> How to Use > バックアップと復元 > 対処法:Windows 7「このWindowsのコピーは正規品ではありません」

対処法:Windows 7「このWindowsのコピーは正規品ではありません」

Tioka | カテゴリ: バックアップと復元 | 2020年10月20日に更新

概要:

Windows 7で「このWindowsのコピーは正規品ではありません。」と表示された場合、どうすればいいのでしょうか。この記事では、いくつかの対処法を皆さんにご紹介するので、ぜひこのエラー解消のために役立ててください。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ
 

「このWindowsのコピーは正規品ではありません」エラーについて

正規品ではありません表示

Windows 7 ビルド 7601へ更新した後、コンピュータの画面がよく真っ白になったり、デスクトップにあるアイコンが消えたりしています。それと同時に、「このWindowsのコピーは正規品ではありません」というホップアップも出てきます。どうすればこのエラーを解決できますか。

Windows 7「この Windows のコピーは正規品ではありません」と表示される主な原因

考えられるものとしては、以下のような理由があります。 

(1)なんらかの要因で、ライセンス認証の関連データが破損してしまった場合
(2)アップグレード版Windowsのインストールメディアで、Windowsを新規インストールした場合
(3)ハードディスク(システムドライブ)を交換した場合
(4)セキュリティソフトの設定などでライセンス認証関連データにアクセスできない場合
(5)ウイルスなどのマルウェアに感染している場合 

※もしも、Windows 7 ビルド 7601(KB971033)へ更新した場合、および、エラーメッセージ「Windowsが正規品ではありません」がよく表示される場合は、

TIP:サードパーティーのオンラインストアからWindowsを購入してはいけません。

「この Windows のコピーは正規品ではありません」エラー、若しくは「Windowsブラックスクリーン」の対処法を皆さんに紹介します。32ビットと64ビットのWindowsにもこれらの対処法が使えると思います。

対処法:Windows 7「この Windows のコピーは正規品ではありません」

下記で4つの対処法を紹介するので、試してみてください。※より安全的にWindowsを使うためには、公式ページで正規品を購入してアクティベートする事をおススメします

対処法1.アップデートをアンインストール

Windowsをkb971033へ更新する前は何の問題もなく使ってきたのに、急に「この Windows のコピーは正規品ではありません」というエラーメッセージが表示されますか?その原因は、Windows 7 KB971033のアップデートファイルがWindowsを認識できないからです。それゆえ、アップデートをアンインストールすればこのエラーを解決できるはずです。

  • コントロールパネルを開く。
  • Windows updateセクションを選択する。
  • 更新の履歴を確認する。
  • インストール済みのアップデートがすべて表示されると、KB971033を選択してアンインストールする。
  • PCを再起動する。

:この方法には少しリスクがあります。インストール済みのアップデートをアンインストールすることによって、予期せずプログラムファイルへの損害が生まれたり、不意にデータを紛失したりする可能性があります。従って、アンインストールする前に、無料なバックアップソフトを使ってコンピュータを全体的にバックアップしたほうがいいでしょう。

無料ダウンロードWindows向け
システム/ディスククローン 自動バックアップ

EaseUS Todo Backup Freeのメインウィンドウ

対処法2.SLMGR -REARMコマンドを使う

  • スタートメニューをクリック、検索ボックスで「cmd」を検索します。
  • Cmd項目を右クリックし、管理者として実行します。
  • SLMGR -REARM(SLMGRは、Windowsのライセンス管理ツールで、REARM指令はライセンスをリセットすることが可能です。)を入力してエンターキーを押します。
  • 小さいWindowsが表示されますが、OKをクリックします。
  • PCを再起動する。

対処法3.rsop.msc指令を使う

  • WindowsボタンとRボタンを同時に押します。
  • rsop.mscを入力し、エンターキーを押します。
  • Windowsの設定 > セキュリティの設定 > システムサービスに入り、plug and the playサービスを右クリックして、プロパティでサービスのスタートアップモードを自動にします。
  • WindowsボタンとRボタンを同時に押します。
  • ボックスでgpupdate/forceを入力します。
  • エンターキーを押します。
  • PCを再起動します。

対処法4.自動更新をオフにする

前述のように、Windowsを最新のバージョンへ更新してしまうと、更新ファイルがwindowsを認識できなくなるかもしれませんので、アップデート機能をオフにすれば自動的に更新することを避けられます。

  • コントロールパネルを開く。
  • システムとセキュリティを選択する。
  • Windows Update」欄の「自動更新の有効化または無効化」をクリックする。
  • 重用な更新プログラムボックスから更新プログラムを確認しない(推奨されません)と設定してください。

:ユーザアカウント制御が表示された場合、「はい」を選択してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。