> How to Use > バックアップと復元 > [完全ガイド]ファイルをバックアップする方法

[完全ガイド]ファイルをバックアップする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: バックアップと復元 | 2022年01月13日に更新

概要:

このページでは、Windows 10/8/7でファイルをバックアップする方法をいくつか紹介します。コンピューター上のファイルをバックアップするための完全なガイドをお探しですか?ここで適切な方法を1つ選択し、それに従ってコンピュータファイルを保護してください。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ
 

Windows 10/8/7でコンピューター上のファイルをバックアップする方法を知っていますか?そして、ファイルをバックアップするための最良の方法は何ですか?このページでは、どうバックアップするか、どのように選ぶか、この2つの問題への対策を提供します。

それでは、始めましょう。

ファイルをバックアップする場所-バックアップ先を選択

まず、コンピュータからファイルをバックアップする宛先を選択します。バックアップ先によって、ファイルをバックアップする方法も異なるからです。

では、バックアップ先を選択しましょう。

#1.ローカルドライブに

#2.外付けハードドライブに

#3.クラウドドライブに

#1.ローカルドライブにファイルをバックアップする方法

ファイルをバックアップするには、Microsoftのファイル履歴を適用するのが最も簡単な方法です。チュートリアルガイドに従って、今すぐファイルをバックアップしてください。

方法:ファイル履歴でローカルドライブにファイルをバックアップ

Step 1.スタートボタンを右クリックし、「設定」>「更新とセキュリティ」>「バックアップ」>「ドライブの追加」をクリックして、ターゲットのドライブを選択します。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順1

Step 2.次は、「ファイルのバックアップを自動的に実行」をオンにします。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順2

Step 3.「バックアップオプション」画面が表示されます。画面の最後に移動します。「ファイルのバックアップを実行」で実行する時間を設定することができます。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順3

Step 4.バックアップ対象のフォルダーで「フォルダーの追加」をクリックして、バックアップしたいフォルダーを追加することできます。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順4

Step 5.また、バックアップしたくないファイルを設定するなら、下の「除外するフォルダー」でフォルダを追加します。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順5

Step 6.全ての設定が完了すると、「今すぐバックアップ」をクリックします。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順5

Step 7.別のバックアップドライブに変更したい場合は、まず現在のバックアップドライブの使用を停止する必要があります。「ドライブの使用を停止]を選択すると、ファイルをバックアップするための別のドライブを選択できるようになります。

Windowsのファイル履歴を使ってwindows10をバックアップする手順7

#2.外付けハードドライブにファイルをバックアップする方法

ここでは、ファイルをドライブにバックアップする2つの方法を説明します。

ファイル履歴

手動コピー&ペースト

長所:

  • 無料。
  • ファイルを自動的にバックアップします。

短所:

  • 外付けハードドライブは常にPCに接続する必要があります。
  • Windows 7/XP/Vistaでは使用できません。

長所:

  • 無料。

短所:

  • 大容量を占めます。
  • ファイルが大きすぎると、バックアッププロセスに時間がかかる場合があります。

どちらが最善の方法ですか?ファイルを外付けハードドライブにバックアップするための安全で効率的な方法を探している初心者には、ファイル履歴をお勧めします。

以下に従って、ファイルのバックアップを始めましょう。

方法1.ファイル履歴で外付けハードドライブにファイルをバックアップ

ファイル履歴を使用してコンピューターの外付けハードドライブにファイルをバックアップするには、外付けハードドライブを常にPCに接続しておく必要があることに注意してください。

Step 1.Windowsのスタートボタンを右クリックし、「設定」>「更新とセキュリティ」>「バックアップ」>「ドライブの追加」をクリックしします。

Step 2.外付けハードドライブを選択して、「OK」ボタンをクリックします。

ファイル履歴でファイルを自動バックアップするステップ3

Step 3.左のメニューで「詳細設定」をクリックします。それから、ファイルのコピーを保存する頻度のところで、ファイルを外付けハードドライブにバックアップする頻度を設定します。「変更の保存」をクリックします。

自動バックアップの頻度を設定する

Step 4.バックアップを開始します。

方法2.手動コピー&ペーストで外付けハードドライブにファイルをバックアップ

Step 1.外付けハードドライブをコンピュータに接続します。

Step 2.「PC」をダブルクリックし、外付けハードドライブを開いて、「バックアップ」というフォルダーを作成します。

Step 3.フォルダまたはハードドライブボリュームを開いて、バックアップするファイルとフォルダをコピーし、それらをすべて外付けハードドライブに貼り付けます。

バックアップするファイルが多すぎると、プロセスに時間がかかるかもしれません。

#3.ファイルをクラウドドライブにバックアップする方法

クラウドストレージを使用すると、いつでもバックアップを共有して利用できるため、多くの人はファイルのバックアップをクラウドに保存します。そして、ここでは、2つの方法を説明します。

ファイルバックアップソフトウェア

クラウドドライブ

長所: 安全で使いやすく、すべてのコンピューターファイルをクラウドにバックアップします。

短所: 無料ではありません

長所: ファイルをクラウドに同期し、使いやすい

短所: 一部のデスクトップファイルとユーザーフォルダーのみをクラウドにバックアップできます。

どちらが良いですか?コンピューターをクラウドにバックアップするための完全なソリューションとして、ファイルバックアップソフトウェア-EaseUS Todo Backupをお勧めします。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

方法1.バックアップソフトウェアでファイルをクラウドドライブにバックアップ

初めてEaseUS Todo Backupを使用してファイルをバックアップする場合は、まず、ホーム画面で「バックアップの作成」をクリックする必要があります。

ステップ1. 「バックアップ内容を選択」ボタンをクリックし、バックアップを開始します。

データバックアップ手順1

ステップ2. 「ファイル」「ディスク」「OS」「メール」の4つのデータバックアップオプションがありますので、「ファイル」をクリックします。

データバックアップ手順2

ステップ3. ローカルファイルとネットワークファイルが左側に表示されます。ディレクトリを展開すると、バックアップするファイルを選択することができます。

データバックアップ手順3

ステップ4. 画面上のガイドに従って、バックアップを保存する先を選択します。

データバックアップ手順4

「オプション」をクリックして、「バックアップオプション」でパスワードの設定、バックアップスケジュールの設定し、特定のイベント時にバックアップを開始する時間の設定など多くのオプションがあり、必要に応じてバックアップタスクをカスタマイズすることができます。

ステップ5. バックアップはローカルドライブ、EaseUSのクラウドサービス、NASに保存することができます。

データバックアップ手順5

ステップ6. EaseUS Todo Backupは、サードパーティのクラウドドライブと独自のクラウドドライブの両方にデータをバックアップすることができます。

データバックアップ手順6

クラウドドライブにデータをバックアップしたい場合、ローカルドライブを選択し、スクロールダウンしてクラウドデバイスを追加し、アカウントを追加してログインします。

また、EaseUS独自のクラウドドライブを選択することもできます。EaseUS クラウドをクリックし、EaseUSアカウントでサインアップし、ログインします。

ステップ7. 「今すぐバックアップ」をクリックし、バックアップを開始します。バックアップタスクが完了すると、パネルの左側にカードの形で表示されます。バックアップタスクを右クリックして、さらに管理します。

データバックアップ手順7
 

方法2.クラウドドライブでファイルをバックアップ

OneDriveの使い方:

Step 1.PCのOneDriveアイコンをクリックし、「ヘルプと設定」>「設定」を選択します。

OneDriveにバックアップする手順1

Step 2.「バックアップ」タブで、「バックアップを管理」をクリックします。

OneDriveにバックアップするステップ2

Step 3.「フォルダーのバックアップ」ウィンドウで、OneDriveにバックアップするフォルダーを選択します。そして、「バックアップの開始」をクリックします。

OneDriveにバックアップするステップ3

Googleドライブの使い方:

Step 1.Googleドライブの公式サイトからソフトをダウンロードします。

Googleドライブのバックアップステップ1

Step 2.Googleドライブをインストールします。インストールすると、Googleドライブが自動的に立ち上げます。

Googleドライブのバックアップステップ2

Step 3.「ブラウザでログイン」ボタンをクリックして、自分のGoogleのアカウントにログインします。

Googleドライブのバックアップステップ3

Step 4.ブラウザでアカウントを成功にログインすると、タスクバーの小さなアイコンをクリックして、「設定」を選択します。

Googleドライブアイコンをクリック → Googleドライブのバックアップステップ4

Step 5.ここで設定の画面が表示されます。「マイ ノートパソコン」タブを選択して、「フォルダーを追加」ボタンをクリックします。

Googleドライブのバックアップステップ5

Step 6.ここでバックアップしたいフォルダーを選択します。フォルダーを選択すると、「Googleドライブに同期する」をチェックして、「完了」ボタンをクリックします。

Googleドライブのバックアップステップ6

Step 7.最後に、バックアップの設定を保存するには、「保存」ボタンをクリックします。

Googleドライブのバックアップステップ7

Dropboxの使い方:

Step 1.Dropboxをダウンロードしてインストールします。

Step 2.Dropboxを起動し、ログインして、準備しておきます。

Step 3.「フォルダーを追加」をクリックしてバックアップするフォルダーとファイルを選択し、「保存」をクリックして確認します。

デスクトップ、ドキュメント、ダウンロードフォルダがデフォルトで選択されています。

Dropboxにバックアップステップ3

Step 4.「設定」をクリックして、コンピューターからDropboxへのファイルのバックアップを開始します。

Dropboxにバックアップステップ4

最良の方法:ファイルバックアップソフトウェア+外部ディスク

このページでは、コンピューター上のファイルをバックアップするためのさまざまなソリューションを提供しました。コンピュータドライブ上のファイルをバックアップしたり、バックアップファイルを外付けハードドライブやクラウドドライブに保存したりすることができます。

では、ファイルをバックアップする最良の方法は何ですか?私の選択は次のとおりです。

  • ファイルバックアップソフトウェアをバックアップツールとして選択します。
  • 外付けハードドライブをバックアップ先として選択します。

これにより、ディスクのストレージスペースをあまり占有せずに、すべてのコンピュータファイルを一度に外付けハードドライブにバックアップできます。

無料体験Windows向け
クローンのアイコン システム/ディスククローン 自動バックアップのアイコン 自動バックアップ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

EaseUS Todo Backup

PC中のデータのセキュリティのため、完全・自動的にバックアップを実行できるバックアップソフトでもあり、ハードディスク・OSを完璧にクローニングできる高度なクローンソフトでもあります。