> How to Use > バックアップと復元 > 同じパソコンでシステムHDDを交換する方法

同じパソコンでシステムHDDを交換する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月16日に更新

概要:

パソコンの動作が遅くなった場合に、システムのパフォーマンスを向上させるため、システムHDDを交換する必要があります。OSや使用頻度の高いアプリケーションの再インストール、または大量のデータのコピーが面倒だな…なんて場合に、バックアップソフトを使って、システムHDDを丸ごと新しいHDD/SSDにクローンすることができます。この記事では、同じパソコンでシステムHDDを交換する2つの簡単な方法をご紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

はじめに

一般的には、HDD使用寿命は4年と言われます。その劣化したHDDを長く使用すると、起動速度が落ちたり、動作が不安定になったり、データが消失したりします。そして、パソコンのデータ保護やシステムのパフォーマンスを向上させるため、システムHDDを交換する必要があります。また、OSや使用頻度の高いアプリケーションの再インストール、または大量のデータのコピーが面倒だな……なんて場合に、バックアップソフトを使って、システムHDDを新しいHDD/SSDに丸ごとクローンすることができます。この記事では、同じパソコンでシステムHDDを交換する2つの簡単な方法をご紹介します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

HDD入れ替えの準備

1.新しいHDD:自動のパソコンに合う型番HDDやHDDケースを用意します。

2.信頼の高いクローンソフト:長く使った古いHDDのデータを丸ごとに新しいHDDに入れ替える場合は、サードパーティのクローンソフトは不可欠です。長

3.リカバリソフト:一般的には、信頼の高いクローンソフトを使って、同じパソコンでハードディスクを交換する場合、データ損失がほぼ発生しません。でも、万が一のときにデータを復元するために、データリカバリソフトを用意しておくと、安心です。

システムハードディスクを交換する2つの方法

下記は、「EaseUS Todo Backup」という使いやすいバックアップ・クローンソフトを使って、システムHDDを交換する手順をご紹介します。この高機能のバックアップソフトは最大16TBのHDD/SSDに対応し、ディスククローン、HDD/システムのバックアップと復元機能を提供するほか、ファイルやOutlook Eメールなどの完全、増分、差分、自動バックアップなどの機能をも備えています。下記で、詳しい操作方法を解説します。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

方法1:「ディスククローン」でシステムHDDをクローンする

「ディスククローン」は、HDDをより大きいorより小さいHDD/SSDにクローンすることができます。しかし、ターゲットディスクの容量はソースディスクの使用済み容量より大きくなくてはなりません。

操作手順

ステップ1:EaseUS Todo Backupを実行して、右上にある「ツール」をクリックして「クローン」を選択します。

システムハードディスクをクローンする手順1

ステップ2:クローンしたいHDD(ソースディスク)を指定して、「次へ」をクリックします。

システムハードディスクをクローンする手順2

ステップ3:クローン先を選択します。クローン先はSSDの場合は、左隅にある「高度なオプション」をクリックして、「SSDの最適化」を選択します。HDDの場合でしら、このステップをスキップして、「続ける」をクリックして完成です。

システムハードディスクをクローンする手順3

クローン後、HDDが正常に起動できることを確保するために、古いHDDと新しいHDD両方をSATAやIDEで内蔵HDDとしてパソコンに接続してから、クローンを実行してください。「ディスククローン」を実行する詳しい手順はこちらへください。クローンが完了した後、ソースディスクをパソコンから取り外して、クローン先のディスクからシステムを起動してください。

方法2:ディスク/パーティションのバックアップと復元

ノートパソコンに2つのHDDを同時に内蔵させることができない、または別の原因でクローンを実行できない時、ソースディスクディスク全体をバックアップしてから、バックアップのイメージファイルをターゲットディスクに復元することができます。下記はその手順を解説します。

1.「ディスク/パーティションバックアップ」でソースディスクのバックアップイメージを作成する

「ディスク/パーティションバックアップ」

2.「EaseUS Todo Bakcup」で起動ディスクを作成する

3.ディスクを交換して、起動ディスクからパソコン起動します。そして、ディスクバックアップのイメージファイルをターゲットディスクにリストアします。

イメージファイルをターゲットディスクにリストアする

4.イメージファイルが復元されたHDDからパソコンを起動します。

まとめ

HDDの入れ替えのとき、OSやアプリケーションを再インストールしたくない場合は、本記事で紹介している方法を参考にすれば、役にたちます。また、記事内で紹介しているクローンツールーEaseUS Todo Backupはクローンだけではく、その他のデータも自動バックアップすることが可能です。しかも、バックアップファイルのサイズも小さくて、パソコンへの負担を最大限に抑えられます。

無料ダウンロードWindows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。