> How to Use > バックアップと復元 > 2022年の中小企業向けのバックアップソリューション

2022年の中小企業向けのバックアップソリューション

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年03月24日に更新

概要:

この記事では、中小企業向けの最適なバックアップソリューションを提供しています。

 

現在、もう既にデジタル世界に入ります。データは新しい種類の通貨であり、人々のビジネスのやり方を変えつつあります。最近、「データは新しい石油である」という言葉は話題になります。つまり、データは貴重な資源であると述べています。

どの企業も、データのバックアップが重要であることを認識しています。データバックアップは、会社の情報を被害から守るための手法です。これらの脅威は、火災、洪水、ハリケーン、物理的なものからデジタルなもの(ハッキング、従業員のミス、技術的な障害)まで、多岐にわたります。では、業務のデータをバックアップするのは注意すべきところがありますか?

ビジスネデータをバックアップするための重要点

大量なデータをバックアップするには、バックアップ対象、頻度、バックアップと復元の処理速度という3つの要素を考える必要があります。

  • バックアップ対象: どのデータをバックアップする必要がありますか?
  • 頻度: データのバックアップ頻度—毎時、毎日、毎週
  • バックアップと復元の処理速度: 問題や緊急事態が発生した場合に、データをどのくらいの速さで回復する必要がありますか?

データをバックアップするには、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドなど、いくつかの種類があります。それぞれに長所と短所があります。どれを使うのが良いのでしょうか?これはシステムの種類(デスクトップまたはサーバー)の次第です。

3種類のデータバックアップ

1.ハードウェアのバックアップ

誰もがハードウェアバックアップを知っています。これらは、USBデバイス、ディスク、テープなどのデバイスです。

長所:安価で、インストールが簡単
短所:デバイスが破損する可能性がある

関連記事:パソコンのデータを外付けHDDに自動的にバックアップする方法

2.ソフトウェアのバックアップ

専門なバックアップソフトを利用して、企業のデータをきちんとバックアップできます。ここでは、EaseUS社から開発していたバックアップと復元ソフトーEaseUSTodoBackupをご紹介します。このソフトを使って、ハードディスク、メモリカード、USB、ペンドライブ、デジタルカメラなどのデバイスからデータをバックアップまたは回復することができます。デスクトップレベルまたはサーバーでデータを維持する中小企業で適用できます。企業に安全かつ効率のデータバックアップソリューションを提供します。また、このソフトは直感的なUIがデザインをもって、初心者にも簡単に操作できます。

メリット:柔軟なバックアップソリューションを提供する
デメリット:すべてのシステムにインストールが必要がある

3.クラウドにバックアップ

最近、クラウドを使用する企業が増えて続けます。コンピューターのストレージの容量を使用する代わりに、ファイルはデータセンターに接続された仮想サーバーに配置されます。ただし、企業の設備の設定によって、バックアップのニーズが異なります。そして、企業向けのバックアップソフトを購入する希望があれば、サポートセンターに連絡して、バックアッププランをカスタマイズすることができます。

EaseUS会社は製品に対して、定期的に監査、テスト、更新、および最適化するというメンテナンスサービスを提供しています。これには、過去のインシデントデータを分析して問題を事前に特定し、コストがかかる前にIT環境を改善するための変更を提案できるようにすることが含まれます。

最近のいくつかのイベントデータによると、手動でオフサイトのバックアップソリューションの信頼性が大幅に向上していることが示されています。

  • テープを交換する、
  • USBドライブのローテーション
  • 放置されがちなバックアップドライブを毎週オフサイトに持ち出し、対策を講じる。

オフサイトバックアップを自動化した後は、顧客の世話とビジネスの構築にのみ焦点を当てます。

クラウドのバックアップと復元がどのようにコストを削減できるかを検討する前に、クラウドにバックアップするメリットを明らかにしたいです。

  • クラウドは、ローカルのバックアップメディアの単純な代替として機能できる
  • 高度に自動化されたクラウドベースのサービスを使用して、万が一の時に、データを即時に復元できる

クラウドベースのバックアップと復元は、コスパ抜群です。理由は以下の通りです。

  • 設備のコストが低い:クラウドの支出はOpExであり、CapExではありません。大量のストレージを購入するための大きな初期費用はありません。
  • セカンダリサイトのコストの削減:ストレージと、場合によってはVMがクラウド内にあるため、セカンダリの物理的な場所を維持するための費用が削減されます。
  • ダウンタイムの低コスト:DRaaSの高レベルの自動化により、回復時間を短縮できます。
  • 人手不足:クラウドベースのバックアップは非常に高度に自動化されており、手動による介入が少なくて済み、従業員は他のタスクに取り組むことができます。

EaseUSの企業版を購入する希望があれば、[email protected]までお問い合わせください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。