> How to Use > バックアップと復元 > Windowsバックアップの仕組みについて|3つのWindowsバックアップツールをご紹介

Windowsバックアップの仕組みについて|3つのWindowsバックアップツールをご紹介

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年01月07日に更新

概要:

Windowsに搭載されているバックアップツールはどのように機能しますか?Windowsシステムバージョン別のバックアップ方法がありますか?本記事では、 Windows 8/10のファイル履歴、Windows 7/10のバックアップと復元、 Windows 7/8/10向けの EaseUS Todo BackupというWindows向けのバックアップと復元プログラムを3つ紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

日常で、システムクラッシュ、ハードウェア障害、マルウェア攻撃、ハードディスクの損傷やファイルの破損などの原因で消えたデータを元に戻すのは思うより大変ですね。その時、大切なデータをバックアップしておけば、OSを再インストールしたり、データを失うことなくて、コンピュータを以前の状態から回復させることができます。

Windowsバックアップ方法とは

一般的に、Windowsのバックアップ方法は2つのカテゴリに分けることができます。一つ目はWindowsに搭載されているバックアップツールを使うことで、二つ目はサードパーティバックアップソフトを使用することです。どちらの方法もユーザーに必要なデータをバックアップするソリューションを提供するものですが、それぞれのソリューションもやや違います。

Windowsに搭載されているバックアッププログラムは、機能の制限があって、定期的にアップデートすることもできません。しかし、市販されているバックアップソフトは定期的に最適化またはアップグレードします。バックアップのパフォーマンスから言うと、サードパーティのバックアップソフトの方が優秀です。

  • Windowsバージョン別のバックアッププログラム
  • Windows 7:バックアップと復元 
  • Windows 8 :ファイル履歴
  • Windows 10:ファイル履歴 とバックアップと復元(Windows 7)

PCにサードパーティのバックアップソフトをダウンロードしたい場合、市販で人気のあるEaseUS Todo Backupというソフトをお勧めます。バックアップのパーフォマンスが高くて、豊富なバックアップ機能が備えています。UIデザインもシンプルで、バックアップを簡単に行えます。

Windows バックアップの仕組み

バックアップ方法のどちらを選択するにしても、最初にすべきことは、バックアップ タスクを設定することです。まず完全バックアップを作成します。後からPCで実行されるバックアップタスクは、前回の完全バックアップに基づいてに行われます。Windowsに搭載されているバックアップ機能にはバックアップオプションが制限あります、一方、EaseUSの無料バックアップソフトは、ユーザーに豊富なバックアップオプションを提供しまう。その機能の違さは以下の表でまとめています。

バックアップの構成

ファイル履歴&バックアップと復元

EaseUSTodoBackup
ハードディスク、パーティション ファイル履歴×
バックアップと復元 √
OS ファイル履歴×
バックアップと復元 √
ファイル/フォルダ ファイル履歴√
バックアップと復元 √

outlook、Exchangeメール

ファイル履歴×
バックアップと復元 ×

フリ版:×

家庭版:√

クラウドバックアップ ファイル履歴×
バックアップと復元 ×
バックアップイメージの圧縮
 
ファイル履歴 ×
バックアップと復元 ×
バックアップイメージの暗号化 ファイル履歴×
バックアップと復元 ×
バックアップの自動化 ファイル履歴×
バックアップと復元×

ファイル履歴を使ってファイルやフォルダーをバックアップする方法

Windowsの 「ファイル履歴」は、Windows 10 向けのバックアップ機能です。保存されたゲーム、ダウンロード、お気に入り、画像、ドキュメントなどのファイルやフォルダのバックアップを作成するためのものです。コンピュータのハードディスクにさらにフォルダを追加したり、不要と思われるフォルダを削除したりすることができます。例えば、OneDriveのフォルダは自動的にクラウドドライブに同期されるため、バックアップはお勧めしません。

ファイル履歴を機能させるためには

  • 外付けHDD、USBまたはSDカードを使用してバックアップを保存する
  • 他の追加バックアップ方法を使ってシステムバックアップイメージを作成する

操作手順

ステップ1.スタートボタンを右クリック>設定更新とセキュリティバックアップ>「ドライブの追加」をクリックして、ターゲットのドライブを選択します。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順1

ステップ2.次は、「ファイルのバックアップを自動的に実行」をオンにします。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順2

ステップ3.「バックアップオプション」画面が表示されます。画面の最後に移動します。「ファイルのバックアップを実行」で実行する時間を設定することができます。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順3

ステップ4.バックアップ対象のフォルダーで「フォルダーの追加」をクリックして、バックアップしたいフォルダーを追加することできます。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順4

ステップ5.また、バックアップしたくないファイルを設定するなら、下の「除外するフォルダー」でフォルダを追加します。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順5

ステップ6.全ての設定が完了すると、「今すぐバックアップ」をクリックします。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順5

ステップ7.別のバックアップドライブに変更したい場合は、まず現在のバックアップドライブの使用を停止する必要があります。「ドライブの使用を停止]を選択すると、ファイルをバックアップするための別のドライブを選択できるようになります。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順7

「Windows 10/8/7向け」EaseUS Todo Backupを使ってバックアップする

上記で紹介している方法を見て、面倒だと思うユーザーがいるはずです。次は、簡単なバックアップ方法を紹介します。それは、バックアップソフトーEaseUS Todo Backupを使うことです。さらに、上記の比較表のまとめるように、サードパーティの無料バックアップソフトはより多くのバックアップジョブを実行でき、バックアップファイルをスマートにカスタマイズすることができます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

その他の機能

  • フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップを作成できる
  • スマートバックアップをサポートする
  • 蓄積されたバックアップイメージを最小限のサイズに圧縮する
  • パスワードによるバックアップイメージの暗号化
  • Google Drive、Dropbox、OneDriveなどのクラウドドライブにバックアップを保存することが可能
  • 外付けハードディスクやUSBメモリーを接続すると、自動的にファイルをバックアップ

操作手順

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

【Windows 7/10 向け】「バックアップと復元」 を使うことでPCデータをバックアップ

ファイル履歴と比べると、旧来の「バックアップと復元」というプログラムを使うことで、オペレーティングシステムとファイル/フォルダのバックアップを作成する際に、より多くの作業を行うことができます。バックアップ対象フォルダを設定した場合は、作成したバックアップファイルから対象のファイルやフォルダを復元できます。バックアップ対象のフォルダ-を設定しないと、この機能を有効にしてもWindowsのデフォルトファイルをしかバックアップできません。

Windows 7 とWindows 10 をバックアップと復元するには:

  • PC の任意アイテムのバックアップを作成:ドライブ、特定ファイルやフォルダ、OSなど
  • バックアップするイメージをローカルディスクまたは外付けHDD、ネットワークドライブに保存する

操作手順

ステップ1.Windows10で検索欄に「コントロールパネル」と入力して開きます。「バックアップと復元(Windows 7)」をクリックします。

「バックアップと復元」 を使うことでPCデータをバックアップする手順1

ステップ2.初めてパソコンでバックアップファイルを設定する場合は、まず「バックアップの設定」をクリックしてください。

「バックアップと復元」 を使うことでPCデータをバックアップする手順2

ステップ3.次の画面で バックアップファイルの保存先を選択します。Windowsはデータ安全のために、バックアップを外付けHDDに保存するのを推奨します。可能であれば「ネットワークに保存」することも良いです。そのバックアップ保存先を設定すると、「次へ」をクリックします。

「バックアップと復元」 を使うことでPCデータをバックアップする手順3

ステップ4.次は、バックアップの対象を設定します。「自動選択」「自分で選択する」という2つのオプションがあります。

「バックアップと復元」 を使うことでPCデータをバックアップする手順4

[次のドライブのシステムイメージを含める :仕事]のチェック入れます。

「バックアップと復元」 を使うことでPCデータをバックアップする手順5

ステップ5. 次に、バックアップタスクを確認し、バックアッププロセスの実行方法を選択することができます。スケジュールバックアップを設定するには、「スケジュールの変更」リンクを使用します。スケジュールの変更 では、バックアップを実行する頻度、曜日、時間を設定することができます。効率的なバックアップタスクのために、推奨されるスケジュールを採用するのが合理的です。

ステップ6. すべての設定が完了すると、バックアップの進行状況が表示され、次回のバックアップ、前回のバックアップ、内容、スケジュールなど、バックアップ状況の詳細情報が下に表示されます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。