> How to Use > バックアップと復元 > 2022ガイド:なぜバックアップ戦略は必要?

2022ガイド:なぜバックアップ戦略は必要?

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年02月10日に更新

概要:

サイバーリスクに備えて、適切なバックアップ戦略を立てることをお勧めします。この記事では、バックアップの必要性とその作成する方法を詳しく説明しています。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

バックアップは、元のデータが失われたり破損したりした場合に復元できるデータのコピーです。バックアップを使用して、システムから消去された古いデータのコピーを復元することもできます。個人やビジネスユーザーにとっも、バックアップ戦略を立てる必要があります。この記事を読んで、バックアップとその作成方法を学びましょう。

バックアップ戦略の重要性

データバックアップは、ビジネス用の機密文書であれ、大切な写真であれ、重要なデータを安全に保存することを目指しています。そのため、失われたデータを簡単に復元できます。

データバックアップはディザスタリカバリの基盤と言えるのでしょう。デバイスでバックアップを作成したかぎり、サイバーリスクなどによるデータ損失から避けられます。

ただし、サイバーリスクだけではありません。外付けハードドライブまたはコンピューターに障害が発生し、ファイルと情報が失われる可能性もあります。どんなハードウェアでも故障する可能性があります。したがって、バックアップしたデータを新しいデバイスに復元することもあります。

バックアップする前に、考えるべきこと

バックアップ戦略を立てる前に、まず次の質問を考えてください。

何をバックアップする?

すべての交換できないものはバックアップする必要があります。自分で重要なファイルを決定しなければなりません。例えば:

  • 写真/ビデオ
  • 音楽などのファイル
  • メール/ドキュメント
  • スプレッドシート
  • 財務情報のデータベース

企業向けのデータバックアップはもっと複雑なことになります。例えば、顧客データベース、構成ファイル、マシンイメージ、レジストリファイル、およびOSバックアップを作成する必要があります。IT部門に定期的なバックアップを管理させたり、タスクを自分でしさせたりすることができます。

どこへバックアップする? 

  • クラウドストレージは、その利便性とメンテナンス要件の軽減により、かなり人気を集めていますが、欠点もあります。たとえば、データ復旧能力は、通信速度に大きく左右されます。
  • 速い回復速度を求めるなら、オンプレミスストレージは最高の選択です。ただし、メンテナンスする必要があり、バックアップを正確な場所に保存しなければなりません。ハードウェアがどこか破損した場合、損失が生じるかもしれません。

バックアップを行う頻度は?

データの生成が速い企業にとっては、毎日のバックアップでは不十分な場合があり、1時間ごとのバックアップが必要かもしれません。そうでない企業にとっては、週に1回のバックアップで十分です。

個人ユーザーとして、データを毎日または毎週バックアップすればいいでしょう。必要に応じて、自分で決めばいいのです。

バックアップ戦略を立てた後:

バックアップファイルの破損は、データバックアップ戦略の一般的な予期しない障害です。バックアップ計画が実行可能であることを確認するには、継続的なテストが必要です。そうしないと、バックアップが破損していないことも保証できません。

データの価値によって、バックアップをテストする頻度が決まります。バックアップ戦略を確認し、定期的にデータを復元することをお勧めします。

EaseUS Todo Backupでスケジュールバックアップを作成

EaseUS Todo Backupは、システムディスク、ファイル/フォルダ、ハードドライブ全体をバックアップできる無料プログラムです。EaseUS Todo Backupをダウンロードして、ファイルのバックアップがいかに簡単かを確認してみましょう。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

EaseUS Todo Backupの詳細な機能は次のとおりです。

対応するOS:

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、およびWindows XP。

バックアップ対象:

  • システム全体
  • ファイルとフォルダ
  • パーティションとディスク

バックアップオプション:

  • PC全体、ハードディスク、または特定のフォルダーやファイルをバックアップします。
  • システムバックアップは、Windows OSとユーザー設定のバックアップファイルを作成します。これにより、ハードウェア障害からシステムの復元は可能です。OSをポータブルディスクに保存することで、別のコンピュータで使用することもできます。
  • ファイルバックアップは、特定のドキュメント、画像、音楽、ビデオ、オーディオ、フォルダ、およびネットワーク共有アイテムをバックアップします。
  • パーティションクローンは、ディスクの損傷や削除によるデータの損失を防ぎ、パーティション/ボリュームのレプリカをすばやく作成できます。
  • Dropbox、OneDrive、Googleドライブなどのクラウドに、バックアップファイルを保存し、ローカルディスクのスペースを節約できます。

スケジュールバックアップ:

  • 一度だけのバックアップ
  • 毎日バックアップ
  • 毎週バックアップ
  • 毎月バックアップ
  • イベント時のバックアップ:システム起動時に増分バックアップを実行します。

まとめ

データのバックアップは、仕事と同じくらい大切です。強力なバックアップ戦略を立て、すべてのビジネス/個人データを保護できます。

念のため、ファイルとデータベースだけでなく、OS、構成、およびプログラムもバックアップする必要があります。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。