > 「クイック・簡単」別のドライブにWindows11をインストールする方法

「クイック・簡単」別のドライブにWindows11をインストールする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年09月21日に更新

概要:

Windows 11への無償アップグレードが可能になりました。別のドライブにインストールしたいが、方法は知っていますか?この記事では、クイックで簡単なインストール方法を紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows11が無償アップグレードで提供されると知って、「新しいOSを早く試したい!」と思った方も多いのではないでしょうか?しかし、古いOSからWindows11に移行する過程では、ユーザーが気づかないリスクもあります。リスク回避のために、古いシステムイメージを作成することをお勧めします。別のドライブにWindows11をインストールできるように、このクイック・簡単なガイドをご利用ください。

windows11インストール

なぜWindows11を別のドライブにインストールしますか?

新しいWindows11のクリーンインストールは、以前のPCのハードディスクを完全に消去し、新しいデスクトップPCやノートPCに設定用の新しいWindows 11を適用するプロセスが必要です。その前に、別のドライブに Windows11をインストールする目的をお知らせします。

1. Windows 11と旧OSのデュアルブート
デュアルブートとは、1台のPCで2つのOSを同時に起動して使用することです。そのため、Windows 11と以前のOSを使用する場合、PCは起動後にどちらかを選択できるようになります。

2. 起動ドライブの変更
通常、PCの起動時には、PCの内蔵ハードディスクが自動的に読み込まれます。しかし、SSDやUSB、DVDなどの外部デバイスからPCを起動するためには、その起動順序を変更する必要があります。

Windows11を別のドライブにインストールする最も簡単な方法とは?

Windows 11を別のドライブにインストールする方法はいろいろあります。たとえば、Windows11のISOをダウンロードしてクリーンインストールする方法がありますが、この方法ではカスタム設定、ファイル、ドライバーやアプリケーションはありません。また、Windows11を別のドライブにクローンして、外付けハードディスクへのクローンも有効です(関連記事:Windows 11のシステムイメージバックアップをUSBドライブに作成する方法)。この方法はパソコンが起動しない場合の復元として使用できますが、唯一の欠点はプライマリハードディスクとして使用できないことです。

以下の2つの方法を詳しく見て、どちらが自分のニーズに合っているかを判断してみましょう。

方法1.Windows 11のインストール先を別のドライブに移行する

Windows OSの移行は難しいですが、幸いなことに、HDDであれSSDであれ、新しいハードディスクに迅速な手順で効率的に移行することが可能です。解決策としてソフトウェアでの専門的なソリューションが必要かもしれません。それは、EaseUS Todo Backupが欠かせません。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

まず、EaseUS Todo Backupこのソフトをダウンロードする必要があります。ダウンロード後、このソフトを起動して、Windows11のドライブから別のドライブへの移行を実行する必要があります。Windows 11の移行には、このソフトの「システムクローン」機能を使用します。

次に、以下の手順を実行します。

1.EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

「クローン」を選択する

2.ソースディスクを指定して、「次へ」をクリックします。

ソースディスクを指定する

3.クローン先を指定します。(クローン先がSSDだったら、「高度オプション」をクリックして、「SSDに最適化」にもチェックを入れてく必要がある)最後に、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスクをSSDに指定する

4.ここでディスク/パーティションのレイアウトの編集画面が表示されます。ここで「ディスクのレイアウトを編集します」をクリックすると、クローン先のレイアウトをクローンの前に調整することができます。レイアウトを調整すると、「実行」ボタンをクリックして、クローンのプロセスを開始します。

クローンときにディスクレイアウトを編集

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

方法2.起動可能なUSBからHDD/SSDにWindows11をインストールする方法

この方法は2つのプロセスが必要です。

  • Windows 11のISOをダウンロードする
  • インストールプロセスの設定

以下の詳細な手順で行うことができます。

ステップ1. まず、Windows 11のインストールメディアを開く必要があります。または、ダウンロードしたWindows 11のISOファイルからPCを起動することを選択することもできます。

ステップ2. 言語オプション以外の環境設定を選択し、「次へ」をクリックします。その後、「今すぐインストール 」オプションをクリックします。

windows11を今すぐダウンロード

ステップ3. 前の手順が終わるとすぐに、Windowsのアクティベーションを要求する通知がポップアップで表示されます。その後、必要なプロダクトキーを入力する必要があります。また、Windowsの再インストールを選択した場合は、「プロダクトキーを持っていません」というメッセージを選択することもできます。

ステップ4. その後、PCにインストールしたいWindows 11 OSを進めて、「次へ」をクリックする必要があります。

ステップ5. そして、「カスタム」>「Windowsのみインストール(詳細設定)」をクリックする必要があります。

Windowsのみインストール(詳細設定)

ステップ6. Windows 11を保存するSSDをクリックし、[次へ]をクリックします。プロセスが終了するまでに多少時間がかかる場合があります。

ステップ7. このステップでは、国、キーボードのレイアウト、およびその他の追加情報のようなくつかの情報を求められる場合があります。その後、アカウントを追加し、お好みに応じてプライバシー設定を選択する必要があります。この後、SSD上で新しいWindows 11の実行に進むことができます。

注意:Windows 11 のアクティブ化の時に何かトラブルが発生する場合は、Windows 11 OSをアクティブ化する方法を見てください。

まとめ

Windows11を別のドライブにインストールする方法についてのご質問を解決することができたと思います。このガイドで、以前のOSをあきらめずに、Windows11を同時に楽しむことができます。また、EaseUS Todo Backupという素晴らしいソフトウェアで、バックアップとシステム移行を簡単に行うことができます。その迅速で簡単な手順で、PCにクリーンインストールすることなくWindowsを移行し、必要なときにいつでも使用することができるようになります。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。